こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ホモサピエンスに体毛が少ないメリットは?

ホモサピエンスと他の哺乳動物の外見上の特徴の大きな差の一つして、体毛の有無(多寡)があります。

ホモサピエンスが25万年ほどまえに誕生したということですから、この時代はまだ現在の間氷期になる以前の氷期で、現在よりも平均気温が6℃ほど低かった時代です。

現在よりも平均気温で6℃低い地球というのはとても寒い処であって、その時代にはユニクロもありませんので、裸体での寒さに対する耐性が重要な生存能力のひとつだったと考えられます。

氷期において、しかも防寒衣類が発明される以前に、体毛が無く生れてる来る種のメリット(競争優位)が思いつきません。

なぜ、ホモサピエンスは氷期において、他の哺乳類よりも環境耐性が低い状態で登場したのでしょうか?

どなたか、ホモサピエンスの体毛が少ないことのメリットを思いつく方がいらしたらご教示ください。

投稿日時 - 2013-01-13 23:23:01

QNo.7890568

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#12の者です。

>どうしてホモサピエンス以外の霊長類が体毛に覆われているのかが良く理解できません

人類も、火の利用や衣服の発明がなければ、滅びていたでしょう。
暑さと寒さ、どちらが致命的かといえば、寒さです。
寒さに耐えるより、暑さに耐える(昼間は活性を下げたり木陰で休む)
方がましです。
霊長類でいえば、人類以外は皆んな樹林=木陰に住んでいます。
ただ、道具を用いて対処するとしたら、暑さより寒さの方が簡単です
(火、衣服)。

投稿日時 - 2013-01-21 14:11:57

お礼

ありがとうございます。

寒さに弱いという大きな欠点と、発汗に有利という小さな(?)利点をもって誕生したホモサピエンスがたまたま知恵をもって大きな欠点を克服したので、サバイブできたということなのかもしれませんね。

投稿日時 - 2013-01-23 09:40:15

ANo.13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

>あ

今年で何歳ですか。ヒトの進化にお婆ちゃんが必要だったという説もありますが後進の手本になるべき世代ではありませんか、あ?

他人の時間を奪わない質問者さんはキリスト教嫌いにしては横文字がお好きなようですから。
ご自分の疑問に対してご自分の時間を消費してネオテニーでも検索されたら他人の時間を奪う機会も減りますよね。福岡センセイもマターナルmRNAとかなんとか語りつつもヒトとチンパンジーとの間で錯綜している科学用語の感想文を綴られています。

ホモサピエンスは毛も少ないかもしれないが尻尾もないよね。考え出すと急に視野が狭くなる傾向がありませんかね。理性の眼圧が上がるというか。
盲腸みたいに被毛も残した方がいいですか。炎症の元です。

無駄だろうが何だろうが、現実である、発生上の都合を無視した進化は、観念世界のサイエンスフィクションにすぎません。
毛の組織がヒトの発生上どうなったからかとか調べたり考えたりされましたか。

ご自身の疑問です。

投稿日時 - 2013-01-23 01:51:03

お礼

あり

投稿日時 - 2013-01-23 09:37:54

ANo.12

氷河期は300万年前から始まり、本格的氷河期は100万年前
からであり、人類がチンパンジーから分かれた400万年前は、
今よりはるかに暑くであり、ましてその地はアフリカの低地
(リフトバレー)の草原です。
毛などないに限ります(発汗を有効にするためにも。帽子と
しての頭髪は別にして)。

もちろん、その後北方へ進出し、氷河期にもなったのですが、
その時には既に火を使い、衣服を発明していたので、無毛が
不利として淘汰圧がかからなかったのでしょう。
そもそもその頃からの100万年という時間は、生物進化に
とってはきわめて短期間であり、再び毛を生やす進化を
するより、人類の特長である脳の発達を生かした非遺伝子
的適応(いわゆるミーム)によった方が、進化の筋書きに沿っ
ていると言えるでしょう。

