こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

創業を計画していますが、後輩に非難されました。

私は3年後に創業を考えているのですが、昨日、「こういう福利厚生があれば良いな」と言う
メモ書きと、簡単に事業内容として経営・ITコンサルティングをしようと考えている旨をメモしました。



私は現在、32歳で、中小企業診断士の資格を取る為に学校に通っています。
診断士を取ったら、晴れて経営コンサルティングの会社を開業しようとしています。

昨年の春、大学院を卒業後、診断士取得に向け、現在は、IT系のヘルプデスクの仕事をしています。


そんな中、部活動を通じて知り合った東大に通う後輩がいるのですが、正月早々にご飯をした時に「メモを見せてほしい」と言われ見せた所、非難の嵐が吹き荒れました。


後輩が言うには、私にまず、ITコンサルティングの経験があるのか?プログラミングのスキルがあるのか?が
争点になったようです。


私は20代を全てSEとして勤務していました。
日系企業で、システム基盤の技術者をしていて、その後、外資系でも基盤系のコンサルタントをしていました。

システム基盤とは、WindowsなどのOSを中心に扱う分野で、IT業界の1割ほどしか人員が居ない分野と言われています。

OSやネットワークなどを専門に取り扱う技術者の事ですね。



それを経験した後、30歳になった時、会社をやめて自費で大学院へ通いました。

なので、履歴書上は特に長期間働いた経験もありませんが、システムに携わってきた経験はあります。


が、後輩にそういう仕事の話をするのも、職務経歴書を見せるのも必要が無い事なので、しておりません。


その上で、後輩から「プログラミングが分からないのに、ITの専門家って標ぼうできるのですか?」とか言われております。


後輩は、4名程度の零細IT会社でアルバイトのプログラマーをしています。
本人の話では、コンピュータ科学をマスターして、プログラミング技術も相当高い物を持っていると言っていました。


そんな彼から先ほどもメールで、「もう少し真剣に考えた方がいいかと思います」とメールが来ました。

私は今までの経験から、IT系の国家資格、マイクロソフト等のベンダー資格を保有していますし、仕事でも資格取得を求められてきました。
実際、それによって顧客からの請求単価が変わるからです。


かつ、通常、インフラの技術者はプログラマーでは無いので、プログラミングスキルもそれほど高くはありません。
私も応用情報技術者試験に合格しましたが、試験に出てくるレベルのソースや読めますし、バッチ処理のバッチを作成するなどはしてきましたが、高度なアプリケーションは作れません。


ただ、後輩君はそれを全否定しています「資格で実力をごまかしても、経験がないのがばれる!資格を重視しすぎではないでしょうか。」との事です。

何度説明しても彼には理解してもらえませんでしたが、私の中で資格は「あくまでスタートラインに立つ知識を持つ事を証明しているだけで、持っていないと本人がきつい」と言う考えです。



早速、公的機関の創業支援サービスを申し込み、事業計画や社内制度などを整備していく物と考えていたのですが、やはり後輩としては「いま、すでに完成しているか?」が重要なのかな?と感じました。



確かに、診断士で独立開業をしている人らは全体の2割弱と、非常に少数派ですし、業務独占資格では無いので、開業自体は難しいと思っています。

そこで経営だけでなくITも手掛けれる会社となると、限られたコンサルティング・ファームしか無くなるので、
特に、大手のコンサル会社に頼む資力が無い会社にとっては、良い事なのではないかと感じております。


かつ、創業して数年は一人社長をしようと考えているので、本来、後輩に批判される筋合いも無いのですが・・・・



後輩の言う点には正しい点もあると感じていますが、根本の思想的な物が違うのかと感じています。





実際、中小企業診断士や経営コンサルタントの方から、その他、経営コンサルタントを活用した事のある社長様からご意見を頂ければと思います。

投稿日時 - 2013-01-03 12:31:02

QNo.7873301

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 キミが正しい。
 所詮資格など入口用のパスと同じ。資格を取ったからといって成功が約束されているわけではないし、東大にいるからといって別に賢いわけじゃない。(おそらくペーパーテストは成績よかったんだろうけど。)

