こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

掃除に重曹って当たり前?

テレビや雑誌などで掃除の特集など見ていると、当たり前のように重曹を使った対策が多かったです。
本当に当たり前のように出してくるんですが、重曹ってどこの家庭にもあるものなんでしょうか?

確か掃除においての役割は研磨剤みたいなものだったと思いますが、あるブログでコンロの五徳の手入れの仕方で、鍋に水と重曹を入れたものの中に放り込んで煮れば良いというのがありました。
写真では綺麗に汚れが取れていましたが、重曹に汚れを溶かす作用ってありましたっけ?

化学薬品の方が頑固な汚れには強いというイメージがありますが、重曹って結構効果があるものなんですか?
どういう作用をするものなんでしょうか?
環境に良いと聞きますが、環境問題を度外視して汚れを落とすことだけを考えたら、やはり市販の洗剤の方が効果がある?

なんだかいろいろ質問してすみません。

投稿日時 - 2012-12-29 17:05:06

QNo.7866903

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

酸と塩基(アルカリ)ですね
重曹は塩基(アルカリ)です
酸と混ぜると中性になります
その性質を掃除に利用して汚れを落とすのです
逆もまた然りです

確かに、業務用と呼ばれる科学洗剤は凄い効き目が有ります
ただ、強力な分、
肌に触れると炎症を起こしたり、
環境への配慮であったり
普通の洗剤より高価であったりします

混ぜるな危険は、混ぜると化学反応で有毒なガスが発生するので
混ぜては駄目です

他にも、脂に油が混ざりやすい性質を利用して
汚れを落とす方法も有りますね

投稿日時 - 2012-12-29 17:20:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

つまりはアルカリで食品なので体には無害、これにつきます。

我が家ではアレルギーの住人のために界面活性剤も避けています。化学合成洗剤は汚れ落ちと利潤追求のために製品化されていて、人体への安全性は二の次です。

酢と石けんと重曹でほとんどの掃除を始めたら、これのが安いことに気がつきました。その上手が荒れません。

重曹では手が乾燥しますがクリームで補充すればOK。しかし合成洗剤の香料や界面活性剤や諸々でアレルギーは悪化しました。

焦げ落としやフライパンの油汚れには最高です。コーヒーカスで油をあらかたこそげ取り、重層人さじとお湯で綺麗になります。今までガンガン洗剤を使っていたのは何だったんだろうと思いました。

投稿日時 - 2012-12-29 19:29:10

ANo.4

重曹(炭酸水素ナトリウム)やよりアルカリ性の炭酸ナトリウムは、そのアルカリ性が油脂やタンパク質を分解するので家庭用洗剤成分として有用です。
マジックリンなどもアルカリ洗剤ですね。

なので重曹でなく、水酸化ナトリウムでも同じような効果が得られるはずです。
pHが高いので取り扱いが難しいですが。

そもそも石けんは油脂分とアルカリ物質を混合したものです。

市販のアルカリ洗剤は洗浄成分や界面活性剤などを配合していますので、アルカリ物質単体よりも当然洗浄能力は高くなります。

投稿日時 - 2012-12-29 18:08:38

ANo.3

ANo1pigunosuke
補足です
重曹は食品添加物として、一般家庭にありふれた商品です
炭酸水素ナトリウム、略して(タンサン)です
ケーキの膨らし粉や、野菜の灰汁取りとして使われています

投稿日時 - 2012-12-29 17:29:49

ANo.2

ですよね。

投稿日時 - 2012-12-29 17:24:51

あなたにオススメの質問