投稿日時 - 2013-01-17 10:47:42

お礼

有難うございます。

発汗を有効にするのがメリットだったのですね。

どうしてホモサピエンス以外の霊長類が体毛に覆われているのかが良く理解できません。

投稿日時 - 2013-01-20 15:26:33

ANo.11

過去の気温に関しては、環境学者というニッチの生き物が好き勝手しているぐらいに把握した方が科学として面白いです。何を調べたんですか。過去の気温が何に記録されているというのです。土台がオカルトなんです。権威主義なら議論せずに思考停止して早々に納得された方が幸せだと思います。ヒトの生活圏が6℃低かったのですか。山も穴もあります。プレーリードックの巣は化石になりますか。宇宙ではなく地球には昼と夜があるのはご存じですよね。
前提の吟味を楽しむのが科学の醍醐味ですよね。アフリカ単一起源説とかね、詐欺師的説明ですよ。
裸のサルが寒冷地に向かって絶滅するのは勝手です。基本ですが、南方のサルがジェットで移動したんじゃないですよ。一世代でしたわけじゃないです。開拓民だって犠牲があっての定住です。

気化熱に関して補足すると完全な無毛は効率的ではありません。実際、ヒトは毛が生えてますし、風呂など濡れて一番寒いのは有毛部の皮膚です。

毛は外皮の最外部に過ぎません。熱媒体の循環を比較せずに毛の数で何が決まるのですか。手足の長さは心配されないのですか。平熱から解剖、腸内細菌、などなどみんな同じなんですか。
ホモサピエンス同士でも黒人と白人では違うでしょ。日本人が汗だくになったり震えたりしても外人は違いますよ。同じ日本人でも寒がらない人もいます。冬でも足出してる女もいます。

科学を学んで専門バカになったら無駄です。キチガイの増殖です。
地球の平均気温って何?何丁目が寒かったのよ。

投稿日時 - 2013-01-17 00:59:53

お礼

投稿日時 - 2013-01-20 15:28:01

ANo.10

デフォルトで毛皮着用では衣服を着るのがたいへんだっただろうし、泳ぐのも苦手だったのではないですか。
火を使うという発想もしにくかったでしょう。

寒ければ火を使い衣服を着るからひとつの種でありながら極暑、極寒の両方の地にも適応できたのでは。

投稿日時 - 2013-01-16 21:22:23

お礼

ありがとうございます。

泳ぐのが得意というのがメリットだったのですね。

投稿日時 - 2013-01-20 15:29:01

ANo.9

 回答No.4です。

>チーターや豹など、時速90キロで疾走して、捕食する肉食哺乳類は、ホモサピエンスよりも筋肉量が多く、メタボリズムも高いと思いますが、なぜ、毛皮で皮膚を覆っている種が生きのこったのでしょうか?

 チーターはアフリカ東部ではなく、北アメリカ大陸で進化した動物です。
 チーターの「高速を生かして獲物に急接近して捉える」という狩猟スタイルから考えて、チーターはサバンナ等の草原地帯で進化したのではないかとは思いますが、北アメリカ大陸はアフリカ大陸と比べて緯度が高い位置にありますから、ホモサピエンスが進化したアフリカ東部程には、高温となる事が多い気候ではなかったと思います。
 一方、ヒョウが何処で進化した動物であるのかに関しましては、私は知りませんが、ヒョウは樹上で獲物を待ち伏せしたり、捉えた獲物を樹上に運び上げてから食べたり、樹上で休憩をとったり、等々、樹上という場所を利用する事が少なくありませんから、樹木の多い環境の下で進化した動物であると考えても間違いはないと思います。
 樹木の多い森林の中であれば、直射日光を浴び続けて体温が上昇し過ぎる事も少ないと思われますし、「獲物を待ち伏せて、不意打ちで捉える」という狩猟スタイルであれば、人類の祖先の様な「獲物を求めて広範囲を探し回る」という事も行いませんから、体温を下げる機能を高める事はあまり必要性がある事ではなかったと思います。
 この様に、ヒョウやチーターでは、進化した環境や置かれた状況がホモサピエンスとは異なりますから、毛皮で皮膚を覆っている種が生き残った事には何の不思議もないと思います。

