こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!

お願いします
(11) Some scholars believe that Amenhotep IV was a normal-looking young man. Their theory is that the distorted human forms artists began drawing at this time were the result of a new artists style. The bodies, neither male nor female, but a bit of both, were meant to show the king as "everything." Other scholars have a different theory. They believe that Amenhotep IV was deformed by disease. They believe the long spidery fingers nd toes, the head that looks like pulled taffy, and the stick arms, full breasts and sagging belly represent a true likeness. Amenhotep IV's mummy has never been found, but if one turns up with an unusual body shape, we'll know who it is.
(12) Scholars aren't sure if Amenhotep IV ruled alongside his father for a short time or not. It would have been excellent on-the-job training for the inexperienced prince. It would also have made it crystal clear to anyone who might have designs on the throne that the job was filled. From Amenhotep III's mummy we know toward the end he was fat and in poor health. Two of his teeth on the right side were abscessed. He would have been in constant pain. With Amenhotep IV ruling beside latest painkiller from Cyprus―opium. If he had packed his teeth with opium, he would not have been able to make clear-headed decisions; a co-ruler would have been not only useful, but also necessary.
(13) When Amenhotep III died, embalmers used a new method. They injected tree resin and salt under the skin to plump it up nd give the body a more life like look. This innovation was the first in increasingly drastic changes that marked the reign of the rebel Amenhotep IV―a short blip in Egypt's history we know as the Amarna Period.

投稿日時 - 2012-11-14 20:54:31

QNo.7797902

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(11) アメンホテプ4世が、見た目は普通の青年であったと信じている学者もいます。 彼らの理論は、絵師たちがこの時期に描き始めたゆがめられた人間の形は、新しい絵師の画風の結果であったというものです。 その身体は、男性でも女性でもなく、両方の寄せ集めでしたが、王を「あらゆるもの」として示すことが意図されていました。異なる理論を唱える学者もいます。 彼らは、アメンホテプ4世が病気によって奇形になったと考えています。 彼らは、細長い指とつま先、引き延ばしたタフィー飴のように見える頭、棒のような腕、豊かな胸、たるんだ腹部は、実際の似た姿を現していると考えています。 アメンホテプ4世のミイラはまだ見つかっていませんが、異常な体形を持ったミイラが現れるならば、我々は、それが誰なのか分かることでしょう。

(12) アメンホテプ4世が短い期間彼の父と共に統治を行ったかどうか、学者にはよくわかりません。 そうしていれば、経験のない王子にとっては優れた実地研修となったことでしょう。 それは、また、王位に対して野心を抱く全ての者にその地位が充足されたことを非常に明確に示したことでしょう。 アメンホテプ3世のミイラから、我々は、晩年にかけて、彼が肥満して、健康がすぐれなかったことが分かります。彼の歯の右側の2本は、歯槽膿漏になっていました。 彼は、いつも痛がっていたことでしょう。 アメンホテプ4世と共に、キプロス産の最新の鎮痛剤 ― アヘンをそばに置いて(アメンホテプ3世は)統治していたことでしょう。 歯にアヘンを詰め込んだならば、彼は明晰な思考で決定を下すことができなかったでしょう; 共同統治者(アメンホテプ4世のこと)が、役に立つばかりでなく、必要でもありました。

(13) アメンホテプ3世が崩御すると、ミイラ職人は新しい方法を使用しました。 彼らは皮膚の下に木の樹脂と塩を注入して、それをふくらませて、遺体をより生きているように見せました。 この革新は、反抗的アメンホテップ4世の治世 ― 我々がアマルナ時代として知っているエジプト史の短い時期を特徴づける、ますます激しくなってゆく変化の最初の変化でした。

投稿日時 - 2012-11-15 21:13:45

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-16 07:33:46

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 こちらのサイトを利用しますと、機械的に翻訳する事が出来るので便利です。

【参考URL】
 Google 翻訳
  http://translate.google.co.jp/

 尤も、あくまで機械的に翻訳しているだけですので、一部の文章が意味が通じない表現となってしまいます。
 ANo.1様の御回答も、このサイトか、あるいは類似の機械翻訳で訳したもののようです。

投稿日時 - 2012-11-14 23:52:12

お礼

わかりました。

投稿日時 - 2012-11-15 00:25:36

ANo.1

 
(11)一部の学者は、アメンホテプIVが正常に見える若い男だったと信じています。彼らの理論は、歪んだ人間の姿アーティストが新しいアーティストのスタイルの結果があったこの時点で描き始めたということです。男性でも女性が、両方のビットのどちらの遺体は、王として表示するように意図された"すべてのものを。"他の学者は別の理論を持っている。彼らは、アメンホテプIVは病気によって変形していたと信じています。彼らは長いクモ指番目のつま先が、引っ張らタフィー、スティックの腕、胸いっぱいやたるみ腹のように見える頭が真らしさを表すと考えています。アメンホテプIVのミイラが発見されたことはありませんが、一つは珍しいボディ形状とターンアップした場合、我々はそれが誰であるか知っているよ。
(12)奨学生は、アメンホテプIVは短時間かどうかのために父親と一緒に判決を下したかどうかわからない。それは、経験の浅い王子のためのトレーニングオンザジョブ優れていただろう。また、ジョブが満たされたと王座にデザインをしているかもしれない誰にもそれは透き通っていただろう。アメンホテプ3世のミイラから、我々は、彼は太っていた終わりに向かって、貧しい人々の健康で知っている。右側の彼の歯の二つは膿瘍た。彼は一定の痛みであったであろう。キプロス·アヘンから最新の鎮痛剤横アメンホテプIVの判決である。彼はアヘンと彼の歯を詰めていたら、彼は頭脳明晰な判断を下すことができなかったでしょう。共同支配者は便利なだけでなく、必要なだけだっただろう。
(13)アメンホテプ3世が死んだときに、embalmersは、新しいメソッドを使用していました。彼らは、ndは身体の外観のようなより多くの生命を与え、それを膨らませるために、皮膚の下に木の樹脂と塩を注入した。この技術革新は、我々はアマルナ時代として知られているエジプトの歴史の中で反乱アメンホテプIV - 短いブリップの治世を迎え、ますます激変の第一号だった。
 

投稿日時 - 2012-11-14 21:07:26