こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

戦後の今や「シナ語」は台湾人や台湾も侮辱する言葉?

シナは、西洋語のチャイナ、ヒナ、チナなどと同語源です。

なのに、戦後、迷惑な隣の共産主義の泥棒・窃盗団輸出国、
中華人民共和国が因縁を付けてきました。

それで、日本国内の日本人(の一部)までが、
「シナ」という言葉は差別だと言うようになりました。

で、質問なのですが、

【1】
「シナ」という言葉は、
台湾人(中華民国の人)をも侮辱する言葉だと、
あなたは思いますか?

【2】
《シナ語》という言葉は、
台湾人(中華民国の人)をも侮辱する言葉だと、
あなたは思いますか?

先日、簡体字(シナ語で使う文字の一つ)に関する質問があり、
当方が一回答者として参加したところ、
完全無視されてしまったみたいです。w
それに関連して、別の質問をしたところ、
シナは台湾人も侮辱する言葉だと指摘され、
ちょっと気になりました。

※台湾はオイラの一番好きな外国の一つだけど、
共産主義の隣国はとにかくキライ。w
(まぁ、台湾人も福建辺りから来た人が多いんだけど。)

投稿日時 - 2012-11-30 20:39:19

QNo.7823400

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

頭の悪い人は、言葉自体にのみ差別という属性があると勘違いしますね。
また、心の卑しい人はこの言葉は本来差別の意図があった言葉ではない、と言い訳して相手を侮蔑する言葉を吐きますね。

どんな言葉だろうと、相手を侮蔑するために使われる言葉は差別語になりえるんですよ。
なんてこと何度言われても理解できないふりをする卑劣な人間も世の中に入るわけです。

というわけで、どちらの質問にもイエスですね。

投稿日時 - 2012-11-30 23:47:50

補足

オッサン、毎度あり。
あなた、大切な事を一つ忘れていやしないか。

語源自体が差別から来ているのであれば、
この言葉はいつまでも
差別語とされても仕方ないであろう。

しかしながら、語源には問題がなく、
歴史的背景によって差別語とされたものは、
時間の経過により、その差別の意味合いは薄れるはずだし、
また、薄れなければならない。

薄れるか薄れないかが、
軍事力や経済力を初めとする
両国の力関係で決まるとすれば、
もはやそれは、単なる「言葉狩り」である。

日本語を母国語(母語ではない)・公用語として使うのは、
日本国民・日本国のみである。

その「言葉狩り」に甘んじることは、
相手の民族に媚びていることに他ならない。

投稿日時 - 2012-12-01 13:17:01

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-01 13:18:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

いや、まったく侮辱する言葉だとは思わない。
私はまったく思わないが、
呼ばれた側がどう思うかは知った事ではない。
差別にしても侮辱にしても、
言った側にその気がないのに、
言われた側がそのように思うのははなはだ心外だ。
仮に侮辱する言葉だとして、
東シナ海とか南シナ海とか、
これから改めて別の発音で呼ぶのもなんだかなあ。

投稿日時 - 2012-12-01 02:29:54

補足

語源自体が差別から来ているのであれば、
この言葉はいつまでも
差別語とされても仕方ないであろう。

しかしながら、語源には問題がなく、
歴史的背景によって差別語とされたものは、
時間の経過により、その差別の意味合いは薄れるはずだし、
また、薄れなければならない。

薄れるか薄れないかが、
軍事力や経済力を初めとする
両国の力関係で決まるとすれば、
もはやそれは、単なる「言葉狩り」である。

日本語を母国語(母語ではない)・公用語として使うのは、
日本国民・日本国のみである。

その「言葉狩り」に甘んじることは、
相手の民族に媚びていることに他ならない。

投稿日時 - 2012-12-01 13:18:39

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-01 13:19:03

ANo.2

1も2もYES。
シナチク、しなそばなんかも差別語なのでとっとと改名すれば良いのにと思ってます。
相手が嫌がる呼び名であれば変えましょう、嫌なあだなつけられたらいやっしょ?
日本で言えばニップスとかイエローモンキーとかジャップと呼ばれるのと同じこと。
むしろ倫理の高さを見せ付ければいいのです。

投稿日時 - 2012-11-30 22:27:12

補足

語源自体が差別から来ているのであれば、
この言葉はいつまでも
差別語とされても仕方ないであろう。

しかしながら、語源には問題がなく、
歴史的背景によって差別語とされたものは、
時間の経過により、その差別の意味合いは薄れるはずだし、
また、薄れなければならない。

薄れるか薄れないかが、
軍事力や経済力を初めとする
両国の力関係で決まるとすれば、
もはやそれは、単なる「言葉狩り」である。

日本語を母国語(母語ではない)・公用語として使うのは、
日本国民・日本国のみである。

その「言葉狩り」に甘んじることは、
相手の民族に媚びていることに他ならない。

投稿日時 - 2012-12-01 13:17:53

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-01 13:17:40

ANo.1

すごいね 戦争は。
そして戦争に直接かかわってない人をまきこむなよ。
日本は中国のいいところだけ放送して
中国は日本のいいところだけ放送しろよ
かねかからへんやろ んなもん。
それを1000年続けたら ちゃらやん。
こんなあほな問題もとけないなんて。
どちらとも「なかよく」したら
商売あがったりなのか ごめんなさいでしたw

投稿日時 - 2012-11-30 20:48:27

補足

語源自体が差別から来ているのであれば、
この言葉はいつまでも
差別語とされても仕方ないであろう。

しかしながら、語源には問題がなく、
歴史的背景によって差別語とされたものは、
時間の経過により、その差別の意味合いは薄れるはずだし、
また、薄れなければならない。

薄れるか薄れないかが、
軍事力や経済力を初めとする
両国の力関係で決まるとすれば、
もはやそれは、単なる「言葉狩り」である。

日本語を母国語(母語ではない)・公用語として使うのは、
日本国民・日本国のみである。

その「言葉狩り」に甘んじることは、
相手の民族に媚びていることに他ならない。

投稿日時 - 2012-12-01 13:17:25

お礼

へ?

投稿日時 - 2012-11-30 20:51:06

あなたにオススメの質問