 それと、進化してきた環境以上に重要な点は、ヒョウやチーターは汗をかかないという事です。
 回答No.4で触れました「なぜヒトだけ無毛になったのか(The Naked Truth)」という論文では、汗をかくヒトの場合、体毛が多いと、汗の水分が蒸発するのは、体毛の層の表面近くとなるため、皮膚の表面から「汗の水分が蒸発している所」までの間の熱の伝導が、体毛の層によって阻害され、放熱量が少なくなってしまいますから、放熱のためという観点では、体毛を少なくする事には大きなメリットがありますので、ヒトは無毛になった、という趣旨の説が唱えられています。
 処がヒョウやチーターは汗をかかず、呼吸を激しくし、肺で蒸発する水分の量を増やす事で体温を下げています。
 汗をかかず、体温を下げる主たる手段が肺からの放熱なのですから、体毛を少なくしても、放熱量はあまり増えない事になり、体毛が無くなる事で何らかのデメリットが生じる事もあり得ますから、ヒョウやチーター等の場合は、体毛を無くする事のメリットよりも、体毛を失う事によるデメリットの方が大きかったのではないかと推測致します。

投稿日時 - 2013-01-15 18:47:13

お礼

カガクスキさん、分析ありがとうございます。

チーターは北米でしたか。

我が家のワンコも散歩で走り回ると、長い舌を出し呼吸で体温を下げています。僕も熱い時に真似してみたことがありますが、舌の長さが足りないせいか、余り涼しく感じませんでした。

ホモサピエンスが東アフリカのラクダの様にビッシリと体毛をもって生まれてきた場合、どのような不都合がありえたのか、分析してみていただきたいです。
内容の真偽はともかく、カガクスキさんの分析が面白いので。

どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2013-01-15 23:50:58

>地球の平均気温が今よりも6℃も低い時代にホモサピエンスが出現したらしいこと、そしてそれ以前にいたネアンデルタール人は体毛が多かったらしいこと

 仮にそうだとして、紫外線のメリットを考慮してないではないですか? ネアンデルタールが猫背であるのは、紫外線不足による骨密度の低下や変形だと考えている説もあったりします。

 紫外線は多いと有害ですが、不足だとビタミンD不足を招きます。食品にはビタミンD前駆物質で含まれていることが多い。日射の紫外線によってビタミンDに変化させる必要がある。干しシイタケのように、経験的に食品のビタミンD前駆物質をあらかじめビタミンDに変化させることもある。

 ビタミンDは食物摂取によるカルシウムの吸収に必要です。ビタミンDがないと、カルシウムの吸収効率は非常に低下する。現在でも、たとえば、くる病の第一原因はビタミンDの代謝異常です。

 このことは、黒人が年間日照量の少ない地域に住んだ場合に問題となってくることが少なからずあります。白人より紫外線に強いことは、逆に働けば紫外線不足も起こしやすい。別の事例では、年間日照量の少ない北欧での日光浴の習慣は、必要があってのことだと思われます。

 体毛が長くて濃かったら同様になります。体毛が極めて短い場合より、紫外線吸収には不利になります。人類が寒冷地や日照量の少ない地域に進出できたのは、火と衣服を含む道具あってのものです。体毛と違い、衣服は着脱可能です。

投稿日時 - 2013-01-15 08:07:35

お礼

ありがとうございます。

紫外線吸収不足を克服できるメリットが考えられるわけですね。

そうすると、現代人は衣服をまとって、ホモサピエンスが具備しているメリットを殺していることになりますか。

北部に移住したホモサピエンスにとって、脱衣して日光浴が可能であることは、体毛がないことのメリットではありますね。

投稿日時 - 2013-01-16 13:23:16

ANo.7

人類学に興味があっても人類学者は好きなれないのですが、科学として、平均気温とは何で、どのように変化してきたというのが通説なのですか。地球は部屋一つですか。
どういう感じのカーブなのか気温変動を簡単にご紹介くださると助かります。
人類学者によればヒトは数百万年前に出現しているようです。毛の化石はないでしょうし。

ちなみに現代の気温なら無毛でも納得なのですか?


