こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

看護助手は近道ですか?

30代主婦です。
今年初めて看護学校を受験しました。
二校受験したのですが、一つは不合格で
もう一つは、まだ結果は出ておりません。
二校目の受験時に、私が不合格だった学校を受けた方と話す機会がありました。
その方は、そこの学校は合格したそうです。
私と、共通する部分は
・30代主婦であること。
・今回が初めての受験であること。
・試験の出来はそこまでできなかった
こと。
です。
ただ一つ違う点は、その方は現在看護助手の仕事をしているということです。
昨今、看護学校の倍率は高いため、初めての年は合格しにくいと聞いたことがあります。
もちろん、その方の実力もあると思うのですが、やはり、看護助手をしていたほうが合格に近い傾向があるのでしょうか?
私は、結婚前に看護助手の仕事をしており、今は子供もおりますので、13時までのパートをしております。
来年も受けるつもりですが、看護助手に転職したほうがいいのではないかと迷っております。
アドバイスをお願い致します。

投稿日時 - 2013-01-21 18:53:46

QNo.7903344

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 No.2の者です。
再度、きました。 正看だったら話は変わってきます。

もし、仮に入学できたとしても助手をやりながらというのはまず、不可能です。

実習やレポートでそれどころじゃないと思うけれど。

他の回答者も言ってましたが学校に入学するのも狭き門です。

すでに、ご存知だと思いますが。

准看護の学校だったら可能ですがね。それに医師会系列の学校が多いのでそこの医師会の病院で勤務したら何かのメリートはあるはずです。准看護師はなくなると騒いでる人がいますがそんなデマに左右される必要もないです。

なぜなら准看護師は医師会が作ったようなものですよ。簡単に言えば。自分らの利益のためだろうけれど。 ただ、准看護師にの件では看護協会で騒いでいるだけです。


 まぁ、確かに正看護師の学校に入学したほうが最短なのも事実ですね。

看護助手に転職するのもいいと思うけれど正看護の学校に通学しながというのは不可能です。

 先ほども言いましたが! それと入学試験の面接はかなり重要視されますよ。例えば、志望動機とか。

日ごろから新聞に目を通すのもいいかもしれないです。 


 最後に!
  夢いや目標かな。 諦めないでほしいです。

投稿日時 - 2013-01-22 02:23:51

お礼

再度、回答頂きましてありがとうございます。

面接で、自分の看護師になりたい思いを、伝えきれなかったので
すごく悔しい思いをしました。
看護助手で、働いていれば看護師になりたい理由の筋書きが
面接官に伝わりやすいかもしれないと考えてしまいました。

准看がなくなるかもしれない情報は、私も踊らされていました。
そんなことはないのだと、安心しました。

来年は准看を経由して正看を目指してみることも
視野に入れてみたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-22 14:36:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

No.1の方の書かれていることが正論だと思います。
現役の高校生も30代の主婦も区別はないと思います。

ただ、看護学校では100%面接があります。
社会人の経験者と高校生では、面接官の質問内容にも違いはあると個人的に思います。
その面接の場での話題として、「看護助手としての経験が活かせる」可能性はわずかながらあるのかなとも思います。
しかし、神社へ出向き絵馬を書くか書かないか程度の差しかないでしょう。

「30歳代の主婦が、どうして看護師を志したの?」という質問はあるでしょうね。

「将来、どのような看護師になりたいか?」という将来像を自分の中にあるのと、全くないのとでは印象が違うと思います。
将来像があるだけで実現できるかどうかは、これからの頑張り次第です。
ただ単に「看護師になり、病院で看護師として働けたら満足です」という返事は最悪だと思います。

看護師は毎年5万人くらい国家試験に合格しております。
ですが、結婚や出産で休まなくてはなりません。
子育てしながら仕事との両立は困難が多いことと思います。
5年も7年もブランクが開くと「職場復帰」に踏み切れません。
理由は、医学の進歩に自分がついていけるだろうかという不安が多いようです。


自分自身に看護師になりたい確固たる信念があるのなら、看護助手になることなく勉強に集中してください。

投稿日時 - 2013-01-22 00:16:27

お礼

回答ありがとうございます。

看護師になりたい確固たる信念…
それを面接の、限りある時間で面接官に伝えることが
できればよかったと悔しい思いです。
でも、結局のところ面接も勉強もまだまだのところ
だけなんだと、思い知らされました。

看護助手をしていたら、それだけで看護師になりたい
筋書きみたいなものが、面接官に伝わるのではないかと
思ってしまいました。

まだまだ甘い考えです。
仕切り直して、また今年も勉強に励みたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-22 14:25:01

看護助手しながら学校に行くということは准看護師を目指しているのでしょうか?

専門的なことはわかりませんが医師会の学校でしたら同じ医師会の病院で勤務していたら合格できる可能性が高いときいたことがあります。

オレの上さんも働きながら准看護師の資格を取得してそれから正看護師になりました。それにオレも大検で大学を受験して学生のときは新聞奨学生をしていたのでそういうガンバリ屋さんは個人的に応援したいですね。

楽ではないだろうけれど30代だったらまだまだいけますよ。現に40代で学校に入学して資格を取得した人もいます。

頑張ってください!

投稿日時 - 2013-01-21 19:13:04

お礼

とても、暖かいお言葉ありがとうございます。

准看ではなく、正看のクラスを
受験しました。
しかし、周りの方は正看のクラスを直に受験すると、倍率が高くて
合格しにくいので、浪人し続けるよりも准看クラスを経由して
正看を目指すほうが早いという考えを持っている方は
多いように見受けられました。

奥様もご主人も努力されて、素晴らしいですね。
とても、勇気が湧きました。
今、32歳なので40歳までに看護師になれたら
いいなと思っています。

継続は力なり。
この言葉を信じて私も努力し続けます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-21 23:00:44

ANo.1

 看護助手をしていて看護学校の受験に有利になることは全くありません。

 筆記試験と面接がすべてです。面接で落とされる受験生もいませんから、結局は試験の出来次第です。勉強に専念してください。

 看護専門学校も国立大医学部看護学科も試験の順位でしか合否判定は行いません。勘違いしてはいけませんよ。

投稿日時 - 2013-01-21 19:12:51

お礼

早急な回答を頂きありがとうございました。

高校の時も、あまり学力には自信がなかったので、
予備校にも通い、やっとで基礎に追いついた感じです。
予備校の方にも、看護学校に入学してからの勉強のほうが
地獄だよと聞かされました。

なんとか、楽して合格できないものかと自分に対する甘えも
あったかと思います。
その反面、努力が結果に出ることに安心しました。

来年の受験のために、今年は基礎から応用に対応
できるように、頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-21 22:45:16

あなたにオススメの質問