こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高齢妊娠 流産

結婚が遅く不妊治療を始めたのが40才になってしまいましたが
個人病院で体外受精を4回
今回大学病院に変わり検査中に自然妊娠しましたが
8週目で「胎芽が成長していないみたいです。流産処置をしませんか」と言われました
1週間前の胎芽の大きさは9mmで今回は11mmでした

今回の診察前にピンクのオリモノが出ていて
『赤ちゃんダメかも』と覚悟はしていたものの2mmでも
成長しているとはならないのでしょうか(/_;)

私と同じような経験をされた方アドバイスを下さい。゜(゜´Д`゜)゜。

投稿日時 - 2012-12-11 09:29:42

QNo.7839644

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

同じ時期、似た経験をしたものです。
そうね、ちょうど今頃でしたね。
当時40歳になったばかりでしたよ。
7週辺りから成長と心拍がなかったのです。
3週も様子を見て待って・・・
それでも成長がなかった。
死亡宣告、繋留流産と診断されたのがイブでしたね。
翌日朝っぱらから掻爬手術のための処置が始まり。

一番素敵な輝きになるはずのイルミネーションは
涙でよじれて歪んで見えました。

DEERの場合は、全く成長がなかったです。

あなたは、心拍はあったのでしょうか?
心拍確認なしで2mm成長がありましたか?

心拍があったのか、今もあるのなら当然流産宣告はされないでしょうし、
あった心拍がなく、2mm成長しているということでしょうか?

心拍がないのであれば、1週間後でもなければ、やはり流産だと思います。
まさか心拍がありながら流産宣告はされないとは思いますが、
まさかでそうであれば、まだ様子を見られた方がいいですよ。

また、心拍がありながらにそう言われたのであれば、
他の要因で流産を言われたのだと思います。

投稿日時 - 2012-12-11 11:00:52

お礼

辛い体験を教えてくださってありがとうございました(/_;)

次の診察の時に心拍の確認をしてみます。

投稿日時 - 2012-12-11 18:30:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問