こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

消費税増税と景気悪化について

明日明日衆議院議員選挙です。 どの党も消費税を増税又は増税反対でマニフェストをうたっていますが、増税分は本当に全額社会保障に当てるとは思えませんし、景気が悪い中増税したところで増税前の駆け込み需要で一時は税収に繋がるかもしれませんが、増税後は益々お金を使わなくなり消費が落ち込むのは見え見えです。
そもそも橋本内閣の時に消費税がスタートし、そこから景気が悪くなったのであれば、消費税を無くす事が出来なくても、3%に戻すなど減税すれば好景気に戻るのではないでしょうか? そうなれば消費も上がり増税にも繋がりますよね。 なぜ景気を良くするにあたり、消費税減税を訴える党はどこもないのでしょうか? それともやはり3%では全くやっていけないのでしょうか?
庶民の意見ですが宜しくお願いします。

投稿日時 - 2012-12-15 10:48:28

QNo.7845808

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

消費税増税しても景気は悪くなりません、”景気が安定化”するのです。つまり、景気の事より、貧富の格差が出来、正当な所得格差が生まれにくいと云う事が重要になって来るのです。子供の勉強の出来不出来に景気(元気)の要素がくわらずに、貧富の格差が係ると云う事です。このマンネリと言われる景気を解消するには、景気の良くなる税金として、消費税の仕入れ税額納税化を図る《生産費税》にするのが良いでしょう。5%のままでもかなりの税収が見込めます。

投稿日時 - 2013-09-19 14:17:59

ANo.8

投稿日時 - 2012-12-18 21:37:01

ANo.7

未来の党は、消費税増税に反対しています。しかし、永久的に消費税率を上げないとは言っていません。未来の党の機軸となる考え方は、小沢一郎の政策です。彼は、まず、行財政の無駄を省き、その後で、どうしても必要な負担は、皆で分かち合おうと言っています。その際の負担方法が消費税になるのか、直接税になるのか、負担が今より少なくなるのかは分かりません。

私の個人的な意見ですが、行財政の無駄を省けても、高齢化の年金問題、少子化対策、原発収束、道路等インフラ老朽化対策などなど、国として必要な支出は多くありますし、今まで先送り続けていたので、小沢一郎の改革を行なっても短中期的には、税金を増やさないと成り立たない様な気がします。
しかし、その改革が為されなかった場合は、短中期で日本は破綻する事となるでしょうし、改革が為された場合には、短期では負担が増えても長期的には日本社会は復活できると思います。

投稿日時 - 2012-12-16 01:58:38

お礼

ありがとうございました。
事業仕分けしても次々新手の手段を持ちかけて来るので行財政の無駄を省く事は結局無理でしょう。
改革・・・今の政治屋で出来る人は本当に居るのでしょうかね?

投稿日時 - 2012-12-16 22:42:59

ANo.6

消費税に関しては未来の党と共産党は否定的らしいです、後は公明党もそんな事を言っていますね、

投稿日時 - 2012-12-15 18:27:35

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-16 22:35:00

ANo.5

>>なぜ景気を良くするにあたり、消費税減税を訴える党はどこもないのでしょうか? それともやはり3%では全くやっていけないのでしょうか?

マスコミの差別報道で、政策が知られていませんが、それをうったえている政党は「幸福実現党」です。
ここは消費増税の撤廃を訴えていますよ。

世界情勢をみれば、アメリカは財政の崖が迫っていて厳しい状況にあります。オバマさんの景気浮揚策・失業対策は成果が上がっていません。ヨーロッパに目を向ければ、こちらも大不況で失業率も高止まり。貧困にあえぐ人が増えていますよね。そして、中国もバブル崩壊で、株価が1/3に下落したなんて報道がされています。
そして日本をみたら、シャープ・ソニー・パナソニックなど世界に名の知れた大手企業も、倒産寸前の状況になり、大規模リストラを実行しています。

こういう「いまにも日本の大企業が潰れそう!」という状況を政治家は全く分かっていないのです。経済オンチなんですよ。だから消費税減税を訴える党が、幸福実現党以外にはどこもないってことになっているのだと思います。
このままでは、世界大恐慌になってしまう可能性さえあります。

企業の社長さんや、その企業で働く父や母のこと、その家庭の子供たちのこと、就職活動している学生たちや求職者たちのことなんて考えていないのです。自分が当選することだけを考えているんです。私たちが喜びそうなことを言いながらも、当選したら1ヶ月もしないうちに、それらは忘れてしまい自分たちのことだけを考える嘘つきばかりってことです。

幸福実現党は3年前の衆院選の演説をそのまんま現在流してみても通用するものです。ブレはありません。嘘を言うと、信ずる宗教の教えに反することになりますからね。
信じる宗教の戒律により、幸福実現党は嘘はつけない政党なんです。

投稿日時 - 2012-12-15 14:51:03

お礼

ありがとうございました。 幸福実現党の方でしょうか?

