こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

首都大早慶理科大で大学院進学に適した環境なのは?

私は第一志望東工大の1年浪人の理系女子です。
ですが、この時期に今の現状では東工大は厳しい気がするので、もう浪人はできないので志望大を悩んでいます。

将来は大学院博士過程までいき、数学の研究者、大学の教授になるのが目標です。そのために大学院では東大もしくは東工大に行きたいです。
一般企業に就職する気はなく、研究者などがダメなら高校教師・予備校講師になるつもりです。

企業に就職する気がないことからネームバリューや入試難易度、模試偏差値にはこだわりません。
より大学院進学に熱心で、より4年間の大学生活での学習環境の良い大学に行きたいです。

親との約束で自宅から通えることが条件なので、
首都大、理科大、早稲田、慶応を視野に入れてます。
(横国は最近理工学部?が新しくなったばかりだし私の学びたい数学は学べないので外し、
お茶の水は、数学という、男性が大多数を占める学問の世界に飛び込むのに、その1歩である大学で女子だけで学ぶのは視野を狭めたり、様々な思考を育てる上で勿体ない気がして除外しました。なので、その4校よりお茶の水がいいとか横国がいいとか言う回答はお控えください。)


私の勝手なイメージなのですが
早慶は東大受験の併願からか、入試難易度はこの中ではいいかもしれませんが、
実際は生徒の間に物凄く学力差があり、東大や東工大落ちの頭いい人が一部に居る一方で、推薦などで入った実力のそぐわない人達がかなり居て
あまり大学自体の雰囲気がよくないイメージです。
生徒数も多く、落ち着いて4年間しっかり勉強に励める環境とはとても言えない感じがします。
大学院進学もエスカレーター式に進学する人が多く他大学院受験のサポートが熱心でない気がします。(特に慶応は東大に勝手なライバル心を抱いてるところがあり、東大受験に消極的な感じだと聞いたことがあります)

その点、私大の中では理科大が群を抜いて学習環境が整っている気がしました。
理科大自体東大大学院合格者数をアピールするなど他大学院進学に積極的ですし、
何より早慶と違って純粋な理系ヲタク層が多く、真面目なイメージです。
確かに推薦枠はありますが、規模、質ともに早慶の推薦よりはマシな気がします。
ただ、あまりに立地条件が悪く、気持ちよく学習できる設備は不十分かなと感じました。

首都大はやはり国公立ということで凄く伸び伸びと学習できる設備はあるなぁと感じました。
それに理科大ほどヲタク系な真面目くんたちは居ないけれど、国公立ならではの真面目さがある気がしました。
しかし数理科学科の評価はあまり高くなく、授業レベルがどれくらいなのかがわかりません。


大学院受験は大学の偏差値やネームバリューではなく4年間どれだけやるか、なのはわかっています。
気持ち的には早慶は様々な人種が居すぎて落ち着かないので、
第一志望を首都大にするか、
東工大は後悔しないために受けて、落ちた場合理科大に行くか、
の2択に絞りつつあります。
さらに、自宅から最も首都大が近く、交通費も浮き、勉強時間も確保できるため今のところ首都大が有力です。

ただ、
問題難易度からすると
早慶のほうが上なのは間違いないし、理科大と首都大を比べた質問履歴を見ると理科大の評価の方が高いので、
大学での授業内容に大きな差はないのか、ということだけが不安です。シラバスを見ただけではレベルまではわかりませんでした(やる範囲はあまり変わらない気がしますが、授業の質が違うのかどうか)

もし首都大より早慶理科大のほうが大学院受験に有利になるような踏み込んだ授業をするのであれば、
もう一度考え直さなければいけないかなと思いました。

しかし私は母子家庭で家計が苦しいことから、果たしてあの高い学費を払ってまで私大に行かなければならない程の差があるのかどうかは疑問です。


長々と様々な自分の意見をのべてきましたが
要するに、
・この4校の中で東大大学院を目指すにあたり、一番学習環境がよいところはどこか。どこを目指すべきか。
・この4校は授業内容で大きな差があるかどうか。
です。
 