 それよりキミのビジネスの目のつけどころがいいと思う。いまIT産業は大企業から中小企業へとその領域を広げようとしている。その際特に重要なのは、雑多なシステム間の調整。メーカーの違いOSの違いデータ構造の違い、あるいは新旧システムの入れ替えなど現場ではこういった件で整合性を取ることに難儀している。そしてそれが出来る人材も少ない。
 プログラミングなど所詮ワーカーの仕事。もちろん出来たほうがいいが、あらゆるプログラムに目を配ること自体が不可能。そういった人は必要に応じてメンバーに加えればいいので、むしろ要望に応えていかに短期間に安い費用でできるかが重要になる。なのでそういったSEなどの立場の人は会計知識が不可欠とさえ言われている。

 仕事にせよ何にせよ、方向をイメージできる戦略性と技術は分けて考える必要がある。いくらプログラミングが出来ても特定の分野ではやがて(COBOLやFORTRANのように)消えていき、さりとて言語にはすべてに使える汎用性のあるものはない。(いまならCとJavaぐらいか)

 とにかくコンサルタントということは、相手の要望に対応して課題を解決するのが目的。ならば解決すべき課題と使われる技術は毎回違うということを想定しておく必要がある。プログラムにこだわってたら墓穴を掘ることになる。

投稿日時 - 2013-01-04 17:15:06

お礼

コメントありがとうございます!

自分でももう少し考えてみます。( ^∀^)

投稿日時 - 2013-01-04 18:54:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>私は20代を全てSEとして勤務していました。
>日系企業で、システム基盤の技術者をしていて、その後、外資系でも基盤系のコンサルタントをしていました。
>システム基盤とは、WindowsなどのOSを中心に扱う分野で、IT業界の1割ほどしか人員が居ない分野と言われています。
今時はネットワークというかインターネット系のASPやクラウドが全盛期のITの業界。
Windows系だともう今更感がありコンサルタントとしては役に立たない。
SEとして上流工程から下流工程まで一通りやってきているのか?

>システムに携わってきた経験はあります。
つまりは旬の技術などの知識は無いと言うことですね。
まぁ欺してなんぼでやるならいいけど(そのかわり後からもめる可能性はある)
リアルタイムの知識がないとなるとコンサルタントはきついでしょうね。

>その上で、後輩から「プログラミングが分からないのに、ITの専門家って標ぼうできるのですか?」とか言われております。
これは正しい。
プログラミングもできないやつの卓上の知識だけの理論だけ作る仕様書は糞のことが多い。
そうすると下流工程の実働部隊が苦労する。

>私は今までの経験から、IT系の国家資格、マイクロソフト等のベンダー資格を保有していますし、仕事でも資格取得を求められてきました。
まぁそれはそれだけどある程度のレベルになると大事なのは資格より実務経験。
それを表すためのスキルシートや職務経歴書が重要。

>ただ、後輩君はそれを全否定しています「資格で実力をごまかしても、経験がないのがばれる!資格を重視しすぎではないでしょうか。」との事です。
これも正しい。知識だけで実が伴っていない人は多い。
知識詰め込み型の資格と実務でのノウハウとなると実務でのノウハウの方が強い。


それと質問者は情報処理業界の各社にコネはあるのか?
コンサルタントだけしてはい終わるではないでしょ。
コンサルタントに応じてシステムの開発が必要になればソフトハウスとの橋渡しができるのか?
(橋渡しするためにもコネはものすごく大事)
しっかりとそのソフトハウスとクライアントと橋渡しをしてクライアントの要求を伝えたりソフトハウスから適切な金額で開発をしてもらったりできるのか?
(ここで上流工程から下流工程までやってきたのかきてないのかでかなりやりとりできる情報のレベルが変わる)
またシステム(ハードウェアを含む)を入れ替えとなった場合には卸のメーカとのやりとりをしっかりできるのか?(こういう場合家電量販店でPCを買ってくるというレベルではないぞ)

投稿日時 - 2013-01-06 20:53:22

補足

失礼とは存じますが、プログラマーのご専門でしょうか?

指摘を頂いた内容ですが、外資でインフラをしている人間でしたら全て経験済みの話です。


業界の慣習と言うか、ある程度分かった上での質問の投稿でした。

後輩からの意見は中々、実態とはかけ離れた想像のお話しかと感じています。


なお、アプリケーションの基本設計ですね。やってました。

高度情報技術者だから、出来て当然ですね。

投稿日時 - 2013-01-07 19:25:58

あなたにオススメの質問