こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自民党政権と戦争の可能性について

今回の選挙について質問です。
本来は選挙前に質問すべき内容ですが。

選挙の論点であまり主題に置かれませんでしたが、
友人曰く「自民党が勝ち、安倍総理が誕生すれば、日本は戦争をする国になる」という主張をしています。

私の考えでは、これまでよりも親米になるかもしれませんが、
それで例えば中韓などと戦争になるということは、直近では考えづらいです。
アメリカや日本にとって、パワーバランスやお互いの経済のために、
戦争という選択肢は現実には取られないように思います。
憲法改正などを経て、将来的に、ということでしょうか。


「安倍政権→戦争」という議題について、
説明できる方がいらっしゃいましたら、意見を伺いたいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-12-17 01:11:30

QNo.7848489

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

安倍さんが親米としますと、現在のアメリカは、かなりの親中国ですよ。

従い、安倍さんが、核保有国の中国に対して、日本が単独で戦争を仕掛ける度胸が無きゃ、とても中国と戦争なんてコトにはならないです。

韓国に至っては、日本と同じ西側陣営です。
韓国側が攻め込んで来るなら別ですが・・・むざむざ負けに来るようなモノだし。

たとえ憲法改正しても、国連や国際法重視が基本で、対米追従の日本の外交が、コロっと変わるワケもないです。

領土問題などはさておき、中国・韓国が言ってるコトが理不尽なんです。
彼らの主張の根底は、「日本の歴史認識を質す」と言うコトであって、これが大きなお世話の「内政干渉」です。

歴史や文化は、国家の重要なアイデンティティの一つであって、国にとっての誇りなんですよ。
他国の影響も受けて作られてきたものではあっても、他国の干渉を受けて、変更される様なモノではありません。

干渉などを受け入れたら、我が国における創世記である日本書紀や古事記まで、彼らによって改竄されますし、日本が主張する領有権の歴史認識まで変更されます。
逆に言えば、日本の領土を欲するからこそ、日本の歴史をも自由にしようとしているワケで、それは卑劣で許されざる行為です。

主権国家である日本が、日本人に教育する「日本の歴史」は、日本独自のものであって、それは別に世界中から受け入れられずとも全く問題はありません。

安倍さんは、主にそう言う部分を主張しており、純粋なナショナリスト(≒国益主義者)だとは思いますよ。
国益主義の先には国粋主義があり、更にその先には軍国主義などが存在することも確かですから、要注意は必要ですが。

ただ、国益を重視すれば、日米関係,日中関係,日韓関係なども重要であって、それをないがしろにする様な政治家ではないとは思います。

まあ純粋過ぎて・・・「美しい国、日本」みたいな判りにくいフレーズを付けたり、頑固だったり、また打たれ弱いところがあるなど、難点もありますけどね。
6年間で、そこら辺が修正されていれば、卒・自虐史観教育など、日本を適度に右傾化させ、バランスを修正してくれるのでは?と思います。

自衛権を行使する目的の、武装化した組織を、「軍隊では無い」などと屁理屈をこねくり回したところで、世界は軍隊と認識しており、世界の軍事費ランキングなどでも、日本の防衛費もキッチリ6位にランキングされてます。
上位国の中で戦争放棄を掲げているのは日本のみですから、日本は世界一の防衛大国です。

日本の防衛力が上がって困る国や勢力が、「右傾化だ!」と騒いでいるだけで、自衛隊が自衛軍に名称変更したところで、日本や日本人にとっては、さほど困りませんし、直ちに何かがあると言うワケではありません。
もし中国や韓国が、それを盾に、何かを仕掛けるとすれば、言いがかりに過ぎず、それは中国や韓国が「悪」です。

投稿日時 - 2012-12-17 10:14:36

お礼

具体的でわかりやすかったです。
ありがとうございます、

安倍さんが純粋なナショナリスト、国益主義であり、その先に軍国主義の理念が存在し得る。加えて自衛隊の名称変更や明記に対し、多くの国民が不安を感じているようですが、それがそのまま戦争に繋がるというわけではなさそうですね。

また自衛隊を世界はどのように認識しているのか、そのあたりのギャップはきちんと冷静に私たちも捉える必要がありそうですね。

投稿日時 - 2012-12-18 04:13:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

戦争は片方の意志だけで起こるので、どの政権がとっても戦争する国になりますよね。

そもそも陸上攻撃の軍隊を持たない国が、どうすればそのような主張になるのかわかりません。

投稿日時 - 2012-12-21 00:05:44

お礼

お返事がだいぶ遅れました。
たしかに。どこかの国が攻撃してきたら、どうするのか。

今回の質問で色々な方々の意見を聞き、
日本の軍事の現状について考える良いきっかけになりました。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-01-05 21:09:09

