こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

境界性人格障害をなおしたい

はじめまして。二十代女性です。

境界性人格障害を治す手がかりになる本や方法
病院などを教えていただきたく投稿しました。

昔からずっと自己肯定感が低く
生きづらさや恋愛での悩みなどを抱えてきました。

心理学を勉強したことから、アダルトチルドレンだとは認識していたのですが
いろいろ調べていて、おそらく境界性人格障害だと思います。
テストをすると、どこでも傾向ありと出ます。

今、恋愛をしていますが、私が不安になったり考え込んだり
感情を抑えるのが苦手なため相手を疲れさせてしまい
幾度となく別れ話が出ました。
いまは向こうも頑張ってくれていますが、自覚したことを機会に
きちんとなおしたいです。

こちらで事例が出ているような、相手を脅したり自殺未遂をしたりはしていませんが
喧嘩になると次の日まで持ち越せず夜中でも話を求める
感情が高ぶると物に当たりたくなりますが、かなり必死で堪えています。
(堪えているのはばれてます。)
何度か、夜中に家を飛び出したこともあります。

衝動のままに行動したら、おそらく本気で相手を殴ったり罵倒したり
死ぬと喚いたり、電話をし続けたり、試す行為をしたり絶対してしまいます。

相手の些細な行動から拒絶されていると感じ、どうしようもなく胸が痛く怖くなります。
喧嘩をしていても、内心は見放されるのが怖くてたまりません。
どうにかわかってほしい反動や、見放される不安で感情が湧き上がり抑えられなくなります。

人からは褒められ憧れられるような仕事をしており
友人も多く関係も良好で心も開いていますが
誰になんと言われようと自分を肯定できておらず、自信がありません。

こんな自分が嫌で嫌で、相手を苦しめるのも嫌ですし、治したいです。
ずっと生きづらさを感じて、常に悩んで苦しんで心がズキズキしている人生でした。

どうにかして治したいです。
もっと楽に心穏やかに生きたいです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-02-07 03:23:34

QNo.7932257

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

元境界性人格障害の者です。


ご質問を拝読致しましたが、あなた様が境界例である可能性は極めて低い、叉は万が一そうであっても、相当軽度であり、問題視する程ではないとお見受け致しました。

まず
>いろいろ調べていて、おそらく境界性人格障害だと思います。
>テストをすると、どこでも傾向ありと出ます。

この点。

テスト と仰るのは、恐らくネット上や、書籍からではないでしょうか。

あの類の質問事項はあくまでも 可能性がある、という結果が出るように段階付けられているのが特徴です。

あなた様は、[危険な状態です、今すぐ専門家に相談を]という結果にはなった事はないのではと存じます。

>感情が高ぶると物に当たりたくなりますが、かなり必死で堪えています。

抑えられるのでしたら、境界例ではありません。
程度にもよりますが、この障害の方は、ワーっと感情が高ぶると、自己をコントロール出来なくなり周りを何らかの方法で巻き込むのが特徴です。

>衝動のままに行動したら、おそらく本気で相手を殴ったり罵倒したり
死ぬと喚いたり、電話をし続けたり、試す行為をしたり絶対してしまいます。

予想で留まれるのなら、大丈夫です。
これらの症状は文献などで調べられたのかと存じますが、
そうなるかも知れない、だけですよね。


そして最大に、私があなた様の事を境界例ではないと思う点。

>友人も多く関係も良好で心も開いていますが

境界例の方は常に他人に対する評価が揺れ動いてしまうので、対人関係が常に不安定です。
周囲の人間と上手くやれている事からも違うと思います。


じゃあなんなの?と思われるかと思われると思います。

あなた様の場合、アダルトチルドレンである可能性が高いです。

何故混同しがちかと言うと、境界例の殆どの方がアダルトチルドレンだからです。

しかしアダルトチルドレンはご存知と思いますが病気ではありません。
恐らく心療内科などへ行かれても安定剤などを処方されるだけで、あなた様の望むアプローチは受けられないと思います。

アダルトチルドレンは、過去の自分が受けた傷を癒やしてあげる事によって治ります。大丈夫です。

あなた様の中に、実年齢のあなた様と、子供の頃傷を受け癒やされないままでいる小さなあなた様が存在しているとお考え頂く事が一番解りやすいかと存じます。

カウンセリングは非常に有効です。

投稿日時 - 2013-02-08 02:16:05

お礼

ありがとうございます。
先日カウンセリングへ行ってきました。
とても信頼できそうな良心的な先生でしたので
通うことにしました。

また、ご回答いただいたように、おそらくアダルトチルドレンとのことでした。
これから頑張って克服していけたらと思います。
きちんと治して明るく生きていきたいです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-15 14:06:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

22人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

こんばんは。

先に、素人の意見で申し訳ありません。

境界性人格障害と自覚されているのですね。

別人格を認識したことはありますか?

