こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

米留学のための海外送金・口座開設について

お世話になります。

来年春からアメリカに留学をします。

海外生活準備のため、citibankの口座を開設するつもりでした。
でも事前の調べが足りなかったため、eセービングの新規受付が
先日終了していた事をお恥ずかしながら今日知りました…。
そこで質問なのです。

今後citibankで口座開設し維持手数料がかからないようにするには
日本円50万以上が口座にあるか、もしくはクレジットカードを作る、という事になりますよね。
カードについて調べたのですが、ドルカードでも口座維持手数料免除はされるんでしょうか?
でもドルカードを持つとなると、キャッシングカードも持って使い分けるという事になりますよね。

色々自分なりに調べたのですが、単刀直入にうかがうと
citibankのeセービング口座の新規受付が終了した今
その次におすすめとなる方法はどんなものでしょうか?

三菱東京UFJ銀行も視野にはいれてますが、色々と日数がかかる事が多かったりするようですし
外貨取扱手数料もかかったりしますよね。



また、とても基礎的な流れの質問をさせていただきたいのですが…

(1)citibankなど海外送金ができる銀行で口座を開設する

(2)サイバーエージェントFX、それが難しそうであればマネーパートナーズなどで
 日本円⇒ドルにする。それをcitibankに入金

(3)渡米後、アメリカで銀行口座を開設し、citibankから送金する

で、もし親から仕送りをしてもらう場合は(citibankの場合)
citibankの円普通預金口座に振り込んでもらい、そのお金をドルに換えて
マルチマネー口座に。
という認識で良いのでしょうか…。

小額の場合は、普通に日本で使用しているクレジットカードを
使った方が良いのでしょうか?


頭の中が混乱してしまってるので支離滅裂な質問をしてしまっていたらごめんなさい。
以上、何卒宜しくお願いします。

投稿日時 - 2012-12-10 00:54:10

QNo.7837940

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アメリカでの利用については、シティバンクに口座開設し、シティバンクドルカード、外貨キャッシュカードを使い分けることをすすめます。どこに留学されるかわかりませんが、アメリカはカード社会ですが外国人労働者も多いため現金も流通します。(シティバンクドルカードが承認されることが条件です。)

たとえばマンハッタンの五番街ではなかなかATMが見つかりません。一方イーストビレッジなどダウンタウンではあちこちにATMがあります。ところがATMの引出し限度額が数百ドル程度ということが多くけっこう手間がかかり、毎回のATM利用手数料(2ドル+現地ATM手数料)はバカになりません。クレジット支払いができるならシティバンクドルカードを利用するのがお得です。

あと
1.なんでもよいので本人確認用に日本のクレジットカード
2.できるだけ現地で銀行口座とデビットカード
を持つことをすすめます。、

投稿日時 - 2012-12-10 19:37:26

補足

場所はロサンゼルスです。
やはりドルカードと外資キャッシュカードで使い分けが良いんですね。
カード払いはドルカードで、キャッシュが必要な場合は外資キャッシュカードで引き出しという事ですね。

あとお勧めしていただいた2番目「できるだけ現地で銀行口座とデビットカード」なんですが、
現地銀行のデビットカードを持つとどんなメリットがあるのでしょうか?

勉強不足で申し訳ないです;

また、citibankは「前月(※)の月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上」で
講座維持手数料がかからないようですが、これってドルで20万円相当って事で良いんですよね?
だとすると、クレジットカードを作らずに普通に口座開設したほうが良い気もしてきました;

投稿日時 - 2012-12-16 23:14:21

お礼

遅くなりまして申し訳ありません!
アドバイスありがとうございます!

投稿日時 - 2012-12-16 23:02:08

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問