こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

店舗の又貸しについて

友人がでラーメン店を経営しています。業績が悪く消費税を延納し、仕入は掛け仕入が行えず現金仕入しかできません。公共料金の支払いもずっと滞納したままで社長の給与は滞り生活費がまかなえないため会社の資金を持ち出さなければならない始末。そんな状態で立地条件の良い場所にあるラーメン店の経営者Aから店舗を撤退するから跡地に2店舗目を出店しないかと提案されました。撤退する店舗は賃貸物件のため貸主との話し合いで新たな契約を行う必要があるにもかかわらずAは貸主と友人との直接契約をさせずAを通した賃貸契約をさせるよう友人に申し出たそうです。本来の賃貸料34万円に仲介料10万円を上乗せして毎月の賃料として払えば跡地を明け渡すというのです。出店資金も必要なのに親から借金して設備投資費用に充てるといっています。素人が聞いても貸主にそのことが知られればAのみならず友人までも責任を取らされざるを得ません。商売柄そのことで根も葉もないうわさがたてば会社全体の信用問題にも発展します。何とか説得しましたが、事業と生活が苦しいせいか出店さえすればすべてうまくいくと思い込んで耳を貸そうとしません。法律的知識の裏付けを持って説得したいのですがどうすればいいでしょう

投稿日時 - 2012-12-14 00:16:09

QNo.7844031

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

弁護士ではないため詳しくはわかりませんが。
Aは、どうして立地条件がいいのに撤退するのですか。
そこに変えても流行るのですか。流行るほどの味なんですか。
撤退しそうなら撤退してから貸し主と契約すれば出費が抑えられるのでは。

又貸しは見つかれば撤去して退室になるので投資が無駄になるのでは。

Aがその後、逃げたら話がややこしくなるのでは。

メリットがないのではないですか。利益がでたとしても、流行ったとしても又貸しが消えないため。最終的には店をやめなければいけません

そこまで友人は理解しているのでしょうか

投稿日時 - 2012-12-14 01:40:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問