こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

地球温暖化をあらためて考えてみる

今まで地球温暖化に関する様々な議論を見てきました。

自分は専門家でも活動家でも、宗教関係者でもなく、
この問題についてはあらゆる利権団体とも全く繋がりはなく、
慎重に懐疑的に考える理性と一般的な科学知識だけを頼りに、
なるべく公正に判断をしたい願うのみです。
またIPCCという過分に政治的な色を帯びた団体やそれに類する利益団体の言説を
教条的に信奉するのではなく、
一端括弧にいれて懐疑的に考えるということも公正な判断には必要だと思うのです。

また、個人的な先入観や憶測、感想をなるべく廃して、
つまり自分の置かれた環境から、
「最近夏が暑いな~とか「冬に雪が降らないな」等の感覚的なものを除外して、
問題の根本的な地点から考えようとしてみました。


さて、前置きは以上にして、

「地球温暖化」問題、

“人間の活動により排出された二酸化炭素によって、
  地球規模で長期的な気温の上昇が継続的に起こっている問題”

は存在するのか?
という事実確認からしてみたいのです。

上記命題が成立するためには、以下の(1)~(7)について、
(1)が“YES”なら(2)を検討するというように進み、
(7)まで進んだ結果がすべて“YES”でなければならない。

(1)まず気温のデータは正しいのか?
※観測地点、データの取り扱い、計測機器出現以前の気温の推定方法は適切か?
※ヒートアイランドによる都市部の気温上昇は温暖化とは無関係では。
(2)長期的な傾向として地球規模での気温上昇はあるのか?
※ここ十年くらい気温上昇は止まっているという観測もある。
(3)その変化は自然の気温変動のサイクルを逸脱しているものか?
※地球の気温は数十年、数百年、数十万年単位等で大きく変動して来た事実がある。
(4)気温上昇の主要因は二酸化炭素の増加なのか?
※空気の組成比率が0.03~0.04%に過ぎない二酸化炭素が気温を劇的に増加させるのか?
※二酸化炭素の温室効果はすでにほぼ飽和しているという研究もあるが。
(5)その二酸化炭素は人間の活動により増えたのか?
※気温上昇の前に二酸化炭素の増加があるのではないか?
(6)そもそも気温上昇や空気中の二酸化炭素濃度の増加は人間にとって悪いことなのか?
※光合成の活発化や現在の寒冷地が農耕可能になるなどによる食糧増産が期待できるのでは。
(7)二酸化炭素の排出量を数%~数十%減らして、気温の上昇は止まるのか?
※100年後の気温をコンマ数度下げれるかどうかに、巨費を投じる意味はあるのか?

一応(7)まで書きましたが、
すでに(1)の時点で現IPCC等のデータには疑問が湧き、(2)に進めるかどうか微妙です。
また(2)~(5)に手放しで“YES”を言うにはかなり乱暴のようにも思えます。
そして決定的なのが(6)ですね。
これは温暖化の逆の寒冷化の方が危機的な状況になりそうです。
地球の動植物の分布をみても、生物にとってはもう少し温暖な方が生きやすいのは確かなようですし。

以上、普通に考えて(1)~(7)の疑問にすべて“YES”と言うのは現時点では難しいように思えます。
つまり、「地球温暖化」問題は成立しない(存在しない)という結果になります。


この結果について意見を聞かせていただきたい。
現在の置かれている立場や今までの先入観を忘れて、
上記の結果が妥当かどうかを教えてほしいのです。

投稿日時 - 2013-01-19 21:08:54

QNo.7900070

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

現在の地球環境が極めて一時的な状態に過ぎず、それを保とうと言う事はエコでなくエゴであると言う事は全く同感です。

そもそも月が飛び出した後の原始の地球は、地殻と言うものがなく全表面がマグマに覆われ、大気は水蒸気400気圧・二酸化炭素100気圧の超温暖化ガスそのものであったと言われています。

その後地球が冷めて水蒸気の大半が海となり、そこに生物が発生して35億年程で二酸化炭素がほぼ無くなって行ったし、地殻が30KM~40KM程生成されて、現在の地球環境が出来上がってきました。

その間に全地球氷結も含めた氷河期があり、最後の7万年程度になってやっと現在の人類が「住みやすく、繁殖できる」環境が発生した訳です。


ただ、その恐ろしく短い期間でも、4代文明等が発生しては人口密集を含む自らが招いた環境変化により滅び、産業革命以降はさらに「公害」をも生み出して来ましたし、先進国が何とか対応した後も開発途上国が中国の様に同じ道を辿っています。

