こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Gmailのゴミ箱からの完全削除時間設定

普段、Gmailをメインで使用しています。
ここ最近、賃貸物件を探すために不動産屋にメアドを教えたところ、"ファーストコンタクト"という出会い系か何かのサイトから一日に十数通以上に及ぶ迷惑メールが届くようになりました。
着信拒否しようにも、Gmailにはその様な機能は無く、仕方が無いので自動的にゴミ箱に振り分けられるようにフィルタ設定しました。
それでも、時にゴミ箱を覗く必要があって覗いてみると、大量のファーストコンタクトからのメールがごっそり入っており、毎度気持ち悪く、不快な気分になります。

メアドを捨ててしまえば良いのですが、今まで使用していたメアドに変に愛着があり、出来れば残したいと考えています。

そこでもしご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたいのですが、ゴミ箱を定期的に空にする方法はあるのでしょうか?勿論、そのまま放置しておけば時間の経過と共に空にしてくれるのですが、これを自動的にもっと短いスパンで行うようにしたいのです。

以上、分かり難いかもしれませんが、方法をご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたく、宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-12-10 12:23:59

QNo.7838337

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

A.No1です。

再補足で申し訳ありません。

どうも解せないので、再確認したところ、ThunderbirdのIMAPアカウントでも、そのアカウント設定の「サーバー設定」に「終了時のごみ箱を空にする」のON・OFFができますので、これをONにすると、Thunderbird終了の瞬間にサーバーからも消えていますので、Web上で「ごみ箱」に直行したものは、起動→同期完了→終了でよいことになります。

迷惑メールフォルダに入ったものは、同じくアカウント設定の「迷惑メール」の設定に「○日以上前のものは自動的に削除する」がありますから、これをONにしていたら、Thunderbirdの起動だけで早めに削除できることになります。

投稿日時 - 2012-12-11 21:08:15

お礼

細かく教えていただき、ありがとうございます。
今まではWindowsLiveメールを使用しており、ごみ箱フォルダを右クリックして"ごみ箱フォルダーを空にする"を選択して中を見ないようにして削除していましたが、教えていただいた方法を使うとこの操作をしなくて良くなりそうですね。

今までThunderbirdを使用した事はありませんでしたが、導入を検討しようと思います。
ありがとうございました^^

投稿日時 - 2012-12-12 11:51:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

A.No1です。

補足ですが、勘違いの部分がありましたので、訂正方しておきます。

GmailのThunderbirdに設定したIMAPアカウント設定の「同期とディスク領域」の項目で、一定期間で自動削除をしないように設定(デフォルトでの設定)されていたら、各フォルダのプロパティでの設定が効かないようです。

定期的にThunderbirdを起動して、必要に応じて、ごみ箱フォルダの右クリックから「ごみ箱を空にする」メニューを実行しないといけないようです。

その意味で、自動削除は「なし」になります。

投稿日時 - 2012-12-10 22:33:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2012-12-12 11:47:06

ANo.1

Gmail固有の機能で、送信日が基準と思いますが、迷惑メールフォルダやごみ箱は30日で自動削除される仕様のようです。
しかし、この期間設定を変更できるような箇所はないと思います。

現実に利用していますが、考えられる方法としては、ThunderbirdにGmailのIMAPアカウントを設定(アドレスとパスで自動的に設定してくれる)してやれば、各トレイやラベルとその中にあるメールが同期して、ThunderbirdのGmailアカウントに表示されます。※もちろん、送受信も。

当然、Gmailのごみ箱や迷惑メールにあるメールも起動したThunderbirdの同期したそれに表示されます。
で、Thunderbirdは、メールの「保管ポリシー」として、デフォルトの共通設定ではメールを自動削除しないようになっていますが、ユーザーが希望した場合は、個々のフォルダ単位での「保管ポリシー」を設定できます。

従って、Thunderbird上のIMAPアカウントのフォルダ上で右クリック→プロパティで、次の自動削除の条件を設定してやれば、自動とはいかないですが、Thunderbirdの起動と同期完了→その後の再起動により、設定した個別の保管ポリシーが適用されるので削除してサーバーに同期した時点で、Gmailのサーバーからも削除できます。
〇最近のメッセージを次の数だけ残して削除(1通が最少設定可能数)
〇送信日時から、次の日数以上経過したメッセージを削除する(1日が最短設定可能数)

要は、通常利用としてThunderbird上でGmailのアカウントを扱っていれば、「迷惑メールフォルダを空にする」、「ごみ箱を空にする」による手動削除はもちろん、保管ポリシーにより勝手に削除可能ということになります。

投稿日時 - 2012-12-10 13:08:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2012-12-12 11:46:35

あなたにオススメの質問