ANo.8

憲法9条の第二項に自衛権と自衛隊の明記くらいなら、日本が戦争に巻き込まれるとは思いません。

ただし、自民党のHPにある憲法改正草案やQAを見て欲しいのですが、万一、自民党の憲法改正草案2012がそのまま成立してしまうと、このままでは戦争になる可能性があります。

その理由は自民党の憲法改正草案2012の中身が、まさに自由主義と民主主義を否定しているからです。

自由主義と民主主義とは「個人主義」を根幹とし、自然権=天賦人権説に基づく「個人の尊厳と自由」を基本的人権とします。

ところが自民党の憲法改正草案2012は、国家主義や民族主義の「全体主義」を根幹とする、国賦人権説を取る。

それが判るのは現行憲法の言う基本的人権が「生まれながらにしてある人権」であるのに対し、自民党の言う人権は「共同体の歴史、伝統、文化」に基づく人権だからなのです。

すなわち自民党は名ばかりで、実体は国家社会主義党=ナチス党と同じだということです。

かつてナチズムを掲げたナチス・ドイツは、第二次世界大戦を引き起こしました。
その歴史を振り返るとき、まさに自民党の今の姿と重なるはずです。

従って自民党の掲げる憲法改正草案2012が成立するような場合、その場合は「安倍政権→戦争」の構図はあてはまる事になるでしょう。

なにせ安倍ちゃんは「憲法改正草案2012で改憲を推し進めようとしている」のですから。

自民党の憲法改正草案2012を叩き潰し、廃案にして完全に消滅させなければ非常に危険です。

私は元自民党支持者として「自由主義と民主主義の保守」たる自負があるので、保守の目から見ても今の安倍自民党の目指す改憲は非常に危険であると警告せざる得ません。

投稿日時 - 2012-12-17 21:07:51

お礼

憲法草案2012、時間があるときに見てみたいと思います。
それが全体主義化や民主主義の否定、基本的人権の意味合いを変えるほどのものなのか、考えてみます。

ナチスドイツとの比較は、今の自民党というより、小泉政権時から度々出てきてますね。当時を振り返るとワイドショー染みたこじつけも多く、共通点が多いから同じ道をたどるというのは疑問でしたが。

改憲に限らずなにかを変えるときにリスクが常に存在するのは当然だと思うので、その必要性と、危険性。よりよく見極めたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-18 04:22:49

じゃあ、無防備になって併呑されればいいの? その友人は頭がおかしいです。
たぶん9条固持という幻想に犯されたのか、田中真紀子のような妄言しか頭に
入らないのでしょう。まあ、彼女は落選しましたが。

投稿日時 - 2012-12-17 09:46:12

お礼

頭がおかしいといってしまえばそれまでですが。。
結構常識も人望もあるし、勉強もしている人の発言なので、
少し理論が飛躍しててもインパクトがあったのです。

もしかすると政治に関して感情論というか、善悪論みたいなものが強すぎるのかもしれません。

政治家も、対立する相手をまるで悪のように否定したり小馬鹿にしたりする風潮が目につきます。理屈で紐解いてくれる人が増えてくれれば投票する側としてもありがたいです。

投稿日時 - 2012-12-18 03:56:59

第二次世界大戦のような戦争はもう起きないとは言え、日本の戦後においても、ベトナム戦争や朝鮮戦争がありました。中国の力が強まることは確実な情勢の中、アメリカが唯一の超大国ではなくなり、日本の国力が落ちていくことは既に規定路線。国力を補うために、負け犬は死んでお国のために尽くす、というアメリカの習慣に習うということはありえるかもしれません。

投稿日時 - 2012-12-17 09:26:16

お礼

戦争は姿形は変わっても世界中で起こっていますよね。
それが見えないからこそ、より将来に不安を覚えるのかもしれません。不謹慎かもしれませんが、おばけのように。

仰っているアメリカの習慣というのが具体的にイメージできませんでしたが、日本の国力をどうやって補うか。軍備以外にもエネルギー政策なども絡む、大きなポイントになりそうですね。

投稿日時 - 2012-12-18 03:49:26

平和のために、抑止力・パワーバランスなど専門的な部分でしっかりとやれると思っています。
米・東南アジア・インド・(台湾)などとの協力関係が必要です。
平和はひとつの国で実現できるものではないと思います。
外交こそが必要ではないでしょうか?