あと、あくまで私の勝手なイメージを書いてしまったので、実際の雰囲気など知ってる方がいましたら、教えてください。


よろしくお願いしますm(__)m

投稿日時 - 2012-11-23 09:53:10

QNo.7811479

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

東京大学の大学院に進学するにあたって、
「この他大学に進学すれば有利である」という話は聞いたことがありません。

じっさいに「入院」してみると、
「東京大学あがり」VS「他大学組(※外部進学組)」という構図ができあがります。
しかし、
両者は仲が悪いとか、いじわるをするとか、そういうお子様的な関係にはなりません。
あくまでもライバルであったり、お互いにからかい合ったりするだけです。
もちろん、理系の場合、女子は間違いなく、もてます。

ですので、
質問者さんは、
「合格できるだろうか」とか、「うまくやっていけるだろうか」といった杞憂を抱くのではなく、
「どうすれば、自分が一流の数学者としての業績を残せるのか?」
という本質的な問題に取り組んでください。

学部生のころから、上記のような問いに取り組み、
、定期的に東大の授業にもぐりをし、
「この人だ!」と思えるような東大の先生に自分の数学についての考えや思いを述べ、
顔を覚えてもらえれば、
ぜったい確実に東大の院で数学を研究するjことはできます。
ほんとうに難しいのは、
「数学で飯を食うこと(数学で家族を養ったり、人並み以上の生活費を稼ぐこと)」であって、
東大の院で数学を研究すること自体は、そんなに難しいことではありませんよ(^_^)v。

ですので、、
質問者さんにやる気さえあれば、
どこの大学に進学しても問題はありません。

また、
どうしても心配だというのであれば、
高校生であるいま、
東大の研究室を訪れてもまったく構いません。
そして、
「東大の数学の教授」を実際にたずねてみましょう。
「数学者になりたいんです」と言ってみましょう。
10代の女子高生が進路に迷い、
自分の研究室を訪ねてきたからといって
怒ったり不機嫌になる東大の先生はけっしておられません。
あなたの切実な思いを笑ったりするような先生もけっしておられません。
むしろ高校生である今の段階なら、「お茶の水大学や東工大の、就職できなさそうな三年生」よりもむしろ、
大歓迎されることでしょう。

ですので、

実際に「東大の数学の教授」に会いにいくこと。
少し怖いかもしれないけど、
話をしに行ってみること。
(友達と一緒でもいいですし、事前に高校先生に相談するのもよいでしょう)


これが、

質問者さんの悩みを解決する最良の方法かもしれませんよ。

(^_^)v

投稿日時 - 2012-11-23 12:50:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

私大に対する経済的心理的抵抗感があるようなので、その四択なら首都大でいいと思います。入学生の学力帯としては首都大はレンジが狭いと思いますが、ならすと早慶理科大もほぼ似たようなものでしょう。

ただしそれでも私は目指すべきはお茶大だと思いますけどね。女子大に対する抵抗は、(進むのがお茶大である限りは)私大に対する抵抗よりも払拭しやすいと思うのです。先入観や偏見に過ぎないのではないか、と。

東工大から転向するうえで私大を外したら格落ち感があり不本意組、私大第一志望組も多い首都大しか選択肢が残らないという受験プランにはちょっと違和感があります。首都大って、いわゆる地方国立大と比べると、カルチャーとして「ちょっと緩い」んですよ。まだ都立大のころのほうが堅めだった気がします。

投稿日時 - 2012-11-25 13:12:55

ANo.10

 丁寧な返答をいただいて恐縮です。実際に僕は企業勤務と並行する形で大学教育にも携わっておりますので、質問者様の様な学生を日常的に目の当たりにもしています。そうした中で

