こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

初歩的な英文会計についての質問!

英文会計の問題集を解いていて、以下のような問題がでてきました。

1.The company purchases a machine for$5,000, paying $3,000 down and agreeing to pay $2,000 later.

2.The company collects$3,000 of the $4,000 receivable for services performed. It expects to collect the remaining $1,000.

1,では A=  L+     C
 +5000 +2000 
 -3000
 と考え、アカウントペイヤブルで2000ドル払うことを想定して 仕訳をきりますが、

2、では、A=     L+C
    +3000
    -3000
と考え、残りの$1000について、特に仕訳をきりません。


私はどうも、1では$2000後で払うといって、仕訳に表されるのに、
2でも$1000後で集めるといっておきながら仕訳に出てこない理由がはっきりしません。

どう考えたら良いでしょうか。
どなたが教えてください。

投稿日時 - 2012-11-06 22:26:23

QNo.7785233

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1.の場合は、機械を掛で購入したのですから当然仕訳が発生します。

2.の取引は、先に売上発生時に$4,000の売掛金が計上されていて、今回その内の$3,000が回収されたということですね。

残額$1,000については後日回収するということですが、先に売掛金に計上された$4,000の一部ですから、次に回収されるまでは何も仕訳は発生しません。

これは、何も英文会計に限ったことではなく日本の会計でも同じことです。

投稿日時 - 2012-11-06 23:39:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問