まずは日記などを書いて、記憶が欠けていないか確認してみましょう。

フラッシュバックが出るような事は極力控えて下さい。

自己分析をしやすくするために、気分と行動をスケジュールのように書いてみてはどうでしょうか?

例えば
<10時、ケンカ、最悪、飛び出す>

等と、自分が思い出せる記憶とあっているのか確認しましょう。

または彼氏さんに手伝ってもらってはどうでしょうか。

こちらを一ヶ月続けてできたら、次は、今までできなかったことにトライしてみましょう。

上記の日記も継続しつつ、自己分析をしつつ、次は自己のコントロールに繋げます。

投稿日時 - 2013-02-07 20:59:04

お礼

ありがとうございます。

記憶が欠けていることはありませんが
たまに発狂しそうになったり暴れたりしたときは
自分でない自分を後ろから見ているような感覚になります。

日記は有効そうですね。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2013-02-15 14:09:33

こんにちは。貴方のご質問拝見致しました。お悩みのご様子お察し申しあげます。

最近は書物も色々出ていますが概して難解で記載も多岐に亘るので困惑される方が多いと思われます。
「アダルトチルドレン」とのお話しから、生育歴に於ける問題が解決されてないことで、「自己肯定感」が低くなっている可能性が考えられます。
  
この場合焦りは禁物です。心理学を勉強されておられるのであれば「エゴグラム」による行動パターンから貴方の低い分野を高める方法があります。地道と思われるかもしれませんが、自我のコントロールに結構有効な場合があるようです。

また、「認知行動療法(CBT)」も有効で以下の書物をご紹介させていただきます。

 「こころが晴れるノート」 大野裕 創元社

また、厚生労働省のHPに公開されている資料も参考になると思います。 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kokoro/index.html

「人格障害」という言葉は大げさに聞こえますが、それを構成する要素は「自我のバランス」「認知の歪み」「性格の偏り」…等ということで、過度に悲観的・否定的にお考えになることはないと思います。

大変簡単なお答えですがご参考となれば幸いに存じます。焦らず一歩一歩進められてください。
貴方のご快復を願っております。お大事になさってください。
  
  sophia-s

.

投稿日時 - 2013-02-07 11:05:30

お礼

ご回答ありがとうございます。
エゴグラムは、7年ほど前から定期的に見ていますが
だいたい常にM型で、いまあらためてやってみたところBABABでした。
昔はBABACと出ることが多かったのでACが少し上がったのかもしれません。
ちょうど心理学の勉強を集中的にしたのがその7年前くらいの時で
その頃からアダルトチルドレンのことを探ってきましたが
原因はおそらくそうだろうと言うものがあります。
はたから見ても明らかに家族の状態がおかしい(おかしかった)ので
そこをどうにか消化していかなければいけないのですよね。
幸い境界例の傾向も重度ではないと思うので、
(相手の評価が極端に変化しこき下ろしたり、自殺未遂をしたり、
そこまではしたことはないです。)
自分で抑えながらどうにか解決していきたいです。
頭では自分の感情がおかしいとわかっているのがまだ救いだと思っています。
負けずに解決して、大切な人と笑って過ごしたいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-07 13:57:57

ANo.3

お悩み、苦しさがよく分かります。

私の知っている範囲でお答えしますね。
身近な人間3人それぞれ『自己愛人格障害』「統合失調症」「ボーダー(境界性人格障害)」でした。
結論から言うと、境界性人格障害の人だけが良好な状態にまでなりました。

必要なのはご自分に合った治療者を見つけることと、あきらめず長い治療に耐えることです。

知人の心理学者に、境界性人格障害および躁うつ病の第一人者と言われているの医師を紹介してもらいました。
その方の診察を受け、彼はその紹介で自分の近隣の病院に通い、カウンセリングも受け困難を克服しつつ社会生活を送っています。
その治療は20年以上になり、まだまだ多分死ぬまで続くのでしょう。
良好な状態になり、『治る、治す(いわゆる精神障害のない普通人になる)』と言う概念から自由になったと言っています。

彼は東北地方から、鹿児島の『神田橋ドクター」の診察を受けました。
このドクターがあなたに合っているのかは判りませんが、付き添いで行った私の印象は、天才肌?!直感型?の、なんとも不思議な人でしたよ、何か精神の障害は悲劇や地獄ではないと感じさせてくださる先生でした(生きてるだけでいいんだーと思うような)。
お弟子さんを紹介してくれますからいいと思います。

なんにせよ、あきらめることはありません、心身の完全な健康などないのです、少しづつ良くなって自分らしく生きる道が必ずあります。
応援しています。

投稿日時 - 2013-02-07 10:55:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
神田橋先生のこと、検索してみました。
本などもあるようですので、まずは読んでみようかと思います。
身近に回復に向かった方がいるとこのこと、励みになります。
私も試行錯誤しながら頑張ります。
一度の人生、こんなものに負けてたまるかと思っています。
きっと消化して乗り越えていきたいです。
周りも自分も、もう傷付けたくありません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-07 13:35:40