例え単なるエゴではあっても、8万年前に始まったアフリカから南米までの移動に衣類を発明し、その後の農耕の開始から次々に環境を変える事によって、「よりよく在りたい」と言う欲が人類をここまで持ってきたのですから、公害の様に気候変動をも克服して行くと言う方向が経済的にはベストなのだと思いますよ。
過去の文明の様に住み荒した地域を捨てると言う手段は、新たな地域を開発する事で、さらに膨大なコストが掛かるので数百年の負担が掛かりますし、その時点では新たな開発地域が捨てる対象に移動してしまうかもしれません。
つまり(6)については残念ながら在り得ないと言う事ですし、直接水没の恐怖を感じている国だけでなく、北極圏の開発と言うプラス面があるロシアでもマイナスが大きいと思っていますし、だからCOPが延々と続いているのです。
客観的に見て、「世界の国殆どが温暖化対策による利益誘導陰謀に加担している」と思う事は、それこそ思い込みであるのではないでしょうか。

100%の正常は在り得ないと言うお話ですが、(1)について証明できなければならないと言う事は、被害が発生していると言う前提では論理的に変わりません。
どう考えても100%の否定どころか、「懐疑」を提示するだけで「証明」には遠く及ばないのが、(1)についての現状でしょう。

先週末のニュースで(参照URL)、シベリアの凍土が温暖化で溶けた影響で松が枯れていると言うものが有りましたが、ニュースについて言えば温暖化の方の報道が圧倒的に多く、温暖化懐疑論がマスコミに多く登場するのはバラエティにおいてな事は「先入観」を持たなければ明らかだと思いますよ。

参考URL:http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/440611.html

投稿日時 - 2013-02-12 09:52:46

補足

>公害の様に気候変動をも克服して行くと言う方向が経済的にはベスト

という根拠がない主観的な意見にはどうも賛同出来ないようです。効果も不明な対策という名の無駄使いに数十兆円(それ以上か)が経済的?まず、気候変動を「公害」に喩えるのもナンセンスですね。

こちらの意図を正しく理解してないのと、所々論理が汲み取りにくいのですが、要は数が力で、長いものには…ということを主張されたいのですね。まず、科学は多数決ではないということと論理的に考えることを学びましょう。

投稿日時 - 2013-02-13 00:07:35

ANo.6

やはり論理自体に対する理解が違ってしまいましたね。

対処療法をしなくていいと言うのは、100%健康であると言う場なのですがね。
疑いがるので入院して今日はちょっと気分がいいから、手術や投薬をやめましょうにはならないですよね。

しかも(1)~(5)に関して既に論議されている様に、マスコミが面白がって取り上げたり、石油資本の後押しがあったりしなければ、数的には「100%ない」と断言する学者は殆どいません。
疑問を感じますかと一般的に聞けば相応の数が出て来ますが、それはどんな学説でも「決定的証明」が行われるまでは在る事で、アインシュタインの相対性原理などは当初は否定の数の方が多かったし、頑迷に否定する学者も未だに一部は残っています。

(6)については農業関係者に聞けばすぐ判る事ですが、今全陸地の約10%の面積を占める農地が入れ替えになって、現状を回復するには最低で50年は掛かるし、インフラが無いシベリアのツンドラ等が相手なら100年は掛かってしまい、人口爆発による食糧危機には到底間に合いません。
日本の様な狭い地域でも、新潟産のコシヒカリの作付が悪くなり、北海道のブランド米が良くなっていますが、生産量については減反して減らそうと言う状況なので、あまり問題にはなっていませんが悪影響が出てはいます。

(7)についてはある意味で仰る通りで、全世界で数十%減らす合意など夢の又夢が現状で、病気が治るほどの効果は望めないのが現時点での温暖化対策、それでもせめて投薬はしたいと言う事です。

従って、温暖化対策はしなくて良いと言う結論に至る為には、1項目でも100%のNOがあるべきとの論理は変わらないと思いますが・・・。

投稿日時 - 2013-01-31 13:38:26

お礼

再度の回答ありがとうございます。

最初の箇所

>対処療法をしなくていいと言うのは、100%健康であると言う場なのですがね。疑いがるので入院して今日はちょっと気分がいいから、手術や投薬をやめましょうにはならないですよね。