既出回答ですが、チーターが時速と言っても一分間も走らないでしょうからチャンスにスクランブルできるよう体温が高い方がいいんじゃないの。
それと性淘汰という論理はデメリットを凌駕するものです。繁殖に不利なメリットはメリットになりません。
日本人が馬鹿でも従順を求めたら利口な日本人のメリットは保障されません。

イギリス・フランス・イタリア・ドイツ・デンマーク・スウェーデン…の間接税が多いから日本は少ないのである、そういうコクサイ人種的な短絡思考は、動物種間に適用しても短絡思考ですよね。毛の数以外が全く同じなんですか?
差別反対キチガイが実は誰よりも差別的人格者であるように、多様性キチガイが、多様性をすっかり無視していたらインチキ主義者です。

投稿日時 - 2013-01-15 03:59:22

お礼

ありがとうございます。

質問に答える立場ではないのですが、私は下記のグラフを参考にしています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ice_Age_Temperature.png

投稿日時 - 2013-01-16 13:25:04

氷河期に入ってから人間が裸になったということは証明されてはいないのではないでしょうか。これまでのスレで誰も触れていないので、あるいはタブーになっている考え方かもしれませんが、以前どこかで私が書いた性的猿人説はD.モリスなどが言っていることです。つまり、直立し、社会生活し、更に基本的に一夫一婦制になった人間は必然的にセックスを異常に好むようになり、無毛症の異性それも多くが選ばれる側の女性のそれが珍重されるようになったということでしょう。それは更に近年における白子の異常繁殖(白人、そしてブロンド、目の色の透明化など)において補強されているのではないでしょうか。
氷河期が無毛化した人間にとって他の動物よりもハンディになったとは私は思いません。彼らは毛皮を発明し、更に火を発明したのですから(火は毛皮よりも普遍的で、人類では氷河期よりも紀元が前だった可能性もあります)。

投稿日時 - 2013-01-14 10:16:40

お礼

回答ありがとうございます。

ハンディは、体毛が有る哺乳類よりも耐寒能力が劣ることです。

氷期において、このハンディを帳消ししてうわまわるメリットがあったのかどうかを知りたくて質問しております。

投稿日時 - 2013-01-15 00:20:58

おはようございます
(素人の意見です)
ヒトは 付いた泥を落とすのは楽なので
湿地・泥濘地での活動が有利です。
ゾウ・カバなども体毛が薄いですね。
これらは『泥』に強いです。戯れるほどです。
(サイも体毛薄いけど サイは泥と戯れているイメージがあんまり無い…)

毛もじゃの哺乳動物は 大抵 泥を嫌います。付いたら落とすのが大変大変面倒だからです。避けて歩きます。
(もちろん現代のヒトは 泥を嫌う場合が大多数です…) 

投稿日時 - 2013-01-14 08:14:19

お礼

ありがとうございます。

アザラシやラッコなどの水生ほ乳類は、湿地・泥濘地でも、スキンだけのホモサピエンスよりも有利に感じます。

泥を落としやすい、洗いやすい、と言うメリットが有ることは同意します。
ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-15 00:23:48

ANo.4

 日経サイエンス 2010年5月号に掲載されたアメリカのペンシルバニア州立大学人類学科長であるニーナG.ジャブロンスキー(Nina G. Jablonski)が著作した「なぜヒトだけ無毛になったのか(The Naked Truth)」という論文の日本語訳に依りますと、

