こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記の訂正仕訳に就いて‥

問題:
A商店はB商店に商品\2,500を売り上げ、代金を掛とした。
その際、誤って貸方と借方を反対に仕訳していた。

本来行うべき仕訳
(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500

然し誤って
(借)売上 2,500
(貸)売掛金 2,500
と、仕訳していた。

そこで、
(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500
と反対仕訳をした。

ここまでは解るのですが、借方同士と貸方同士を足して‥
(借)売掛金 5,000
(貸)売上 5,000
とする意味が、いまいち理解出来ません。

反対仕訳をして、間違った仕訳を打ち消して、無かった事にした後に\5,000という数字が出て来たら、「\2,500増えてるやん!」と、頭の中でゴチャゴチャになってます。

何方か、解り易く教えて頂けたら嬉しいです。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2013-01-16 23:43:11

QNo.7895623

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

わかりずらかったので、書き直します。

然し誤って
(借)売上 2,500
(貸)売掛金 2,500
と、仕訳してしまったので、まずこの間違いを修正します。

そこで

(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500
と反対仕訳をして、「売掛金」と「売上」の増減はなかったことにします。

さて、これで「売掛金」と「売上」の増減はなかったことになりましたが、実際には「売掛金」と「売上」はあったので、改めて本来行うべきだった正しい仕訳を書きます。

本来行うべき仕訳
(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500

さて、帳簿には「反対仕訳」と「本来行うべき仕訳」を新たに書きましたよね。
この二つを合わせた仕訳が「訂正仕訳」です。

(借)売掛金 5,000
(貸)売上 5,000

この「訂正仕訳」と「誤って書いた仕訳」を相殺すると「本来の仕訳」になりますね。

投稿日時 - 2013-01-17 00:03:25

補足

wednさん

解り易い説明有難うございます。

申し訳ありませんが、もう一つ質問があります。

実際に仕訳帳に記入されるのは、誤った仕訳と訂正仕訳だけなのでしょうか?

それとも、訂正される迄の過程が全部記入されるのでしょうか?

教えて頂けますか?

お願いします。

投稿日時 - 2013-01-17 00:42:04

お礼

丁寧に教えて頂き有難うございます。

頑張って試験合格目指します。

投稿日時 - 2013-01-17 19:22:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

補足の回答ですが、誤った仕訳と訂正仕訳だけです。
過程は必要ありません。

誤りの
(借)売上 2,500
(貸)売掛金 2,500

と、訂正の

(借)売掛金 5,000
(貸)売上 5,000

だけでいいです。

投稿日時 - 2013-01-17 21:05:23

お礼

お手数お掛けしました。

有難うございます。本当にスッキリしました。ヽ(≧▽≦)/

投稿日時 - 2013-01-17 21:31:06

ANo.2

おそらく認識の間違いです。

(借)売上 2,500
(貸)売掛金 2,500

の間違いを
(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500
に訂正するために、

(借)売掛金 5,000
(貸)売上 5,000
で間違えを一回で済ませるための仕訳です。

この仕訳で
(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500
に変更するための仕訳です。

>そこで、
(借)売掛金 2,500
(貸)売上 2,500
と反対仕訳をした。

のがそもそもの間違いです。

投稿日時 - 2013-01-16 23:56:27

お礼

解り易い説明有難うございます。

もう少し頑張って勉強します。

投稿日時 - 2013-01-17 00:30:30

(借)売上 2,500 (貸)売掛金 2,500 誤り
(借)売掛金 5,000 (貸)売上 5,000 訂正

この2つを合算すると、本来行うべき帳簿の

(借)売掛金 2,500 (貸)売上 2,500

になりますよね。

わかりずらかったら、すみません。

投稿日時 - 2013-01-16 23:50:06

お礼

教えて頂き有難うございます。
頑張って勉強します。

投稿日時 - 2013-01-17 19:26:34

あなたにオススメの質問