まず、「100%健康」などという状況は(人間の体調の比喩でも地球の状態でも)誰にも判断は出来ません。「100%幸せ」と言うのと同様ですね。

そしてここには根本的に思いこみがあります。様々な変化をすべて悪いことと思われているようですね。今までが健康で、変化は病気の兆しだと。逆にず~っと病気(そこまでではなくても体調不良とか)であったのが、やっと健康に向かってきているのかもしれません。自分の健康についてなら、ある程度長く生きていれば比較的健康な時期かちょっと調子が悪いのかという判断はなんとなくつくでしょう。ですが地球の46億年の歴史の中で、せいぜい現人類が体験しているのは数千年~数万年程度でしょう。しかも、肯定派が気にしているのは産業革命から現時点までの高々200年程度に順応した生活様式のことのように思えます。

広く知られているように地球の気温はその誕生時から今まで一定だったわけではなく、長短様々な時間的な幅で高かったり低かったりして来たようです。その大部分は常識的に考えて人類以外の要因で変動してきたのです。また現在の気温がこの先ずっと一定であると考えるのはあまりにも人間にとって都合の良い考え方でしょう。気温変化が地球の極々自然な現象であるなら、それに逆らうように無駄な努力をするのではなく、変化してゆく環境に合わせた生活様式を工夫することの方が、余程生産的であるし“エコ”でもあるのではないかと、素朴に思うのです。

投稿日時 - 2013-02-05 23:03:02

ANo.5

一目で判る今まで出ている懐疑論の焼き直しなので、個々の科学データーに関する論議は他の方も言う様に時間の無駄と思いますので、質問(?)自体の論理の立て方について述べます。

まず今までの論議を白紙化して考え直すと言う意味が分かりません。
一方で冒頭から過分に政治的な色を帯びた団体と言う決めつけがあって、エクソンモービルを始めとするエネルギー企業が行って来た過去の意見書粉飾等については忘れろと言うの可笑しいですね。

今まで積み重ねられてきた科学的論議を忘れて、自分の感覚も忘れて、と言われても、じゃあ何を根拠に考えなければいけないのか・・・。
懐疑論についての反論は忘れて、懐疑論を論じろというのは無理があります。

また(1)~(7)まで全てYESでなければ温暖化論が成立しないという「論理」も、逆に温暖化対策をしなくて良いと言う結論を得るためには、少なくともその1つが逆に100%のNOと言う確証が無ければなりません。

病気に例えれば、そもそも自覚症状(昔と違ってきている)があって、病気の確定が出来ないが対処療法を行おうとしているのが現在の状況でしょう。

確かにCO2の削減が100%温暖化の防止に結びつくかと言う問が在ってYESとは断言できませんが、結果の重大性を考えれば、「しなくて良い」と言う結論を得る為には、100%のNOがどこかに無ければなりませんね。

投稿日時 - 2013-01-30 10:45:31

お礼

回答ありがとうございます。

今までの議論については白紙にするというのではなく、比喩的な物言いになってしまいますが、それらを懐疑的に横目で見ながら一端括弧に入れるという方法なのです。

まあ、この論の立てかた自体が「果たして温暖化問題は存在するのか?」というものですので、多分に肯定派の根拠に対しての懐疑がベースになっているのは否めないですね。

ご指摘の箇所ですが、

>病気に例えれば、そもそも自覚症状(昔と違ってきている)があって、病気の確定が出来ないが対処療法を行おうとしているのが現在の状況でしょう。

仮に昔と違ってきている事実があるにしても、それが症状(病気)なのかどうかを問うています。元気になっているのかもしれませんね。そこがまだ不明なのです。

とするなら、(1)~(7の)の問いのいずれかに100%NOと言えなくても「温暖化対策をしなくて良いと言う結論」を得ることは出来ますね。

投稿日時 - 2013-01-31 00:38:41

ANo.4

先入観だらけの人の意見にいちいち反論するのは時間の無駄なのですが、有意義な議論のタネになるよう、一度だけの再回答をします。

>温暖化に対するIPCCの結論について科学者の意見が「2分している」ということはありません。100%に近い科学者が共通の認識を持っています。

と主張される根拠(出典)はあるのでしょうか?出版される書籍や報道などを見るとどう考えてもそうは思えません。

再回答:あなたのいう否定論に相当する学術論文は誰が何処で発表したものですか。
    科学の議論は「査読誌」上に発表された論文を通じて行われます。データの取得、
    分析手続きの再現性などが、第三者によって検証されたものだけが有効なのです。
    IPCCの「誤ったデータ」は、そうでないものが紛れていたための誤りでした。
    否定論者による有効な論文が存在するのであれば、教えてください。
    ないことを証明しろと言われても、無理です。
    
気象庁のレポートを提示されてますが、日本の気温観測の17地点の場所は確認されました?殆どが市街地ですよ。70年代以降日本の大都市以外の中小都市でも道路は舗装され住宅やビルが立ち並び、車が激増しました。その影響がないとでも?なぜ、都市化とほぼ無縁と思われる南鳥島のデータを使わないのか?1951年から気温はほぼ25~26度と横ばいですよ。気象庁のデータでいいのなら以下を参照ください。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/an

