こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語学習についての考え方について

英語学習についての考え方について、皆さんのご意見を伺いたく質問します。
今、改めて英語の勉強をしようと思っています。
仕事柄(コンピュータ関連)英語の必要は認識していたのですが、学生時代から苦手で今まで逃げていました。
最近いろいろな英語教材の広告などを注意して見ているのですが、大まかに2つの相反する考え方があるようですね。
即ち、
(1)英語を英語で考える、頭の中に英語の引出しを持つ、“英語→日本語→英語”といった翻訳はしない、
といった考えを基本に置いているものと、
(2)日本人が日本にいて勉強する以上、それは不可能である(だから、文法や構文をきちんと覚える)
という考えのものとがあるようです。
この2つの考え方について、どちらが正しい(あるいは、より効果的)と思われますか。
ちなみに、私の英語力はほとんどゼロに近いです。(高校時代、赤点だったことも多く、しかも卒業後20年経ってほとんど忘れてしまいました。)先月から、地元の市民だよりで募集されていた「英会話教室(初級)」に週1回参加していますが、正直言ってついていけません。(先生の質問自体がよく分からない。)

投稿日時 - 2004-02-17 10:14:43

QNo.781808

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

申し訳ありませんが、最初に訂正とお詫びをしなければなりません。前回の私の回答の中の、

>通例(2)の段階を経て、(1)の段階に進みます。むりに、(2)の方法を取っても理解が深まらないことは、現在の日本の英語教育が証明しているようです。

は、「むりに、(2)の方法を取っても・・・。」は、「むりに、(1)の方法を取っても・・・」の誤りです。特にnagatos さんには賛意を頂いていたのに申し訳ありません。(実は、現在日本では従来の伝統的な(2)の方法をあまりに否定したために、英語の学力が落ちたというふうな反省がなされています。)

結局は、外国語の習得は、(2)だけに留まってもいけないし、最初から(1)だけの方法を取るというのは難しいということです。

>やっぱり中学レベルの文法ぐらいはマスターしてからでないと、聞き流しの教材などはやっても効果がないでしょうか。

これは、回答をするのがかなり難しい問題ですね。でも、基本的に言って、ずばりそうだと言えますね。

中学レベルの文法はマスターするというより、身につけてしまうべきです。つまり、文法と意識しなくても使えるようにまでしておくべきでしょう。中学以上のレベルだと文法は意識的にでも勉強しておくべきだと思います。このレベルの文法も無意識に使えるのがベストですが、誰にでも期待できることではないと考えます。

聞き流し教材のレベルにもよりますが、常識的に考えて中学校レベルの英語の文法レベルでは理解出来ないはずです。本当に生活の役に立つ、知的レベルを高めてくれる教材は中学校以上の文法力を必要としますね。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2004-02-17 12:54:21

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

下の方の「中学レベル」から始める、というのに深く協賛します。皆さん、簡単だとおっしゃいますが、私は中学レベルの英語を自由に会話で操る日本人をあまり見たことはありません。アメリカ人の通常の日常会話は(スラングやスラング的な言い回しや、その言語独特のニュアンスなどを除き)日本の中学程度の英語で成り立っているものです。まあ、ある大学の政治学の教授と現在の世界情勢と未来について深く語り合おうではないか、となればもちろん話は別ですが、あくまでも日常会話的な事です。
例えば、われわれも毎日話している内容を考えれば、そう高尚なことばかりではないのです。そのほとんどがいたって簡単な事柄のはずです。アメリカ人(あるいは他の国の人々も)も同じです。中学程度の英語を使いこなせれば立派に英会話ができます。
私は、高校からアメリカでしたが、渡米してからしばらくしてから日本の高校の英語の教科書や参考書等を見て、その難解さにびっくりしたと同時に、これほど教育熱心で優れたテキストブックを持つ日本の人々が英語を(特に会話)理解しないという事実にびっくりしました。
私は仕事柄、最近、日本の駐在員の方々と知り合う機会が多くなりましたが、30歳、40歳を過ぎている彼らは英会話や英語の特別な訓練を受けることなく、世界中に駐在し、そのほとんどが「国際語」である英語で彼らの専門分野でがんばっています。彼らの多くの英語は決して流暢ではありませんし、中には下手な人もいます。しかし彼らは英語を「勉強」するのではなく、ビジネスや社交の手段として使っているのです。いや、使わなければいけない状況にあるのです。
つまり自分を英語しかしゃべれない状況に置く。しかし日本にいてはこれは相当困難でしょう。
以前、日本に仕事で立ち寄った際、英語の発音の非常にきれいな年配の紳士に会ったことがあります。アメリカあたりに若い頃住んでいたのかと思い質問したところ、一度も海外生活は無いとの事。テープで勉強されたそうです。あとは、これは私もやった経験がありますが、英語で考える事。 つまり、例えばおなかがすき、
「腹減ったなー。なんか食いてーなー」を
"I am hungry. I want to eat something.”
とか、心の中で考え、そのフレーズを増やしていくのです。その際、文章は中学程度の英語で十分です。
以上、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2004-02-17 19:14:08