 >私のこの質問のせいで女子学生にはよくあることだなんて下らない偏見はやめてください
というのは質問者様がかなり甘い認識をお持ちの証拠です。別にジェンダー的な偏見からではありません。どうしても女子学生は受け身になってしまい、男子学生の様に議論をふっかけてこないから歯ごたえを感じることもできず、こちらとしてはイライラを募らせてしまう形になります。
 言われたとおりのことしかやってこない、指示待ちの形でしか授業に臨まない、問題意識を問うても主体的に考えていないから応える術すらも持てない、との「3ナイ学生」になってしまい、レポートや試験による評価にもそうした自らを顧みずに不満を並べ立てていくだけの困ったチャンになってしまう。これでは大学教育の意義もないというものでしょう。
 中には希に一人二人は議論に加わって自らの問題意識をぶつけてくるほどの方もいます。そうした方ならば男女の違いなど問わず、水先案内人としてある程度のアドバイスもしますよ。けれど、水を飲むことを望まない馬を水辺に連れて行くことはできても、無理強いして水を飲ませることはできません。大学の教員にはそこまで手取り足取りするほどの責務もないのです。

 >キャンパスの敷地や構造
これはね。入学してから後の問題です。どこの大学であろうと、一二年次には教養課程が設けられていて、時間と科目毎に教室を移動せねばなりません。ですから、むしろ都心にある大学の殆どがタワーを併設し、A・B・C…などと多数の校舎を配置させています。そして校舎と校舎の間もさほどは離れてもいません。

 >それでも数学には携わっていたい
高校や予備校で扱う数学は「教育数学」であって、大学の数学は「研究数学」ですから、質的な違いがあります。大学で扱う数学は「理論研究」や「基礎科学」の分野であって「これまでの理論を検証し、新たな理論構築を目指す」ものですから、学校数学とは明らかに異なります。時によっては哲学の認識論にまでターゲットを伸ばすこともあります。こうした創造的な営みは高校までの「数学」には及びも付かない世界です。
 もし質問者様がそうした教育現場に従事されたならば、これは私の思っていたことと違うと絶望し抜け殻のようになってしまう危惧をおぼえます。

投稿日時 - 2012-11-23 23:33:24

お礼

こちらこそわざわざ返信ありがとうございます。
 
女子学生について、確かに一般的にそういうところはあるのかもしれませんね。それは未だ男性が仕事、女性は家事などと言った昔の風潮が払拭できていないことや、理系は男性の分野などと考えられてきた社会で育てられたしまったことに由来するのかもしれません。とくに日本はまだまだ海外に比べて女性の意識も地位も低い。
私が様々な理由でお茶の水を拒むのも、そういう想いがあるからというのも理由の1つです。
女である私でさえ、なんとなく学問に対する姿勢は男性の方が上、だから私は共学に行き、その向上心の中で学びたいという気持ちがあります。
薄々とは気付いて・・・というか自分が女だからこそ、認めたくない部分がありましたが、私自身女性の学問に対する姿勢の低さには気付いています。何年か前、文理選択をする際もそれが嫌でわざと男ばかりの理系を選んだというのも、もしかしたら心のどこかにあったのかもしれませんね、ぁ、勿論かもしれない、ということで理系を選んだ最大の理由は言うまでもなく数学を学びたかったからですが。
その事実をあからさまに突き付けられて頭にきて少し乱暴な言い方をしてしまいました、すみませんでした。
私は回答者様が教えてくださったような女子学生にならないように積極的に挑みたいと思います。というか男性以上に頑張ります。
 
あと、教育数学と研究数学に大きな違いがあることは流石に理解していますので大丈夫です。
そしてどちらも数学であることには変わりなく、私はどちらも好きなので、そこは問題ありません。
教育数学だから、とか研究数学だから、とかでなく、根本的に数学が好きです。
どちらにしても、数学に携わり続けられれば、自分の幸せになります。
 
