こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「二枚舌」を使って威張るのがプロ法律専門家の仕事?

一般市民が強盗犯人などを捕まえようとして、
警察官の真似をした結果、犯人に怪我をさせ、
現行犯人に対する暴行・傷害容疑で、
強盗犯人もろとも警察に逮捕られることが多いようです。
諸外国ではあり得ない事態です。

現行犯人を捕まえる際の実力行使について触れた
昭50.4.3最高裁判決(しおかぜ事件)は、
(刑訴法213条でいう)現行犯逮捕(身柄確保)に伴う
実力行使に関するリーディングケースとも言われます。

この判例では、【警察官と私人とを問わず】、
「“社会通念上”必要かつ相当な範囲において」、
有形力行使が認められると述べられています。

ところが、そもそも“社会通念上”、警察官と私人とでは、
必要かつ相当と評価される実力行使のの中身が違う
という解釈が、当たり前のように「通説化」されています。

それ以前に、
同じ刑訴法213条(※)に基づいた現行犯人の逮捕なのに、

私人(一般民間人)による常人現行犯逮捕
⇒ 犯人を取り囲んだ「事実状態」(捕縛連行権なし)
→ マスコミ用語では「取り押さえ」

警察官にるよる現行犯逮捕
⇒ 公権力行使としての「手続き」(捕縛連行権あり)
→ マスコミ用語では「現行犯逮捕」

と、法的性質が全く異なっています。

(※)刑訴法213条・・・
現行犯人は、何人も逮捕状なくして、これを逮捕できる。

「そんなことも知らないのは法律のド素人だ」
と、鬼の首を取ったような顔をする法律家までいます。

これが「リーガルマインド」の正体なのでしょうか?

法学以外の学問、特に理系の学問の考え方から言えば、
これは「二枚舌」に他なりません。
こんな事で威張るのが法律家なのでしょうか?

投稿日時 - 2012-12-14 00:54:56

QNo.7844076

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

そうでしょうねとしか言いようがないですね。

試験では人間性は問われないでしょうから。


※他の利用者様のご迷惑にならないように自重しつつの回答になります。

投稿日時 - 2012-12-14 03:08:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問