こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

短期退職の場合の公務員共済組合年金の取り扱い

今年57歳の私は、昭和55年4月に国家公務員となり7年間勤めましたが、昭和63年3月に退職し、同年4月に民間に就職し厚生年金に加入しています。このほど、年金定期便が届き、内容を見ると、年金加入期間308ヶ月、65歳からの支給額見込みが594,200円となっています(62歳からは年に25,400円)。専業主婦で納付額の少ない妻(2歳年下)の支給見込み金額の6割程度しかありません。公務員退職時は共済組合加入期間が短いため一時金支給とされましたが、この間の7年間分が年金の空白期間となってしまっているのでしょうか。私として共済組合か年金機構に対し何かアクションをおこせる手だてがあるのでしょうか。それとも死ぬま何とか足りない分を働いて稼ぐしかないのでしょうか。どなたかお分かりの方お教えください。

投稿日時 - 2013-01-19 16:55:16

QNo.7899672

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

国家公務員共済の記録は、ねんきん定期便に反映されていません。
 国民年金部分も全く反映されていないので、支給額が低くなって驚かれたでしょう。
 http://www.nenkin-dr.com/html/national_public_service_mutual_aid.html

 KKR年金情報提供サービスを利用されてはいかがですか?
   http://www.kkr.or.jp/nenkin/kumiaiin_taishoku/mikomigaku/index.html

 ただ、厚生年金部分が25400円と言うのは、少ない気がします。
 民間に就職され厚生年金に加入された期間も短いのでしょうか?  
  http://www.dcnavi.jp/shinkin/F0600/F0406/html/F0406_01.asp

 退職一時金の制度は昭和54年までの制度です。
  http://www.kkr.or.jp/nenkin/seido/henkan.html

 質問者さまは、特別支給の対象になると思われます。
  http://www.kkr.or.jp/nenkin/seido/taishoku/tokubetsu/index.html

 
   

投稿日時 - 2013-01-19 18:21:49

お礼

貴重な情報ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-01-20 11:49:16

あなたにオススメの質問