『今から約300万年前に、全地球的な寒冷期が始まった影響で、人類の祖先が生息していたアフリカ大陸の中央部や東部が乾燥し始めたため、初期の人類に適した森林環境が失われ、サバンナ等の開けた草原地帯が広がりました。
 そのため、人類の祖先がそれまで主食としていた果実、種子、葉等が入手困難となり、真水すら常に入手出来るとは限らなくなりました。
 そこで、人類の祖先は食料と水を求めて、長距離を移動し続ける様になると共に、狩猟生活をする様になりました。
 獲物である動物を見つけて狩るためには、食用となる植物を得るよりも、広範囲を探し回って、狩猟という激しい運動をしなければなりません。
 このため、人類の祖先は体温の過熱を防ぐために、体毛を減らし、大量の汗をかく様に進化しました。
 しかし、森林と違い、直射日光が照りつける草原では、熱に特に弱い脳を守るために、頭部だけは逆に体毛の層を厚くして、脳を太陽熱から遮断する必要があったため、髪の毛が長く伸びる様に進化したのです。』

という様な趣旨の説があります。

【参考URL】
 日経サイエンス > バックナンバー > 日経サイエンス 2010年5月号 > なぜヒトだけ無毛になったのか
  http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1005/201005_030.html

 それと、氷期における体毛が無く生れてる来る種のメリットに関してですが、人類には火の使用によって身体を暖める事が出来ます。

【参考URL】
 初期のヒト属による火の利用 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%88%E5%B1%9E%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%81%AB%E3%81%AE%E5%88%A9%E7%94%A8

 それに、幾ら衣類が発明される前だからと言って、獲物となる動物から剥がした毛皮を、衣類に加工する事無く、毛皮のまま身に纏って防寒着とした可能性までは否定出来ないのではないでしょうか?
 つまり、寒冷な環境に合わせて体毛を発達さ せずとも、「環境の方を体毛が無くとも何とかなる様に変化させる」事が可能だった訳ですから、体毛が無い事がメリットにはならなくとも、デメリットにもならなかったのではないかと思われます。
 それに、進化論では、一旦失われた形質は、再び発現する様になる事は無いとされていますから、上記の様に体毛が濃い事のメリットが少ない(淘汰圧が弱い)状況では、(完全に失われた訳ではなくとも)一旦、無毛に近いほど少なくなった体毛を、再び濃くする事は難しかったのではないかと思います。

 後それから、ホモサピエンスが、その生息域を世界中に広げ始めたのは、6万~7万年前の事に過ぎず、それ以前のホモサピエンスはアフリカという比較的気温の高い地域で暮らしていたのですから、多くの場合は体毛が少ない方がメリットがあったのではないでしょうか。

【参考URL】
 人類の進化 - Wikipedia > 6.2 出アフリカ説
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96#.E5.87.BA.E3.82.A2.E3.83.95.E3.83.AA.E3.82.AB.E8.AA.AC

 そして、5万年前以降は、ボタンや骨製の針が発明されている様ですから、僅か1万~2万年で糸等で縫ったり、ボタンで留めたりした衣類らしきものが現れたのであれば、それ以前の「人類の出アフリカ」の直ぐ後に、ボタンも縫製もしない、単なる毛皮等を防寒具として既に使用していた可能性は、決して少なくは無いような気が致します。

【参考URL】
 人類の進化 - Wikipedia > 5.4 現代人と「偉大な飛躍」論争
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96#.E7.8F.BE.E4.BB.A3.E4.BA.BA.E3.81.A8.E3.80.8C.E5.81.89.E5.A4.A7.E3.81.AA.E9.A3.9B.E8.BA.8D.E3.80.8D.E8.AB.96.E4.BA.89

投稿日時 - 2013-01-14 07:26:46

お礼

ありがとうございます。

チーターや豹など、時速90キロで疾走して、捕食する肉食哺乳類は、ホモサピエンスよりも筋肉量が多く、メタボリズムも高いと思いますが、なぜ、毛皮で皮膚を覆っている種が生きのこったのでしょうか?

