こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

下記がベストアンサーに選ばれていますが

KVAをKWに変換してから計算しなくていいのですが????



相回路に単相が入ると不平衡になるので三相の中の単相要素で各相の電流値は変ります。
>この600kVAという情報のみ(1φ、3φなどは仮に不明とする)で高圧CT比は求められるのでしょうか?
600KVAがすべて3相なら600/6.6/1.73=52.5A
私の場合、概略値ですが
1φ(Tr1):100kVA-3φ(Tr2):200kVA-3φ(Tr3):300kVAの場合は
100/6.6+(200+300)/6.6/1.73=58.9A
CT比は裕度(1.25~1.5倍)をみて直近上位の100Aを選定します。

受電用のCTは電力会社との打ち合わせによりますが、大体以下のとおりです。
設備容量(KVA) 150   200   250   300   400   500   750   1000
変流比(A)    20/5  30/5  40/5  40/5   50/5  75/5  75/5   100/5

投稿日時 - 2012-12-19 09:13:25

QNo.7851788

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 >1φ(Tr1):100kVA-3φ(Tr2):200kVA-3φ(Tr3):300kVAの場合は
この数値は、あり得ないですね。
単相回路は、三相回路にぶら下がる形となるので、例えば、
 (Tr1)  1Φ/3Φ回路:300kVA
 (Tr2、3)3Φ回路:150kVA x 2
という形になります。

 >100/6.6+(200+300)/6.6/1.73=58.9A
この時、単相回路も三相回路も線間電圧Vに対しての線電流が流れるので、
 P1 = V・I1・cosθ
 I1 = P / (V・cosθ)

 P3 = √3・V・I3・cosθ
 I3 = P / (√3・V・cosθ)
となります。
線電流は、これらのの合成電流Iとなりますので、
 I = I1 + I3
となります。

つまり、WをVAに直す必要があります。

投稿日時 - 2012-12-20 15:00:37

ANo.1

質問じゃないんで、自分のサイトなりブログなりで書かれては。

投稿日時 - 2012-12-19 13:25:30

補足

いえ

KVAをKWに変換しないでよいのかの

質問です。

投稿日時 - 2012-12-20 09:58:15

あなたにオススメの質問