こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人類の進化について?

人類の前に色んな人間に近い種(ネアンデルタール人、北京原人、ets)がいて絶滅したと聞きましたが、なぜ今の人類だけが進化したのでしょうか?過去には180~200センチで脳要領
も今の人類が大きい種もいたのに!なぜ種を依存できなかったのでしょうか?

それに、どうして人類には黒、黄色、白のように肌が違うのでしょうか?子供の頃はアフリカは
暑いからやけて黒いと思っていました。笑

投稿日時 - 2013-01-07 11:49:39

QNo.7879814

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

皮膚の色の件は済んでいるようです。
 
> 現世人類とネアンデルタール人などと違ったのは現世人類の凶暴性にあるのでは?
> ネアンデルタール人は生きる為に動物を殺す、例え同じ人種であっても(より動物性)が強く。あえて動物や同種を殺さなかった、が、現世人類は生きるために動物を殺すだけでなく、支配する為に殺す(より人間的)といったようそが強かったため、ネアンデルタール人や他の種をころしてきたのではと思います?
 
そうかもしれませんが、はっきりとはわからないです。
現世人類が積極的にネアンデルタール人を攻撃したという状況も確認出来ていないようです。ネアンデルタール人が絶滅した頃の気候は厳しいものがあり、ネアンデルタール人にとっての食糧事情が悪くなって絶滅した可能性もあります。(ネアンデルタール人と現生人類は、体格、喉の構造など身体的特徴が大きく違い、言語コミュニケーション、大集団を形成する能力、使用する道具に関する情報伝達も違ったし、もしかすると投擲に関する能力獲得にも差があったのかもしれません。大型動物が少なくなったとき、その時代が寒冷ですと、ネアンデルタール人が滅びるということはあったのかもしれません) 
生物の種の絶滅の多くは攻撃されるよりも、食糧事情が悪くなってしまうことが大きいようですから。 現生人類やネアンデルタール人が絶滅させた生物種も多いですから、なんともいえませんが、多くの場合、食料や毛皮、牙を得るために取ったりしたため、あるいはある地域を開拓したためその地域である種の生物にとって食料が獲れない地域になったためであって、現生人類が他の種を支配するため、あるいは現生人類が殺戮好きであったためというのは、あまりないと思います。
現生人類の中でも、ある民族や集団を絶滅させたりすることはあったのでしょうが、それも多くの場合自分たちの領土(食料や資源のとれるところ)の獲得の結果であったり、病気を持ち込んでしまったためであったりするようで、殺戮が趣味?ということではないようです。
鮎などの魚、鳥、その他哺乳類などでも、自分のテリトリーには執着するので、そうした争いは生物にはつきものです。
なお、現生人類もネアンデルタール人も、脳が大きいので、不安を感じ、予防防衛するために攻撃するという特性をもった可能性はあります。 他の動物は同種で争う場合も、予防防衛のために攻撃するようなことはしませんから。 今の世の中でも、不安を強く感じている人が、突然周囲に攻撃を仕掛けることがあり、不満や不安を多く抱えている集団や国家が安全確保や防衛を理由に周囲に攻撃を仕掛けますから、現生人類もネアンデルタール人も、他の動物よりは、仲間に対しても攻撃的なのでしょう。 ですが、それが原因で現生人類がネアンデルタール人を絶滅させたという可能性は低いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-01-08 19:56:59

お礼

ありがとうございます。現世人類が殺戮マニア的なニュアンス少し言い過ぎだったと思います。(ただ、絶えず戦争が存在してたので)ネアンデルタール人の言葉(発声)が
現世人類よりおとってた事は認識してました。やはり食糧事情が原因かなっと思います。参考になりました。
もしもですが、現世人類が遺伝的に子孫を残せない種がいたなら滅ぼしてきた可能性もありますよね。例えですが黒人と白人の遺伝的子孫が残せなかったら技術的に優位なほうが生き残るでしょう。

投稿日時 - 2013-01-08 23:16:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

以前NHKのドキュメンタリーか何かで見た事ですが、
現在の人類とネアンデルタール人の決定的な違いは喉の構造だそうです。
現在の人類の喉笛はネアンデルタール人のそれに比べかなり下の方に位置するそうで、その為に発音できる音の数がはるかに多いのだとか。
結果、現在の人類は言葉を複雑化する事が可能になり、それによる情報伝達量が飛躍的に伸びて経験の継承がスムーズになった。
つまり、教育ですな。
小学生の学力の人より高校生の学力の人の方が一般的に役に立つように、持っている知識の量は生存競争において有利に働くのでしょう。
なお、身体能力的にはネアンデルタール人の方が優れていたそうで(でかい、強い、速い、持久力がある)、もしネアンデルタール人がオリンピックに出たら金メダルは総て持って行かれだろうと言ったましたね。
ネアンデルタール人はそのがたい故に大型の動物を狩猟の対象にしていたそうです。
それが乱獲によって減ってしまった為、食糧危機に陥ったとも言ってましたな。