投稿日時 - 2013-01-15 00:26:18

 ヒトが無毛に近いことの理由づけは多彩です。

 ヒトが熱帯地方で発生して、日射や高温にさらされて、自然淘汰で体毛を失ったとする説があります。この説の難点は、二足歩行では最も日射が当たる頭髪が説明できないこと、紫外線を防ぐ長い体毛はメリットがあることなどは、自然淘汰に反することです。

 別の説では、体毛の男女差では、女性が男性より毛が少ないことから、第二次性徴として体毛が少ない女性が現れて増えて行き、それが男性にも遺伝していた伝えられたとしています(ダーウィンが言い出したらしい)。

 この第二次性徴由来を補強する説では唇や乳房を女性が露出するためとしています。腋毛や陰毛の部位にアポクリン腺が集中してフェロモンを放ち、性毛が視線を集めるといった説明となっています。そして確かにひげは男性だけです。一部の男性にはある胸毛も、女性には非常に少ない。

 しかし、フェロモンという作用はヒトにはない模様ですし、ヒトに近い種のみならず、哺乳類、鳥類などでは、オスがメスに対してアピールして選ばれる傾向であることから、疑問が残ります。

 汚れを防ぎ、ひいては皮膚寄生虫を防ぐとする説があります。しかし、動物の皮膚に卵を産み付ける一部の昆虫からすると、体毛が少ないヒトは格好の対象となります。寄生虫ではないですが、蚊や蜂に愛しての防御性も低くなります。特に蚊はマラリヤなどを媒介します。

 火を使うようになったためという説もあります。暖を取れるから不要といった面はありますが、耐火性ということからは不利で、一概には言えない面もあります。

 ちょっと無理筋なのは、ヒトはかつて水生だった時代があり、クジラやイルカのように毛を失って頭髪だけ残ったとする説です。直接的な反論の一つとしては、陰毛が説明できないことですが、女性の陰毛は子がつかまるためで、これが男にも伝わったとする再反論があったようです。

 ともあれ、現在のヒトの体毛は、たとえば雨などの水をうまく流してしまうようになっています(特に目を守っている)。

 短い体毛は残っていて、それはかなり鋭敏な感覚器官になっているという説もあります。たとえば、音を耳だけでなく全身で感じることが可能なようです。もし長い体毛だと、感覚器官にはなりにくい。

 進化は必ずしも最適化の方向にはなりませんし、なかなか「これだ」ということは分かりにくいようです。

投稿日時 - 2013-01-14 05:54:01

お礼

有難うございます。

私は、地球の平均気温が今よりも6℃も低い時代にホモサピエンスが出現したらしいこと、そしてそれ以前にいたネアンデルタール人は体毛が多かったらしいことの両者からみて、(体毛が無いことの)特別の優位性があったのかと疑問に思っています。

投稿日時 - 2013-01-15 00:29:34

ANo.2

氷河期云々の話は横に置いておいて、、、

ヒト属ヒト種(人間)は、体温調節のために全身に汗腺があります。
発汗により体温調節する場合、濃い体毛は邪魔になるため、体毛が薄く進化したと、NHKスペシャル「病気の起源」では説明していました。

投稿日時 - 2013-01-13 23:48:47

お礼

有難うございます。

今より6℃も低い氷期に出現したので疑問に思っています。

現在の平均気温であれば、体毛が無いことのハンディキャップも少ないので、それほど大きなメリットがなくても、相殺できそうです。

投稿日時 - 2013-01-15 00:31:26

ANo.1

他の動物の毛皮を奪取する能力を有しているが故のハンディキャップでしょう。

投稿日時 - 2013-01-13 23:37:35

お礼

ありがとうございます。

ハンディキャップは幾らも思いつきます。
しかし、ハンディを凌駕するほどのメリットが思いつかないので、質問しております。

投稿日時 - 2013-01-15 00:32:46

あなたにオススメの質問