 
色々な場でいくつか質問をしたことがありましたが、こんなに沢山大学のことや数学について話が出来たのはここだけです。
やはりどんな形であれ、自分の想いを伝えたり、他者の意見を聞いたりするのは楽しいですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-24 00:17:23

ANo.9

どっかで踏ん切るつけて首都大学

理由:大学院進学率の差
東京理科大学理学部数学科
http://www.tus.ac.jp/career/pdf/gakubu.pdf
学科 卒業生数 進学
数 学 科 123 33

27%が進学
※ 57%が就職

首都大学
http://www.tmu.ac.jp/university.html
数理科学 学部定数   40
数理科学 大学院入学数 25
※ 大学院進学率は上記では確定できないが、全員が内部生として60%を超えている

研究者になるには、大学院に行く事が必須ですので、大学院に行ける確率が低いところにワザワザ行く必要はない。

http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~toshi/jjm/JJMJ/JJM_JHP/contents/jjm-takagi_jp.htm
「「高木レクチャー」は、 毎年、世界から卓越した数学者を日本に招き、専門分野を越えた数学者や若手研究者・大学院生を主な対象とし、 創造のインスピレーションを引き起こすような気概に満ちた研究総説講演を行っていただき、 日本発の新たな数学の創造に寄与することを目的としています。」

つまり、大学院に入ってしまえば、研究者の卵として認めますよ BY 日本数学会 ということです<極論ですが。
日本数学会がどれだけフランクか知りませんが、私の出た工学部の某学科ですと、大学院段階で「若手研究者の会」とかで、東京近辺の大学の院生はくっついています。(日本数学会でもそういう組織があるかと思って、日本数学会のページを見たら、高木レクチャーというのを見つけた次第)

東京理科大の悪口を言うわけではないが
東京理科大 新入生総数 3,853
首都大学理工系 入学者数280くらい

東京理科大 大学院 修士総数3008人
首都大学理工系 大学院 博士前期408人

学部の新入生よりも大学院の修士の学生の方が少ない理科大
学部の新入生よりも博士課程全の人数のほうが多い首都大

理科大が他の大学院への進学が多いのは、ひとつには「元々の学生数が多い」というのと「大学院の入学定数が(学部に比較して)少ない」ということなのです。

投稿日時 - 2012-11-23 23:21:07

お礼

回答ありがとうございました。
 
理科大HPを見て、理科大の大学院進学率が高くても数学科は30%に満たないことを知りました、完全に調べ不足でした、ありがとうございました。
また日本数学会のことまで調べさせてしまい、申し訳ありません。
大変参考になりました。
 
ありがとうございましたm(__)m

投稿日時 - 2012-11-24 01:08:03

ANo.8

 何も「研究者になるならば東大や東工大でなければならない」との決まり事などありません。実際に理科大や早稲田の出身でも立派な研究者や教員も多勢いることも確かです。先日ノーベル賞を受賞された山中伸弥教授は東大とは何の関係もありません。でもあれほどの研究業績を残しているとの事実があります。
 文面を拝察させていただいた限りでは、質問者様がいたずらに自らの学力と可能性を高く評価しすぎる点が懸念されます。
 そして何よりも問題なのは「理科大のキャンパスの立地条件が悪く」「早慶は様々な人種が居て落ち着かない」などと勝手に決めつけている部分にあります。理科大のキャンパスが不便というならば、早慶も東工大も同じことです。理科大のキャンパスは山手線の内側、早慶も同じ条件です。東工大は大岡山です。どちらが通学に至便でしょう。一般的に考えるなら前者です。東京の多摩地域にご在住ならば、JRの新宿を起点として考えるなら問題もないでしょう。学費の問題ならば奨学金を利用する方法もあります。私大では一般の貸与型とは他に大学それぞれか独自に選考するシステムもあり、一概に学費の問題を条件とすることは理由にもなりません。
 要は質問者が自らの学力に自信を持てないことそして東大信仰が過剰に働いているとの部分が最大の欠点であるともいえます。そして「授業内容で大きな差があるかどうか」、これは受験以前の姿勢です。大学は受け身では何も身に着けることの出来ない場であることなど既にご存知のはずですが、それすらも質問者自身では自覚できてない。環境がどうのこうのと質問する前に、自身が主体的に学問に関わる自信などないのでしょう。女子学生にはよくある話です。
 数学ならば英語やフランス語の論文を苦もなく読むことができる程度の語学能力も求められます。そして院ならば外国語での論文作成も求められます。
 大学の教員や研究者がダメならば高校や予備校の講師にでもなる。こうした姿勢も問題です。デモシカ先生など教育の現場では必要とされません。予備校は文科省が司る学校でもなく、ビジネスとして行っている場ですので教員とはいえず、知識とテクニックを授与する機関です。ですから受講生が受験に失敗したからといってその受講生の将来をサポートする責任など求められません。受講生の能力がそれまでのものだ、といって突き放すだけです。そうした現状は質問者であるあなた自身に重なるとお考えではありませんか?。であるならばそのような発言を軽々しく口にすることもできないことになりませんか?。数学を専門としたいと豪語していますが、論理的破綻を来しているようにしか思えません。