安部政権-->戦争 という図式はまったく無知な考えでしょう。

憲法改正は、やっておいて損はないと思います。
このままでは、自国を守れない国になると思います。
日本だけ国防面で遅れた国にしておくことは、特定アジアの願望に過ぎません。
日米安保の上に憲法改正で独立国として当たりまえに軍隊が必要かとおもいます。

これまでは、日本の憲法は世界一平和主義な憲法で誇れる!!みたいなうぬぼれは禁物かと。。。
この世には国際法を守れない国もありますから。 法を守れない者には強制執行が必要です。

投稿日時 - 2012-12-17 04:56:03

お礼

たしかに、日本の憲法は平和主義といっても、
アメリカに守ってもらうことが前提で成り立つものですよね。
それでいて、中国、韓国の台頭があり、領土問題あり、
このままいって自国の利益や平和を守れないようでは、
平和もなにもありませんね。

まさに外交を新しい政権にはうまく舵取りしてほしいところです。国防を進めることが、きちんと抑止力になり、私たちの国が平和であるようにパワーバランスを保てれば良いですが。

そのために他国のような軍隊が必要かはわかりません。
しかし他方との協力関係のなかで平和は実現できるもの、
という意見は頭に置いておこうと思います。

投稿日時 - 2012-12-18 03:45:16

ANo.3

それを言うなら「日本は戦争ができる国になる」でしょ。
「できる」=「する」じゃないんだから。

それを「日本は戦争をする国になる」て変換する人と政治の話はしないほうがいいと思います。
政治の話をしても徒労に終わりますよ。

投稿日時 - 2012-12-17 02:13:23

お礼

しかしそういった主張をする人のほうが、
私よりも数倍知識武装して話してくるので、
よく勉強しているな、と感心するんです。

「戦争ができる」国になってしまうことに危機感を覚えてるのでしょうね。変換は極端でしたが。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-12-18 03:34:14

ANo.2

 例えば憲法改正により自衛隊を国防軍に変更、そしてPKOなどに参加すれば
日本が戦争に参加する国になります。
 
 しかし防衛力の向上、法整備や、練度の習得、米国との密接な連携が取れれば
日本が中国から攻撃される可能性は格段に減ります

 そもそも『平和』と『戦争』は両立が可能です。
平和とは状態を表す言葉で反対の意味は『混沌』
戦争とは手段を表す言葉で反対の意味は『話し合い』です

 そもそも中国はフィリピンなど軍事力の弱い国家には軍事的恫喝をして
軍事力のないチベットは侵略します
 しかし圧倒的な軍事力を保有する米国相手には喧嘩は売りません

『日本は戦争をする国』というのはその点でも日本は平和になるのです

投稿日時 - 2012-12-17 01:38:20

お礼

平和と戦争は両立が可能、とは興味深い考えですね。
しかし仰ることは理解できました。

日本が戦争に参加可能な国になっていくこと、国防軍という名前への抵抗、そういったものが友人の主張に繋がったんでしょうか。

中国や北朝鮮等、隣国の脅威に対して喧嘩を売られないためにも大事な問題ですね。実質的な国防力、アメリカとの連携、注視してみようと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-18 03:28:10

ANo.1

安倍政権→戦争と即座に進むことはないと思いますが、尖閣については安倍さんは一歩進んだ対策を取るでしょうね。
従って、今までよりももっと危険領域に行くことは確かだと思います。
それは、安倍さんが“弱腰の民主党とは違うんだ・・”というPRの側面もあるし、そもそも自民党が国家・民族主義的カラーを持っているという側面もあります。
合わせて9条改正の道筋も築くでしょうね。
そういう一連の行動が“諸刃の剣”であって、うまくいけばいいのですが失敗したら安倍さんの失脚につながるので、そこを見極めているということもあるかも知れません。

投稿日時 - 2012-12-17 01:35:51

お礼

領土問題について、更に強気というか、踏み込んだ政策に出る可能性は強そうですね。
諸刃の剣というのはそうかもしれませんが、そこはベテランの政治家らしく、良きバランス感覚でこの情勢を乗り切ってくれることを期待します。私たちも見極めないといけませんね。

簡潔でわかりやすい回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-18 03:20:33

あなたにオススメの質問