こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

救護義務違反について

親が人身事故を起こしました。

事故を起こした場所は、いつも自転車が飛び出してきて危ないと知っていた場所。
当日も、坂道を勢いよく自転車で下ってくる子供が見えたので車を止めて待っていた所、
その子供がそのまま突っ込んできたそうです。

すぐに警察を呼び、その後病院で診察を受けて貰い自転車の弁償や治療費を払いました。
相手のお宅にもお詫びと説明に行ったそうです。お子さんの怪我の具合は鼻血で軽傷との事。

警察の方からも「罰金はくるだろうけど、免許の取り消しとかは無いと思うよ」との言葉を頂き、
親はほっとしたそうです。

ところが、最近になって「安全運転義務違反 救護義務違反」で39点と通達がきてしまいました。
救護義務違反ってひき逃げの事を指すと思うのですが、勿論親は逃げたりしておらず、
相手の子に大丈夫?等と声をかけたりしたそうです。

私としても納得がいかないのですが、今回どうしてこの様な処分が下されたのでしょうか?
今度意見聴取?で出頭するそうですが、この救護義務違反について指摘した方がよいのでしょうか?

この事故があってから気落ちしている親が、どうも免許取り消しになりそうだ…と更にガックリしているので、
少しでもなんとか出来ないかと思い質問してみました。

皆様の意見をお聞かせください。

投稿日時 - 2012-12-02 23:10:44

QNo.7827000

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>坂道を勢いよく自転車で下ってくる子供が見えたので車を止めて待っていた所、その子供がそのまま突っ込んできたそうです。

これが本当ならば、貴方の親に責任は全くありません。
しかし、

>病院で診察を受けて貰い自転車の弁償や治療費を払いました。

ということから推測するに、自己責任を自白したのに近い形で決着したのではでしょうか?
これは一番やってはいけないことです。
「私がこの子に怪我させました」
って宣言するようなものですから。
警察には止まってたのに「追突された」といい、居たくなくてもあなたが病院で処方箋をもらい相手(L子供)の交通犯罪(自転車は軽車両ですから)にしなければいけません。その上で支払などの交渉は保険屋に任せるのです。
そうしなければ、今の世の中勝手に悪者にされるのですよ。


>「安全運転義務違反 救護義務違反」で39点と通達がきてしまいました。
に至っては、免停を免れるのは至難の業です。
まず、刑事的に自分に責任が無いことを法廷で争わねばいけません。
法廷で無罪を勝ち取るのは最低限必要ですが、それだけでは免停は免れません。
おかしな話ですよね。無罪なのに…
しかし、それが日本の法律です。

警察は光津犯罪があった場合に、その有罪無罪が決まる前に決めつけで行政に「こいつがこんな犯罪しました。」と”行政”に報告します。
免許の点数を管理しているのは”行政”だからです。
行政は報告を100%鵜呑みにし、刑の確定前に点数の登録をします。
点数の登録が済んでしまうと、これを取り消すには裁判を起こすしかなくなります。
たとえ無罪だったとしても、一度登録したのを取り消すには裁判が必要なのです。
そのため、交通犯罪の裁判で勝つ→行政裁判で勝つという2段階の裁判を闘わねば点数はとりもどせません。

ご愁傷様です。

投稿日時 - 2012-12-03 00:34:23

補足

回答ありがとうございます。

私の説明不足で申し訳ありません。親は保険屋さんの方にお任せしていたそうです。
こちらは止まっていて正面から追突された事も警察に説明した様です。

無駄かも知れませんが、今度の出頭の時に逃げた事実はなく救護義務違反なのは納得出来ない事は伝える様、
言ってみようと思います。
これでは親が余りにも可哀想です…

投稿日時 - 2012-12-03 01:14:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問