投稿日時 - 2012-11-23 17:11:47

お礼

回答ありがとうございました。
 
大学に関する知識不足、志望大選びに悩み大切なことを忘れてました。
学問は自ら求めれば限りなく学べる、それはそうだと改めて噛み締めました。
ただ、私の悪いくせですぐ確率を考えてしまい、大学によって研究職につける確率、東大大学院に行ける確率など、入ってるときの学力が違うからそんなこと考えても意味がないなのに、
どこ大の方が可能性が広がるのではないか、と無駄なことを考えていました。
 
ただ、学問は積極的に向かわなければならないことを理解してないわけではありません。
少し無駄なことに悩み忘れていました。今一度きちんとその気持ちを思い出しました。
また、私のこの質問のせいで
女子学生にはよくあること
だなんて下らない偏見はやめてください。
せっかく回答してもらったのは有難いのですが、どうしてもここだけは受け取れません。
 
あと、私の言い方が悪かったのですが、理科大の立地条件が悪いというのは、交通アクセスではなくキャンパスの敷地や構造について言いたかっただけです。誤解を招きすみませんでした。
 
最後に
私は不本意な結果になってしまった場合に仕方なく塾講師や教職につく、なんてことは思っていません。
一生懸命頑張っても研究者、大学講師、教授になれなかった、そのときは自分の努力が至らなかったんだと受けとめ、しかしそれでも数学には携わっていたい、という思いから塾講師や教職につこう、と思っているだけです。決して妥協案なんかではないです。
もともとは教育学を目指していたほど教職に憧れていました。
しかしとあるきっかけで教育学ではなく数学を、研究者をとの思いに至りました。
 
 
沢山の誤解を残したままなのは悲しいので、長々と書きましたが、
私の考えの甘さに一喝していただけて感謝しています。
ありがとうございましたm(__)m

投稿日時 - 2012-11-23 18:05:50

アンサー6の者です。

ごめんなさい。予備校生さんでしたね。
大変に失礼いたしました。
ですが、
アドバイスとしては、
本質的に変わりません。

ぜったいに怒られたり、
嫌な目で見られたりはしないので、
東大か東工大の、数学の先生を訪ねてみましょう。
そして、
直接に自分の悩みを聞いてみましょう。

正直なところ、

「数学者を目指している女の子」に対して適切に答えてあげることができるのは、
ネットの有象無象な人々ではなく、
「ほんものの数学者」のみではないでしょうか。

わたしなら、
絶対に大学の研究室に足を運んでみますよ。
ドキドキするでしょうけれども、
もしもそれができたなら、
将来についていの胸のつかえは取れるでしょうし、
頭の中にうずまいている悩みも解決するでしょうし、
何よりも、
「若き数学者の卵」として、一歩、前進できるのはないでしょうか(^_^)v