再回答:
  「異常気象レポート」を勧めたのは、気象庁はかなり、慎重というか保守的であって、
「地球温暖化」に対して慎重な立場を取り続けていました。3,4回分遡って読むと
  その変遷がわかります。

  また、IPCCのレポートと違って、日本語で書いてあるから、分かり易いと思いました。
  でも、失礼とは存じますが、あなたには読解力が欠如しているようです。

  17地点を選んだ理由、都市化の影響、いずれもちゃんと書いてあります。

  (145頁)「日本国内では約150 地点の気象官署で気温、降水量等の観測を行っている。これらの地点のなかから、気温については都市化などによる環境の変化が比較的少なく、かつ観測データの均質性が長期間継続している17 地点(表1.3.1 参照)を、降水量、
年最深積雪についてはそれぞれ、観測データの均質性が長期間継続している51 地点(表1.3.1 参照)、31 地点(表2.1.6 参照)を選び、それらの経年変化の調査を行った。」

 「なお、気温の解析に用いた17 地点には比較的都市化の影響が小さいと考えられる地点
を選んではいるが、完全に除去されているわけではなく、以下に示す長期的変化には都市
化の影響が多少含まれている。」

  さらに、あなたは、反証のつもりで南鳥島のデータを推薦されました。
  このデータを本当に見たのですか?

  示されたデータをエクセルに写し、日平均気温の経年変化ををグラフ化してみました。
  画像を添付したので、見てください。変化の近似線もエクセルのツールで描いたもの、
  私の操作は一切入っていません。

  しつこいようですが、繰り返します。
  あなたが反証とした南鳥島の気温は、「あきらかに上昇傾向」です。違いますか?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2013-01-24 20:28:46

補足

あなたのスタンスはよく分かりました。
論争は当初の趣旨ではないし、時間の無駄なので具体的な反論はいたしません。

質問の趣旨と補足での発言の意味を正しく理解していただけないのは残念です。

もう少し世の中を広く見て、物事の本質を正しく評価することが大事なんですね。

もう少し時間が経てば、あなたの主張が正しいのか否かある程度明瞭になるでしょう。現在の温暖化が深刻だというプロパガンダにいつまでも世界の国々が付き合うとは思えませんので、各国の対策が功を奏して温暖化が防げたんだというエクスキューズも成り立たないでしょうし。

投稿日時 - 2013-01-25 19:21:08

ANo.3

まず、温暖化に対するIPCCの結論について科学者の意見が「2分している」ということはありません。100%に近い科学者が共通の認識を持っています。違っているのは、将来の推計値だけと言っても良いでしょう。

1.太陽活動に起因する長期的な気候変動は、寒冷期に向かっている
2.しかし、現実の平均気温は上昇傾向にある
 (ヒートアイランドは一部だけだからアイランドです)
3.この現象は、二酸化炭素を主とする人為起源の温室効果ガスの影響で説明できる

以上の3点が、気象学者の共通認識です。まず、事実を事実として認識しましょう。

※光合成の活発化や現在の寒冷地が農耕可能になるなどによる食糧増産が期待できるのでは。

このような自説を述べている人は、科学的事実を何も知らないと白状しているようなものです。

1.二酸化炭素の増大で、光合成量が増加するのはわずか、養分・水・高温障害などの
  制限要因で頭打ちになる。また、呼吸量は確実に増加するので、収支は悪くなる。
2.「温暖化」だけを問題とする議論はありえません。降水量の変動が最大の問題です、
  IPCCやUNFCCのCCは「climate change」で、「warming」はその一部です。  


「個人的な先入観や憶測、感想をなるべく廃して」、事実を学ぶことこそが重要です。

とりあえず、日本の気象庁の「異常気象レポート」を3,4回分遡って読むことを勧めます。

参考URL:http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/climate_change/index.html

投稿日時 - 2013-01-22 11:23:04

補足

つっこみどころというか色々と疑問だらけなのですが…

まず、冒頭の

>温暖化に対するIPCCの結論について科学者の意見が「2分している」ということはありません。100%に近い科学者が共通の認識を持っています。

と主張される根拠(出典)はあるのでしょうか?出版される書籍や報道などを見るとどう考えてもそうは思えません。

しつこいようですが懐疑的に、批判的に考えるというのはそんなに難しいですかね~?文系でも理系でも大学で論文やレポートの類を書けば資料やデータをまず批判的に検討することくらい当然だと思いますが…。