投稿日時 - 2013-01-08 12:54:28

お礼

ありがとうございます。ネアンデルタール人も身体能力だけでは生きていけなかったのか?と思います。やはり食糧事情が大きな原因だったのか?と参考になりました。

投稿日時 - 2013-01-08 23:19:19

ANo.3

黄色人種達は「やって来た」と言われています。非常に意味深いと思います。

投稿日時 - 2013-01-07 22:26:45

ANo.2

phj

一応最新の遺伝子科学による解析の結果、ネアンデルタール人と現生人類のDNAには関連性があり、現生人類のDNAのうち1割程度がネアンデルタール人由来ではないか、といわれています。


ネアンデルタール人は大体20万年ぐらい前にヨーロッパから中央アジア程度まで生存していたとされており、現生人類の出現とともに急速に数が少なくなって絶滅した、と言われています。

最近の研究結果では、ネアンデルタール人の絶滅は現生人類の爆発的な増殖がきっかけであるとされていて、現生人類との競争の結果、種を維持することができなくなったのだろうといわれています。つまり現生人類との生存競争に負けたとということで、たとえばひとつの地域でネアンデルタール人と現生人類の集団がいた場合、現生人類のほうが効率よく狩などを行い、その地域の支配権を確立してしまうため、ネアンデルタール人は困窮したのだろう、と想像されています。

ただし、研究者の中には両者に争いがあり、ネアンデルタール人を殺戮する現生人類の集団もあったのではないか、といわれており、当時のネアンデルタール人の頭蓋骨に狩の道具が致命傷を与えた傷などが残っているものがあるようです。

これは想像ではありますが、両者にDNAを交換するほどの交配が行われていたなら、当然のように集団同士の争いもあり、それは現生人類同士の民族抗争のように、強いものが勝ち残る戦いであったでしょうから、ネアンデルタール人は現生人類のDNAに影響を残しただけで、種として生き残ることができなかったのだろう、と想像します。

ですから現生人類の出現後急速にネアンデルタール人が少なくなり絶滅するのは、現生人類が深く関わっているのではないでしょうか。


また、肌の色については人種的な形質とはあまり関係がありません。たとえばオーストラリアの原住民であるアボリジニーは黒い肌にチリチリの頭髪、厚ぼったい唇のように、アフリカ系の黒人とよく似ていますが、彼らのDNAを見てみると黒人よりは白人やモンゴロイドに近いので、オーストラリア大陸に移住した結果、過酷な環境に合わせて急速に変化し、黒人と同様な外見になったと考えられています。
現生人類には、ネグロイド(黒人)・コーカソイド(白人)・モンゴロイド(アジア人)・オーストラロイド(アボリジニーなど)の4人種に大別されますが、モンゴロイドの中にオーストラロイドを含めて3大人種に分類する考え方もありますので、単純に肌の色やその他の形質(髪の毛の色や目の色、背の高さなど)では人種を決めることはできません。

肌の色が変化したのは、生活している場所の環境に適した結果であり、肌が黒いのは太陽光が強い地域であるということです(ですので同様にミクロネシア・ポリネシアの肌が黒い人もモンゴロイドに分類されます)

投稿日時 - 2013-01-07 18:42:41

お礼

ありがとうございます。肌の色はだいたいわかりました。
ネアンデルタール人の絶滅は現生人類の爆発的な増殖>>
なぜ現世人類が爆発的に増加したのか?
両者にDNAを交換するほどの交配が行われていたなら>>
ハーフになり現在でも遺伝子的にネアンデルタール人の種が存在するのでは?

現世人類とネアンデルタール人などと違ったのは現世人類の凶暴性にあるのでは?
ネアンデルタール人は生きる為に動物を殺す、例え同じ人種であっても(より動物性)
が強く。あえて動物や同種を殺さなかった、が、現世人類は生きるために動物を殺すだけでなく、支配する為に殺す(より人間的)といったようそが強かったため、ネアンデルタール人や他の種をころしてきたのではと思います?

投稿日時 - 2013-01-07 22:36:27

ANo.1

ミッシングリンクといって、今の人類は歴史上突然現れ途中が無く大変不自然な存在です。私は「異星人関与説」が好きです。「宇宙には大勢の異星人がいて、後継者を育成している」という説です。そして「異星との交流が可能になるまで見守っている」と、いうのです。素敵なお話しだと思います。

投稿日時 - 2013-01-07 12:25:44

お礼

もし、そんな異星人がいれば、今の人類にあきれているでしょ?
でも、20世紀以降の技術的発達は過去の進歩を考えると異常ですね?
たまに、異星人が人類に知識を知らずうちに教えてくれてるのかとも思いたくなりますね。
本当に異星人が見守ってるなら、人類が自滅する前に新しい技術を教えて欲しいですね!ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-08 23:30:59

あなたにオススメの質問