投稿日時 - 2012-11-23 13:21:32

お礼

回答ありがとうございました。
 
今私がここで悩んでいても何も始まらないし、解決しない、
私の悩みを解決するヒントは現場に行かなくてはわからない。
そのことに気付かせていただきました。
なんだかとても気持ちがすっきりしました。
 
研究者になりたいだなんて大それたことに気をとられていましたが、
難しいのは数学で家族を養ったり、人並み以上の生活をすることで研究をすることが難しいわけではない。
と言っていただけたおかげで、私の本来の気持ちを取り戻せました。
私は数学者だなんて肩書きがほしいわけではなく、純粋に自分が好きな数学を深く学んでいきたいんだ、ということ。
数学を学んでいて涙が出るほど感動し、私は一生数学に携わっていきたい、その道に進むんだ、と決意したこと。
その頃の気持ちを少し忘れていた気がします。
その気持ちを思い出させていただいたことに本当に感謝します。
 
積極的に動いて自分から研究室に行ってみたいと思います!
 
ありがとうございましたm(__)m

投稿日時 - 2012-11-23 18:21:12

ANo.5

理学部~東大マスター進学多いのは、

理科大、上智、ICU~です!

早慶は同学進学か就活組が主です!
~あくまで数字上ですが…

ほかお茶女が例年数名、

東北大など地帝もわりといますが地方なので関係ないですね。



予備校・東海大教授を歴任した数学者[秋山仁]のWikipediaをクグってみましょう!

本人のポテンシャル次第で理系の場合、学部はあまり関係ないのかも知れません。

投稿日時 - 2012-11-23 12:06:43

ANo.4

#1です。予想通りの回答が帰ってきました。が、音楽の世界でも、体育の世界でもすでに10代から演奏活動・競技活動を始めているのが普通です。

 他の方も、数学に才能があり他の科目で足が引っ張られて東工大に行けないのなら何処の大学に行っても同じです、とアドバイスされていますよね。勉学環境も何も関係ありません。何処の大学の数学科にいってもいいんです。それが理解できないということは、数学の才能がありすぎて常識に欠けるか、またはただの凡人ということです。

 数学の才能があり過ぎて常識に欠けるのなら大学は何処でもかまいません。必ず学部在籍中に評判になって東大や京大あたりの大学院からからお誘いがあります。繰り返します、学部など何処でもいいんです。

 今日は一日千葉大の飛び級受験の問題を解いてみてください

投稿日時 - 2012-11-23 11:44:27

ANo.3

数学で学位は取っていませんが、一応博士なのでちょっと回答します。
あくまでも自分の勝手なイメージから出した結論に過ぎませんが、あなたが天才的に数学ができるならどこに行っても変りません。授業なんてくだらなすぎて出ないと思いますから。平凡だけど、一生非常勤を転々としても数学をしたいなら、理科大でしょうね。

学生時代、数学の授業は普通の人しか出ないというジンクスがありました。
できない人はついて行けないのでそもそも授業には参加しないし、
できる人は簡単すぎてくだらないので授業には参加しないから、
結局平凡・普通な人しか授業にはいないと。
数学の授業というのは参考図書として指定した本を黒板に書き写して、
その行間を埋めてみせるという作業に他ならないので、
自分でその行間を埋められる人にとっては自明すぎてくだらないんでしょうね。

数学の博士取得者はいつも職を探しているというイメージが自分にはあります。
大学院重点化の流れを受けて博士を持っている人の数は増えましたが、
その受け皿は不十分です。
工学や化学、生物、情報科学など産業にくっついている分野は研究者としての
進路を手放して、企業に行くという選択があり、
ポスト争いはそこまで壮絶ではないと思います。
数学は直接の産業がないので研究者の世界にすすむと下手したら非常勤の
仕事を転々として一生職を探すことになります。
数学や物理の博士に行く人というのは学部・学科のエースだけです。
そして、エース級の人がポストをかけて奪い合いをするので
それこそ壮絶な争いになります。
「物理にすすんだ僕は非常勤を転々としているのに、
情報にすすんだ○○くんはもう教授」なんて話も聞いたことがあります。

