こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

原発事故を受けて

チェルノブイリ・フクシマの失敗をもうこれから起こさないために、必要なことは何でしょうか。日本は、ヒロシマ・ナガサキという歴史を持っているけれど、福島で原発事故を起こしてしまいました。福島が受けた被害はまだ全貌が見えていません。だから、どんなことが起こったのかこれから起ころうとしているのか、受けた被害を目で見れていないのです。私は、チェルノブイリで何が26年の間で何が起こったのか、それを知り、これから起こりうることを予測し、出来るだけ被害を抑えるために努力しなければ行けません。今、そのことに向き合わなければいけないと考えています。
 それと、もう起こらないように、しなければならない。チェルノブイリ事故は悲しい出来事でした。しかし、その経験を生かすことは出来なかった。だから、フクシマの経験は絶対にこれからの幸せのために生かさなきゃいけない。だから、伝えなければいけない。チェルノブイリの事故を受けて同じ失敗をしないように伝えていた人たちがいた、でも、私はその声に耳を傾けていなかった。今、自分の身におこってやっと耳を傾けるようになった。
 私のように、耳を傾ける、という意識のない人にどうやったら、伝えられるのでしょうか。どんな伝え方だったら、悲しいことを聞くようになるのでしょうか。誰も悲しい話しを聞きたい、と思う人はないし、避けたいと思うでしょう。そういった人に上手く伝える方法にアイディアがある人は教えてください。

投稿日時 - 2013-02-01 15:57:09

QNo.7922474

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

関心の無い人,聞く耳を持たない人,持とうとしない人,安全神話を信じ切っている人には,伝えようがありません。
まだ関心が薄い人の関心を惹きつけ,聞いて貰うことは出来ます。
その方法を,あなた一人で悩んでも,悩みが深くなるばかりです。
同じ意見の人が集まって知恵を出し合うことで,力を分かち合って,自分の出来る範囲を心得て,互いに学びながら地道に努力するしかないと思います。
毛利元就の教えのように,3本の矢は一人では折れませんが,三人が分かち合えば折ることが出来ます。社会的な活動というものは,全てそうして発展してきました。
目先のことで悩んだり迷ったりしていては,一本の矢も折れません。
先を見通す気持ちで,楽天的にならないと,前へは進めません。
明日を造る為には明日を信じて,周りの人を信じて,自分を信じられるように学習を深めて,そこから得たものを一日一歩,三日で三歩,三歩進んで二歩下がる・・・・・水前寺清子さんの歌のように,躓いたり,よろけたりしながらでも,前を見て歩きましょう。
具体性がなくてご免なさい。

投稿日時 - 2013-02-01 17:51:27

お礼

お返事ありがとうございました。
私は、福島県の子どもたちを保養にだすプログラムを行っていて、そこで沢山のボランティアの方々にお世話になりました。初めは、子どもに興味があるという理由で参加してくれた子が今では一緒に放射能の影響についてなど勉強してくれています。
他にも、同じように考えている人たちと話したり、企画をしています。そのとき、1人じゃない、一緒に悩んで歩いていく人がいると思うととても安心し、またやる気が出てきます。
 周りの人を信じれる、一緒に希望を持てるのは本当に良いですよね!
 そして、水前さんの歌!私も、最近、頭に浮かんでいました!!!!
よろけても良い!泣いても良い、でも、明日はあるし、自分で何か出来ることに感謝します!
お返事、ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-02-08 13:29:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

福島県議会の会議録を閲覧してください。

投稿日時 - 2013-02-01 16:57:19

お礼

お返事ありがとうございました。
閲覧してみました。
これから積極的に見て、どのような意見にどのような対応をとっているのか、を勉強して自分は何を出来るのかを考えます!
ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-02-08 13:34:50

あなたにオススメの質問