こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚原因「性格不一致」とは?

こんにちは。

若年層、熟年層ともに年々離婚数は増加してますが、
いわゆる離婚原因のひとつ「性格の不一致」て具体的にどのような原因なのでしょうか?
周囲にまだ離婚経験者(結婚している人も)がおらず、ふと気になりました。

暴力、浮気、ギャンブルといった理由の離婚原因ならわかるんです。
生活自体が続けられないし、子どもに悪影響ですから。
でも、離婚原因第1位って「性格の不一致」なんですよね。

よく聞くのは、相手に愛情をもう感じない、もしくは嫌いであっても
「離婚するのは面倒だし、子どもを一人で育てる(子どもと離れる)のは大変だし片親で可哀そうだから、結婚生活は続ける」
という話です。

そうしたリスクを承知の上で、「性格の不一致」で離婚するって一体どういう理由なのでしょうか?
「相手と同じ空気も吸いたくない」というよほどの状態までいかないと離婚にならないんじゃないんでしょうか。
喧嘩をしたことがない夫婦はいないでしょうし。

体験談、周囲から聞いたことがある等あれば教えてください。

投稿日時 - 2013-02-07 14:49:30

QNo.7932902

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「性格の不一致」という言葉は確かに違和感がありますね。

おそらく都合のよい言葉として使われてるのではないかと、

法的に離婚の理由にならない事由のほとんどをこれで済ましているような気がします。

あまり言いたくない経済的な理由もあるだろうし、家族との兼ね合いや。
言い出した面倒臭い些細な理由も、お互いが意見の合った離婚であるのならば、慰謝料のウンヌンもなければ、
性格の不一致で片付けてしまうのではないでしょうか。

生活のために結婚生活を続ける人もいれば、生活のあてがあるなら離婚して別の人と再婚する人もいるでしょう。

何年も一緒にいて今さら性格の不一致っておかしな気もしますが、何年も一緒にいたら、予期せぬ事象もあるのかもしれませんね。
不景気によるリストラとか; アルコール依存など…自己破産などイロイロあるんじゃないでしょうか

夫婦間の「性格の不一致による離婚」
ときくと、よく巷で言う
バンド等の「方向性の違いによる解散」をなぜか思い出します…;;
表向きの理由という事でしょうかね。

投稿日時 - 2013-02-07 17:53:26

お礼

表向きの理由として使われることもありそうですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-09 21:29:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

【そうしたリスクを承知の上で、「性格の不一致」で離婚するって一体どういう理由なのでしょうか?】

本気で’性格だけ’が不一致だと思ってますか?

【暴力、浮気、ギャンブルといった理由の離婚原因ならわかるんです。】

’これだけ’でではなかなか離婚できないのですよ。
そして、これらが複合して、さらに、多少はあって、そして、’性格の不一致’ということにすぎない。

双方の親に対する、今後の展望とか、収入にまつわるあれやこれやの問題、そして浮き沈み。
さらには、家事負担に関する不均衡。

sexにたいするものも、含めて、全部少しずつで、’性格の不一致’です。

たとえば、お惣菜を買ってきて並べて・・・それが不満で性格の不一致。
調理を自分でしないという不満。
共働きでもありがちだから、家事負担の不均衡からの不満というのは。

【「相手と同じ空気も吸いたくない」というよほどの状態までいかないと】

そんなことはないのではと・・・おもう。
子供がいなければ、何かのきっかけだし。
実家に戻ったついでに、もう、帰りたくないというのもありだし。

子供がいても、双方の、何気ない思いやりのない言葉に、人生の価値観をみて、
見損なったという思いが起こることもありです。
特に、経済的に依存することがなければ、思い切るのは早いです。
お荷物だと感じるだけだから。

いま、我が家も、別居ですが、離婚するほどの意味もないので、そのままなだけ。
状態としても、別居で、別会計で、ほとんど他人ですから。

離婚するなら、’性格の不一致’としか表現しようがないですね。
自分の不在な’家庭’を思いやることもないなら、こちらも相手を思うこともない・・・それだけのこと。
経済的依存状態にあったわけではないから、我が家は。

熟年離婚というのは、金の切れ目が縁の切れ目でしょう。
女性なら、わずかの年金でも確定できるなら、もうこれで、我慢しないということで、’性格の不一致’とするのは、
多いと思います。

投稿日時 - 2013-02-07 16:50:35

お礼

具体的に挙げていただきとても参考になりました。
離婚が多くなったのも、経済的に自立した女性が昔よりも増えたからでしょうね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-09 21:32:04

夫婦がうまくやって行くには、お互いの嫌な部分を我慢出来るかどうかが大切だと思います。

今は我慢しても、いつかは変わるだろうって思って結婚すると、期待を裏切られます。

それが性格の不一致って事ですね。

投稿日時 - 2013-02-07 15:59:54

お礼

結婚は我慢だとよく聞きますよね^^;

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-09 21:30:02

ANo.2

こんにちは。
「性格の不一致」で離婚経験者の者です。


私の場合、結婚する前に確認しておくべきでしたが。。。


私は日々、出来るだけ節約を楽しみながら、将来一軒家を持ちたい。

でも旦那は、一生、借家住まいでいいから毎日良い酒を飲み、贅沢したい。



他にも色々ありますが、私にはこれが一番大きかった。
「そんな事か」と言う人もいるけれど、これが原因で色んなところが嫌いになっていき、
すれ違いが増えて離婚。
旦那は節約を頑張っている私との生活が窮屈だと、だんだん思ってきたのでしょう。
そしてお互い譲らなかったという点もありました。
これも性格の不一致。


性格の不一致というのは「考え方の違い」「方向性の違い」という意味でもあると私は思います。

投稿日時 - 2013-02-07 15:25:58

お礼

経験者の方からのご回答、とても参考になります。
生活に対する考え方の違いだったのですね。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-09 21:30:41

ANo.1

http://homepage3.nifty.com/owltree/interview/interview200010.html
夫婦の不一致度診断

投稿日時 - 2013-02-07 14:53:21

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-09 21:30:47

あなたにオススメの質問