博士をとってからの現実も知ってもらいたいのですが、こんなの見たことありますか?
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/
博士をとっても、16%は無職です。教授になれる人は幸運と才能がある人です。

この点を踏まえてみると、
> この時期に今の現状では東工大は厳しい
というのがかなり引っかかります。
あなたが数学が天才的にできて、物理・化学が駄目だから厳しいと思っているなら、どこの大学に行ってもたぶん大丈夫です。授業なんて関係ありませんから。単位さえ落とさないように適当に勉強して、後は自分の好きな数学の世界に没頭したり、バイトしたり好きにすれば良いでしょう。自分が学びたい先生の論文を読んでも良いでしょう。今時、先生の業績リストなんて簡単に見つかりますし、業績リストから実際の論文を入手するのも、そんなに難しくありません。あとは、学会・研究会で周囲に話しかけられるような社交性を磨いておくと鬼に金棒です。

あなたの数学のレベルが十人並みなら、正直数学者の道は難しいと思います。大学にはあり得ないくらい天才的に数学ができる人なんていっぱいいます。生まれ持ったセンスの差としか思えないレベルの差があります。そこでつぶれずに自分の意志を貫き通すには強靱な精神力が必要です。
天才グループにも遊びグループにも入れないとやはり大学生活は楽しくないと思うので、自分だったら早慶はないと思います。でも、ほかよりもブランドがあるので、塾講師路線ならこれでしょうね。ただ、少子化時代なので、塾講師や高校の講師の線もなかなか厳しい線だとは思います。自分の勝手なイメージですが、平凡だけどこつこつやりたいというなら理科大あたりが向いていると思います。


進学に有利か不利かで言うと、修士ならこつこつやった方が有利なのでこつこつやるタイプが集まりそうな場所に行った方が良いでしょう。博士後期課程はそれまでの前評判・実績での一本釣りだと思うので、どこに行っても変らず、どちらかというと、学会・研究会で行きたい研究室の先生とパイプを作っておくという社交性が求められると思います。

投稿日時 - 2012-11-23 11:30:47

ANo.2

 すでに一浪されているんですよね。そうしますと、数学の道に進むのは止めた方がいいと思います。

>将来は大学院博士過程までいき、数学の研究者、大学の教授になるのが目標です。そのために大学院では東大もしくは東工大に行きたいです。一般企業に就職する気はなく、研究者などがダメなら高校教師・予備校講師になるつもりです。

 断言しますが、数学の研究者や大学教員にはなれません。まず100%です。高校教師ならなれるかもしれませんが、たぶん大学の講義にはついて行けないと思います。大学院進学も無理だと思います

 数学という分野は、早い時期から才能が現れている分野です。あなた様の年齢ですともうその片鱗が現れていなければなりません。何もない、ということは残念ですが数学を学ぶに必要な「才能」というものがかけているといわざるを得ません。

 才能がない方がどれだけ努力しても結果は悲惨です。たとえば「誰でも努力すれば、ウサインボルトのように100mを9秒台で走れる」といったらあなたはお笑いになるでしょう、でも今あなたが目指されていることは同じレベルです。

 受験数学で満点を取っても「数学向き」とは言えないのが辛いところです。何度もここで同じことを書いているのですが、あなたが学んできた数学というのは、すでに誰かが作り上げ、かつルールも決められたゲームです。そのゲームに強いといっても別なゲームが作れるかどうかは全く違う才能が必要になります。

 今日の数学というのは、新たにルールも含めてゲームを作る、という作業に似ています。そしてそれがゲームとして成立するかどうかを他の数学者に検証してもらい、それが成立すると認められると数学者としての業績となります。

