こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

損しない所得控除、取られ過ぎ税金

今年、所属会社がAからBに変わり、年末調整、確定申告がよくわからなくなったので質問させていただきます。

Aからは今年7月まで給料を頂き、高い所得税率で計算されておりました。年末調整はないと聞いていたので、来年の確定申告で取り戻せばよいと思っていたところ、8月からB会社に所属が変わりました。
Bは所得税率が極めて低く計算され、年末調整をしてもらえる会社です。

そして、手元にあるのはBの「給与所得者の扶養控除等申告書」「給与所得者の保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」です。

私が所得控除できるものは、基礎控除、配偶者控除、同居特別障碍者、国民年金控除、生命保険料控除なのですが、Bの年末調整ですべての控除を提出すると控除しきれなくなります。

自分で調べたところ、「従たる給与についての扶養控除等申告書」なるものがあるとのことですが、これもうまくつかって損しない所得控除はできるのでしょうか。

最初はBの年末調整も出さずに、A,B一括で来年の確定申告で申告しようと思いましたが、Bの書面によると、「扶養控除申告書を出さなければ、来年の所得税計算が高い税率で設定」とのことなので、最低でもBには扶養控除等申告書は出すつもりです。この際、手持ちの控除をどう振り分けるべきか、やり方をお分かりの方がいらっしゃればお願いいたします。

投稿日時 - 2012-11-10 16:25:59

QNo.7790859

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

扶養控除等異動申告書とA社の源泉徴収票をB社に提出して、A社を含めた年末調整をB社でしてもらえば、手持ちの控除を振り分けるなどの心配は不要です。

投稿日時 - 2012-11-10 16:41:12

お礼

なるほど!!!わかりやすい、的確な回答助かります。悶々と数時間費やしていたことがすっきりしました。

投稿日時 - 2012-11-10 16:46:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問