こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

霊感のある方、どんな体験がありますか?

同様の質問を検索しましたが、もうちょっと知りたいので・・・

私は霊感が無いので信じがたいし、テレビなどの霊感モノはほとんど信じてないのですが、霊感があるという人が知り合いに何人か居ます。そういう人達は自分から霊感がある事は言わないのですが、噂でその人が霊感あると聞いて、問い詰めた結果話してくれる、って感じで、ウソを言っているとも思えません。感受性が高いために見えないはずのものが見えてしまう・感じてしまうだけなんじゃないかとも思うのですが、そう否定しきれない気もします。(感受性低そうでも霊感ある人いるので)

私が直接聞いた話をあげると
●霊は見えないが、「何かある家」に入ると具合が悪くなる人。
●除霊した霊を一時的に引き受けるバイトをしていた友人。本人は霊感は無いけど、引き受ける瞬間「ドッ」と体が重くなると言ってました。
●人のような霊を見る人。自営業の印刷屋さんで深夜に仕事中、知らないおばさんが目の前を横切ったとか、運転中道を歩いている霊など見るようです。
●殺人事件のあった場所へ肝試しで行って、殺された人の霊を見た人。3人組で行って、2人が霊を見て逃げて来たので、見てないもう一人がやっとこさ聞き出したそうです。見た2人に私が聞いても話してくれませんでした。

ご自分に霊感があるという方、または信用できる知人の霊体験を聞いた方、どんな霊体験をしたのかお教えください。

投稿日時 - 2012-12-11 11:53:34

QNo.7839814

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そういう感性の人はそういう感性の人が判ります。
言い合わなくてもね。
お互いそういう話はしない、引き寄せるから。

投稿日時 - 2012-12-11 13:21:10

お礼

なるほど・・・私には知り得ない世界があるってことですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-11 19:21:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.4

友人の話でいいのでしたら。
見えた話。
深夜、曇りガラスの窓の外側に肌色の物体が(2階)。
恐ろしくも、窓を開け外側から拭いてみたものの取れなかったそうです。
さすがに窓から顔を出すのは怖くて、確認はしなかったそうです。
朝再び確認すると、もうなかったそうな。
(その夜、親戚のおばさんが葬式に出るとかで泊まりにきていたそうです)

深夜、ザザー、ザザーと誰かがお風呂に入っている音がしたので覗いてみると、亡くなったはずの祖父がお風呂に入っていたそうです。(ガラス越しに確認)

寝ようと思ってベッドに入った時のこと。
気がつくと足元にある押入れが、少しだけ開いていたそうです。当時一緒に寝ていた弟が閉め忘れたのかと考えていた矢先、中から白い手が出てきて押し入れを閉めたそうです。

この友人の話は、結構あります。

別の知人の話。
どうやら女性の霊に気に入られてしまったらしい話。(いわゆる霊視の出来る人に言われたらしい)
ご本人はまったく見えないそうですが、おそらくその女性が部屋の中を歩き回っていたらしく、積み重ねて置いた資料が、グッと踏まれたように何度もたわむことがあったらしいです。
これは本当に怖かったと言っていました。

投稿日時 - 2012-12-12 00:05:40

お礼

中から白い手で押入を締めるって、怖っ!
そんなホラーな霊体験ってあるんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-12 00:41:17

ANo.3

夜、友達二人と並んで歩いていた時、右側にいた友達の方を向いて話をしようと右を見た瞬間、自分のすぐ横(つまり友達と自分と間)に知らない誰かの顔があった。

人間って、180度までとはいかなくても、だいたいそれくらいの視野があるじゃない?
とっさの事で、後ろに誰もいない事が分かってたし(田舎なんで)、ザワ―――ッ!!っと鳥肌が立って、「ギャー!!」って叫びながら友達置いて20メートルくらい逃げちゃった。。。

ビックリした友達が追いかけて来て、「どうした?」と聞いたけど、そういう時って興奮してて自分でも何が何だか分からなくて説明出来なかったな。

後は、深夜、部屋のドア開けっ放しで寝てた時、ふと目が覚めてドアの方を見たら、父親の足が見えて、足の方向からこっちを見てた気がした。(父親は今も健在)

でも、その時は足しか見えなかったし、なぜかそこから上も見ようとしなかった。
自分でも何でそれが親父だと思ったのかも分からないし、なんで足から上を見ようとしなかったのかも分からない。

ただ、「明日起きたら親父に自分の部屋の前に来たのか聞いてみよう」「行ってないと言うのなら幽霊だな」と、なぜかそう漠然と思いながら、また寝てしまった。

恥ずかしながら、自分は極度の怖がり。
ホラー映画に出てくる幽霊や化け物なんか実際に出てきた日には、恐らくショック死するだろうと思う程のビビリだ。

にも関わらず、その時の自分がなぜそう思ったのかは分からない。
翌朝、父親に尋ねたら、やはり自分の部屋の前には行っていないと答えた。

そもそも自分の部屋は、家の間取り上、一番奥だから、誰でも通る場所でもないし、一度寝れば朝まで起きない父親が、深夜にわざわざ自分の部屋に来るなんて事は当然のように無かった。

しかし、それでも父親が嘘を言っているのであればそれまでの話だし(嘘をつかない性格なのは知っているが)、見間違い、夢と言う事も考えられる。
それでも、リアルか空想かの区別くらいは付くのだが、時間が経って冷静に考えれば、それしか無いのかな?とも思えてくる。

自分の体験は、主にそう言った夢か現実か区別の付きにくいものでもあるのだが、大よそ、霊体験なんてものは、そう言った部分が大半を占めるのでは無いだろうか?

真面目に答え、長文になってしまったが参考程度まで。

投稿日時 - 2012-12-11 15:58:39

お礼

ふと目が覚めて、の状態で見たのは、幻覚っぽいですね。知らない誰かの顔は、「見えて」しまったのでしょうか?これは怖い。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-11 19:26:33

あなたにオススメの質問