 こんな例はご存じですよね。「三角形の内角の和は180度である」・・いわゆるユークリッド幾何学です。ところが20世紀に「三角形の内角の和は180度より大きい」「三角形の内角の和は180度より小さい」という二つの前提からもユークリッド幾何学とは異なる幾何学全体(非ユークリッド幾何学)が構築されることが証明されました。。
 ここから数学は客観的真理ではなく、結局法律やその他のものと同じく「一つの制度」に過ぎないことが証明されて、数学の世界に大激震が走りました。ここまでの文章が理解できない、というのであれば数学教授なと夢の世界です。

 千葉大が高校二年生に対して行っている飛び入学はご存じですよね。その過去問を解いてみてください。解けなきゃ才能はありません。

http://www.cfs.chiba-u.ac.jp/kakomon/kakomon-index.html

 あと最近数学の世界に衝撃を与えた日本人数学者の経歴です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E6%96%B0%E4%B8%80

 ご覧のように、一浪して何処の大学がああだこうだというようなレベルではありません。東工大とか理科大とかの大学の学部レベルへの合格は可能だと思います
 ただ、「その先はない」ということを再度申し上げておきます。本郷でも理学部数学科の学部レベルの講義について行けるのは10%ぐらいと聞いています。

 とりあえず、「努力すれば何とかなる」という回答が続くと思いますの、でワタシは辛口の回答にしておきます。

投稿日時 - 2012-11-23 11:08:16

お礼

回答ありがとうございました。
 
しかし私の質問の趣旨から大分ずれています。今の時点で才能がないとか、100%無理だと断言するとか、そんな評価を見ずしらずの方にされるのは心外です。
 
世の中の教授や研究者は多くが東大出身者ですが、私が尊敬している教授を含め、なかにはMARCHにも及ばない大学からその地位を獲得された方もいます。
 
私はあくまで学習環境が整っている大学を知りたかっただけなので、これ以上は言いませんが。
 
研究職が厳しいことなど承知の上での選択です。
しかし今一度のご忠告ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-23 11:17:59

ANo.1

>研究者などがダメなら高校教師・予備校講師になるつもりです

そこまで見通しをつけているのなら、首都大を第一志望になさることをお勧めします。
教員採用試験を突破することを視野に入れる必要があるからです。
また、人間性を豊かにしておくことが教員の基礎教養として必要ですから単科大学よりも総合大学(文科系)が充実していることが望ましいでしょう。

ご自身でもうすうす気が付いていらっしゃると思いますが、純粋数学は高校までの数学とは異なります。
数学が哲学に、物理(理論)が数学に、化学・生物が物理に変わる(必要)、というイメージでも良いぐらいです。
今の時点で東工大が危ういという方では、純粋数学で「教授」になる可能性は極めてゼロに近いということは気が付いていらっしゃることと思います。
歴史分野や教育分野等に広げれば可能性は少しは出てきますが・・・・・・。

また、実際に学び始めた時点で数学に見切りをつける可能性は大きくあります。
このときに、進路を変更することを考えたら、やはり総合大学が恵まれています。

ご自宅に近い、合格可能性が高い、いずれの面でも首都大が良いと思います。
数学科なら大学も3~4年生になってくると、場合によっては他の大学での講義を聴くことも時間的に可能になります。(教員免許を取得する課程が結構負担ではありますが)
設備を気になさっていますが、実験系の分野とことなり、数学のしかも学部の範囲で「設備」は気に掛ける必要はありません。
もしも文献が気になるのであれば、他大学の文献も手続きを取れば利用可能ですから心配いりません。

大学院進学時には、研究分野に応じて、必要なら他大学の大学院を受験することも考えれば良いのです。
時間・経済に余裕をもって過ごすことは重要です。
「近い」というのは、とても大きなメリットです。
キャンパスの雰囲気が嫌でなければ、首都大が良いと思います。

投稿日時 - 2012-11-23 10:54:09

あなたにオススメの質問