お礼

greeenさん、nagatosさん、strato26さん、ありがとうございました。
私の場合は、やっぱり中学レベルの基礎文法から始めた方がいいようですね。
昔持っていた、三友社の「たのしい英文法」が、聞いたら今でも発行されているとのことですので、購入してやってみようと思います。(せっかく自分でいい本にめぐり合ったと思ったのに、勉強しなかったんですよね~。)
まだお聞きしたいこともあるのですが、別タイトルで投稿させていただきます。
またお付き合いいただけたらうれしいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-02-19 07:56:45

ANo.2

greeenさんの、<(2)の方法を取っても理解が深まらないことは、現在の日本の英語教育が証明しているようです。 >に、賛成します。

外国人で、きちんと日本語を勉強して、きちんと文法的に論理的にしゃべれる人と、長年勉強したのに、いまいちの人もいるでしょう。また、大して、勉強もせず、日本人並みになった人もいるかもしれません。
どちらにせよ、人間は疑問点を調べずにはいられなくなりますから、几帳面な人は「勉強」するはずです。

最近、中一レベルのチョー簡単な英語から入る学習法が注目されていますが、私はお勧めします。
(1)に「近い」と思います。

それと、根本的に学習者は「英語で考える」なんて、考えない事が最善だと思います。
一種の神話です。そもそも、日本人は日本人好みの言い方、単語を使っているはずですから。

投稿日時 - 2004-02-17 12:00:55

ANo.1

>(1)英語を英語で考える、頭の中に英語の引出しを持つ、“英語→日本語→英語”といった翻訳はしない
>(2)日本人が日本にいて勉強する以上、それは不可能である(だから、文法や構文をきちんと覚える)

この二つは共に真実です。ただ、当てはまる対象(人)が違うのです。(1)は、英語の基礎が出来ている人を対象としている考え方です。(2)は、まだ基礎が出来ていなくて、常に母国語に頭の中で変換しないと理解できない段階の人を対象としています。
また、対象が違うということは、習得のレベルだけでなく、学習する場所、その人の年齢なども関係があるということですね。
外国語の習得方法は、通例(2)の段階を経て、(1)の段階に進みます。むりに、(2)の方法を取っても理解が深まらないことは、現在の日本の英語教育が証明しているようです。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2004-02-17 10:55:51

補足

早速のご回答ありがとうございます。
私も体験上、同じような感想を持っています。
コンピュータ用語を覚えたときの話です。
例えば、“リソース”や“タスク”や“システム”などの語ですが、これらの言葉を私は英語と意識して覚えたつもりはありません。
“リソース”や“タスク”を“資源”や“仕事”といった日本語に訳して理解しようとしても、かえって分り難くなりますし、また“システム”なんかは場合によって意味の範囲がぜんぜん違ってきますよね。(CPUとメモリのみを指す場合、1台のコンピュータを指す場合、複数のコンピュータやネットワークの集合を指す場合、オペレーティングシステムを指す場合など)
私は、これらの言葉をコンピュータを使いながらそのまま自然に覚えていった訳で、だからこそ日本語に置き換える必要もなく、前後の文脈の中でその語の指し示す意味も理解できます。これは「英語を英語で考える」ということに通じるものがあると思います。
しかし、こうした覚え方が可能だったのは、ある程度の期間コンピュータを使い続け、その知識を持っていたからだと思うのです。そして、その言葉を取り巻いているのは(文脈の前後は)日本語です。(そうでなくては、新しい言葉の持つ意味やニュアンスをイメージすることができませんから)
つまり、私が思うに「英語を英語で考える」ことは、より正確に使える英語を習得するには重要だが、それはある程度の英語力があって初めてできることではないのか、という疑問なのでした。
そこで、greeenさんのおっしゃる“英語の基礎ができている人”ですが、やっぱり中学レベルの文法ぐらいはマスターしてからでないと、聞き流しの教材などはやっても効果がないでしょうか。

投稿日時 - 2004-02-17 11:48:16

あなたにオススメの質問