気象庁のレポートを提示されてますが、日本の気温観測の17地点の場所は確認されました?殆どが市街地ですよ。70年代以降日本の大都市以外の中小都市でも道路は舗装され住宅やビルが立ち並び、車が激増しました。その影響がないとでも?なぜ、都市化とほぼ無縁と思われる南鳥島のデータを使わないのか?1951年から気温はほぼ25~26度と横ばいですよ。気象庁のデータでいいのなら以下を参照ください。

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/annually_s.php?prec_no=44&block_no=47991&year=1976&month=&day=&view=

せっかく回答をいただいたのにごめんなさい。先入観だらけの肯定派の人の意見にいちいち反論するのが趣旨ではないし時間の無駄なのです。有意義な意見をお願いします。

投稿日時 - 2013-01-23 13:11:12

ANo.2

結論の部分ですべてYESというのは難しいということは
わずかでも可能性があるということで、
つまりすべてNOというのはこれまた難しいことだといっておられると思いますが、
なぜ最終的に存在しないと100%断言されるのでしょうか?
というか断言できないと思うのですが。
というかこの時点で公正といいながら、質問者様は完全に温暖化に否定論者だということを
露呈しているわけだとおもいます。

断言できないということは考えうる最悪の事態が
起こる可能性があるということです。
絶対大丈夫といっていた福島第一原発のように。


気温の上昇は少なくとも私が住んでいる地域では起こっているようですね。
(簡単に見つかったので気象庁発表の東京都の気候変動のリンク張ります。
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/kikouhenka/1_1.7_tokyo(pp30-34).pdf
右肩上がりですね)
まあ、日本の気象庁の発表が信じられないというなら、
たぶん反対論者のデータ(あるならどうやってとったか詳細に調べてそれがどうして
気象庁と違うのか検証してください。)だけ
信じられるのでしょうね。

投稿日時 - 2013-01-20 21:42:43

補足

せっかく時間を割いて回答しいていただいても、質問に対する回答になっていないので、再度補足させていただきます。

まず、

「すべてNOというのはこれまた難しい」

とは言っていません。
また、温暖化問題に懐疑的なのは結果であって、出発点ではないのです。これも順を追って読んでいただければ分かると思いますが。

逆に、

「断言できないということは考えうる最悪の事態が
起こる可能性があるということです。」

という言説自体、温暖化問題ありきの先入観に捉われたものであるのです。これも(6)を読んでいただければ明瞭です。温暖化がそもそも悪いことなのかを問うています。

また、示された東京の気温変化のデータのの信憑性云々の前に、これは明らかな都市部のヒートアイランドを多分に表すもので、二酸化炭素による温暖化と直結するのは危ういことだというのも(1)に記載があります。

お互い時間の無駄なので、正しく質問を理解していただいて回答くださいね。

投稿日時 - 2013-01-20 22:38:03

ANo.1

地球温暖化懐疑論はいくらでもあります。
主要な疑問に対する答えはIPCCから既に出ているのですが、
懐疑的な人たちは、IPCCの回答に直接反論するのでなく、
新たな懐疑を繰り返して提出する傾向があります。

地球温暖化懐疑論とそれに対する回答の例は、Wikipediaにもあります。

日本のIPCC関係者の記者発表は、
http://www.m-yamaguchi.jp/IPCC/IPCC.pdf

地球温暖化懐疑論の本質については、「世界を騙し続ける科学者たち」という本も参考になります。
もっともこの本は、「IPCCの科学者」ではなく、
「温暖化に疑問を出し続ける科学者」のことを、
“過分に政治的な色を帯びた団体やそれに類する利益団体の言説”だと主張して、
エネルギー産業業界や自由市場原理主義者と、そのお先棒を担ぐ科学者たちを糾弾しています。

投稿日時 - 2013-01-20 09:52:23

お礼

回答ありがとうございます。

少なからず質問の意図が正しく伝わっていなかったようなので、補足の意味も込めてひと言。

懐疑論や懐疑論に対する懐疑論、そのまた反論があることは勿論知っています。それぞれの立場や利益(中には純粋に科学的な知見からの発言もあるかもしれませんが)からの発言が主でしょう。

今回の質問は、それらの言説を一端保留して(横目で見ながら)、一般的な高等教育を受けてきた論理的、懐疑的な理性で、もう一度この問題を検討してみたい。その過程が(1)~(7)の素朴な疑問なのです。そしてその結果が妥当なものか、それぞれの意見を聞いてみたいというのが主旨なのです。

投稿日時 - 2013-01-20 11:06:44

あなたにオススメの質問