>日本の大企業が潰れそう!」という状況を政治家は全く分かって・・・
分かっていない訳はないかと思いますが、その先にナニが待っているのかをもっと深刻に考えて欲しいものですね。

投稿日時 - 2012-12-16 22:34:13

ANo.4

日本の政治屋を操っている財務官僚の頭の中には、「減税」「税撤廃」などと言う言葉はみじんもないからです。 彼らは自分たちで自由にできる金をいかに国民から巻き上げるかと言うことしか考えていません。

投稿日時 - 2012-12-15 11:39:59

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-16 22:28:09

ANo.3

それは日本には政治家が既に絶滅してしまったからです。
政治家なら状況を読み、臨機応変に対応する事もあるのですが、政治家が居ませんので決めたなら終わり。
古い制度も制度としてあるから現状と言う事です。
僅かに残って居る政治屋も絶滅危惧種になっていますから、この様な状況は変わらないでしょう。
景気回復策も市場の状況や地域による格差、富裕層や貧困層と言う実態についても自分の目で見、自分の耳で聴き、自分の肌で感じていませんから、全てに於いて机上の空論です。
だから財政が苦しいから増税しましょうと安易な方向へ走る。
多くの方々も言っていますが、一般家庭では収入が下がればそれに対応する為に支出を下げる様に努力工夫する。
しかし国はそれをしない。
大本の収入が下がっているのに自分達の収入は下げず逆に上げ様とする。
だから景気悪化は止められません。
何処かの党首がインフレ率2%を目標に誘導すると叫いて居ますが、インフレになれば貨幣価値が下がりますので物価が上がる。
税金も上がり物価も上がり収入は減り続ける。
大倒産時代と大破産時代が訪れるでしょうね。
その先に有るのが国家の崩壊。
国会議員のセンセイ達より庶民の方が現実的感覚は高いでしょう。

投稿日時 - 2012-12-15 11:29:17

お礼

政治家が絶滅、その通りかも知れませんね。
『不景気は会議室で起きているんじゃない、日本全国で起きているのだ』ってところでしょうか。
どこまで行くと国家崩壊するのでしょうか?ひょっとしたらもう・・・

投稿日時 - 2012-12-16 22:27:27

ANo.2

 基本増税は景気悪化につながります。
無論減税は景気向上になります。

 しかし現時点では大幅な減税は不可能です。
理由は日本の国債格付けです。
 今現在は日本国債の格付けは
ムーディーズ       Aa3(Down)
スタンダード&プアーズ  AA-(Down)
フィッチ・レーティングス A+(Down)

 で消費税問題に関して各社コメントしており、消費税増税という路線でこの格付けが保たれています。もし逆に消費税減税を行えば日本国債の大幅格付けダウンが予測され、国債の利払いがかなり上昇します
 つまり景気回復による上昇よりも、国債の利払いが多くなっては意味がない

現在 日本の10年債 利回りは0.725%
で 先日スペインの10年債 利回りは7.25%まで一時いきました

単純計算で今現在 日本の一般会計による国債費(21.9兆円) が
 219兆円になります
なので正直、日本国債の格付けを下げるような行為は不可能に近いです

投稿日時 - 2012-12-15 11:24:24

お礼

早速回答頂きありがとうございます。

消費税に日本の国債格付けが関係しているのですね。 消費税を抑えて国債の利払いを抑える方法はないものでしょうか? 頭の良い人達が知恵を出せばそれくらい出来るのでは・・・

投稿日時 - 2012-12-15 14:50:50

ANo.1

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16533611
あたりでそのようなことが言われています

一時税収が増える事もなく、いついつから税率が上がるとなれば
お金をおいておかないといけないとなって、増税が決まった時から
お金を使わなくなり、その時から既に税収は減ると思います

税率を設定するから景気が左右される
とゆうよりも本来はインフレになったら税率を上げる
デフレになったら税率を下げる
とゆう設定が必要だと思いますが
何故か日本では一旦上がったものはそのままか上げるかの二択になってしまっていますよね

デフレ期にインフレ対策をするとゆうキチガイじみた事をしてしまっていますね
財務省に問題があるようです

投稿日時 - 2012-12-15 11:17:47

お礼

早速返答頂きありがとうございます。

消費税率の上げ下げを出来ればいいのでしょうが、なぜしないのか不思議です。
下がる前一時はかなり税収減になりますが・・・
他諸国で上げ下げしている国はあるのでしょうかね?

やはり財務省が影響しているのですね。

投稿日時 - 2012-12-15 14:30:08

あなたにオススメの質問