ANo.2

境界性パーソナリティ障害ではありませんが、他の疾患を持つ者です。

同じく完治できればそれに越したことはないのですが、なかなかそうもいかにというのが現状のようです。

つまり、対処療法でつらい状態を軽減するという事です。

一つは薬物療法で、主治医とよくよく相談をして一番効果のある薬に出会えるよう治療を進める。
もう一つは精神療法。ただ、日本には精神治療がきちんとできる心療内科・精神科がある大学は100に満たない状況で、なかなか厳しいようです。ただ「認知療法」と言って森田医師が提唱する精神治療は自ら意識して取り組めばそれなりに効果が出るとよく聞きます。

薬を飲み続けるのは本意ではないかもしれませんが、薬を飲むと人格が変わるというようなものではなく、高血圧の人が降圧剤を飲めば平常な血圧を維持できるというのと同じだと考える方が妥当だと思います。

私自身、今は寛解状態でごくごく当たり前の生活をしていますが、主に2種類の薬だけは欠かさず服用しています。周りの人間は、精神疾患を罹患する前に戻ったと言います。

もう一つは、これは自分の個性だと割り切って突き進むことです。太宰治もそうだったと言われていますし、それはそれでいいじゃないかと思えればですが。

ご参考まで。

投稿日時 - 2013-02-07 10:31:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

森田先生の治療法は聞いたことがあります。取り組んでみたいと思います。

薬は、以前辛くて仕方なかった時に心療内科へ行ったのですが
とりあえずという形で抗うつ剤を出されたことがあります。
ただ私の場合は特に変わることはなく、
薬を目の前にすると病気なのだという意識が湧いてしまい逆に良くない気がしました。

また、自分の自覚では、よく書かれている境界性人格障害の症状よりは軽い気がしており
なんとかがんばれば心がすっきりとした状態で生きられるのではと思っているので
どうにか根本的に解決できるようチャレンジしていきたいです。

自分も周りもむやみに傷付けず、一度きりの人生楽しんで生きていきたいです。



現在自覚できる症状は下記の基準のうち○をつけたものです。
当てはまらないものは×をつけました。

以後ご回答をくださる場合、また他の方々へも参考になれば幸いです。

境界性人格障害の診断基準(アメリカ精神医学会によるDSM-IV)

○・現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気違じみた努力
×・理想化とこき下ろしとの両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式
×・同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像または自己感
○・自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも二つの領域にわたるもの
(例:浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ食い)
○・自殺の行動、そぶり、脅し、または自傷行為の繰返し
○・顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は二三時間持続し、二三日以上持続することはまれな、エピソード的に起こる強い不快気分、いらいら、または不安)
○・慢性的な空虚感
○・不適切で激しい怒り、または怒りの制御困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのケンカを繰り返す)
×・一過性のストレス関連性の妄想様観念または重篤な解離性症状
このうち5つ以上当てはまる場合、境界性人格障害と診断されます。

境界例の主訴
○・自分の生き方がわからない。
?・現実を理解する能力が貧弱。
×・いつも場違いな所にいるように感ずる。
○・自分のすべてを受け入れてもらいたいと望んでいる。
○(恋愛のみ)・感情の移り変わりが早く人間関係が不安定。
○・愛し方が不十分であるという理由で相手を責めたてる。
×・仕事に不満を持ちやすく転職を繰り返す。
○・一見、周囲にうまく適応して見えることもある。
○・自分と他人との境界があいまい。
×・他人への評価が極端から極端へと揺れ動く。
×・人生の価値観や目標が突然変わったりする。
○・キレやすい。
○・二者関係にしがみつく。
×・自殺未遂を繰り返す。
○・アル中、浪費癖、過食、淫乱、ギャンブル狂、暴走行為、薬物中毒

投稿日時 - 2013-02-07 10:53:34

ANo.1

仕事以外で人とかかわらず、恋愛もしない、、、、孤高の人でいれば、いくらか、いきやすくなるのでは、、、。

髪を丸めて、仏門にはいる、、、こころやすらかに、、、、修行が必要でしょう、、、真面目に考えても、、、。

まだまだ、大人になるにはたくさんの時間がかかるでしょう。

具体的には、精神科に行き薬をもらう、カウセリングヲ受ける、、、まあ、10年も、真面目に通院できれば、変わるでしょうけど、、、。あなたの年齢がわからないけど、、、仮に20歳だとすれば、、、60歳、、、三倍の年数を生きれば、人間変わるし、落ち着くでしょう。

やる気があるなら、文芸書、100冊くらい、読んで、人生をお勉強してください。

ドフトエスキー、村上春樹、村上龍、山川健一、、、などを、たくさん読んで、人生を学びましょう。

投稿日時 - 2013-02-07 05:35:40

お礼

ご回答ありがとうございます。
ただ、真面目に質問をしているので
冷やかしでないご回答をお待ちしております。
境界性人格障害をご存知の方からのご回答を希望しております。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2013-02-07 09:37:10

あなたにオススメの質問