こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

キリスト教の人との結婚について質問があります

とりあえず、プロフィールから
私は海外で勉強している日本人の学生です。
彼女
:香港出身
:キリスト教(プロテスタント)
:アニメオタク
:ヤンデレ??
:私より一つ年下

今は付き合ってもうすぐ1年になります。
結婚するには数年歳がまだ足りないんですが。たま~にキリスト教に改宗して欲しいと言ってきます。
理由を聞いてみると、キリスト教になってくれないと結婚できないって言ってくるんです。
それまたなぜ?と聞くと、、聖書に書いてあるからと。。。
今の時代そんなこと言われるなんて思ってもいませんでした。
彼女がそう考えるのには少し理由があって、彼女の両親がキリスト教なんです。しかもお父さんが牧師?さんです
つまり彼女の両親も同じことを考えていて、私のことをあまり良く思ってないらしいです。
最近私との交際がバレたらしく、この前キリスト教の子と付き合いなさいと言われたらしいです。



改宗するかどうかは今はまだわからないけど、彼女に私なりに意見を言わせてもらいました

’’私達すべての人間が同じ意見とか宗教とか持たないよね?あなたが好きなものが必ず私が好きってことは無いよね。
改宗することをには少し抵抗あるけどできるだけ教会に行って理解を深めたいと思う。でも私は日本人で小さい時から昔話や神話を聞いてるから一神教になるっていうのはちょっと無理かも、でもキリストの教えっていうのはすこし興味があるかな。
お互い愛し合っていれば宗教なんて関係ないでしょう?’’

↑のように言いました。分かったと彼女は言ってくれましたが、ちょっと微妙ですね。



そこでなんですが、質問です。
やはり聖書にはキリスト教を信仰するもの同士でしか結婚はできないと載ってあるのか?
キリスト教の人に非キリスト教は差別されているの?
これからどのように彼女と付き合っていいのか?
それとも異なる宗教同士の結婚、交際は無理なのでしょうか?。。。
この出来事から、キリスト教というものに嫌気というかマイナスなイメージが私の中にできてしまいました。
キリスト教とは一体どういうものなのか教えて頂けるとうれしいです。


宗教の話題が出ない限り彼女とは普通にアニメの話をしたりしてお互い愛しあってます。
女の子にとって結婚は夢なんでしょうけど、そういう話はすこし早いですよね。。。
文章読みにくいですけど、解答よろしくお願いします。
わからない点があれば、追記します

投稿日時 - 2013-02-11 00:03:46

QNo.7938954

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

私は50歳のハーフ(アメリカとにほん)バーツ2、日本で約32年間くらしましたが、最初の妻は日本人で離婚の理由は宗教です、クリスト教でも一番危険のはエホバの証人(ものみの塔)輸血拒否、などなど、その信者なら、まずその相手を同じ教会で信者になれなければ結婚は出来ない、私の場合は結婚してから前の妻が信者のなたのが助かりましたが、それでもいつも(あなたも信者になって。。。)その後長男が交通事故にあてそのときその宗教の危険さが分かりました、この世の中にはいろんな宗教存在します、まずそれをちゃんと調べてからでも遅くはない、本当マインド。コントロル存在します、平気で殺人や自殺もします、一度本屋さんで宗教に関する本たくさん有ります、そして例えばエホバの証人とクリスト教の違い、マインド:コントルの違いなど。けして本を読む時間は無駄では無い、逆に貴方の人生にプラスになります、参考になれば幸いです、貴方は私と同じにめに遇わないように・・・・・

投稿日時 - 2013-04-15 01:46:32

ANo.5

彼女か宗教かを選ぶ必要がある、ということです。

投稿日時 - 2013-02-11 05:36:31

アメリカ在住です。あなたの住んでおられる国がどちらかわからないのですが、いちおう、アメリカでのいわゆる”一般的”と思われている考え方をお知らせします。

1)お手持ちに英語の聖書をお持ちでしたら、Ezra10:10 By marrying a pegan women, you have increased Israel's guiltという節があります。ここだけ取り出して、”これが聖書の意見だ”ということはできないのは、これは旧約聖書の記述で、このあとイエスキリストがやってきて、神と人間との契約(新約聖書の部位で)を更新するからなんですが、書いてある事は書いてあります。

2)具体的には、キリスト教徒からみて、非キリスト教とは、”死後、天国に行けない人たち”の総称です。ですので、機会があれば、教会に誘ってみます。”貴方も私と一緒に天国に行きましょう。”と言う意味です。日本人からみると、気持ちが悪いのが判っているので、私は日本人の方は絶対誘いませんが。

3)アメリカに住む中国人は出身によって、いろいろですが、中国人でしかもキリスト教徒、というと、結婚後の生活形態が、いちおう決まっています。中国系の教会を見たことがありますか?

日曜日の午前中は聖書の勉強会と礼拝、午後は子供がいる場合、子供達は教会で中国語の補習校2~5時間勉強します。

水曜日にもミーティングがあるようです。人によっては、ほぼ一日おきに教会にご奉仕している家族もいます。

趣旨としては、家族や、特に子供達を、世間の悪しき風習から守る、ということですから、教会で出会った人たちが第二の家族になるような、雰囲気です。家族がまだ中国に残っていて孤独な人たちが、困っている時に助け合える仕組みでもあります。便利な町内会のような働きをします。

そのような仕組みの中で育ってきた女性が、家族とはなれて一人で海外で暮らしている貴方に、もし結婚するならば、その仕組みの中に入って、私と一緒に人間として成長してください、というのが、彼女のお願いです。

彼女は、現在楽しければそれでいい、という女性ではなく、長期的なスコープを持って、ものを見ておられます。貴方に、自分の気持ちに応えてほしい、といっているわけで、貴方の回答が、彼女を十分納得させられるものかどうか、ちょっと、考えてみてください。NOですよね~。

健闘を祈ります。

投稿日時 - 2013-02-11 03:04:17

ANo.3

うう~ん、聖書にですか?
キリスト教の人しか結婚ダメって?
書いてあったかなぁ…。
…あっ、たぶん旧約聖書なら「異邦人(異教徒)と混ざったらダメ」というようなことは、書いてあったかも(直接結婚がダメとは
書いてないと思われ…)。
すいません、一応クリスチャンなんですが、聖書はふだん気に入ったトコしか読まないので…(^^ゞうろ覚えで…。
(ホントにどっかに書いてあったらどうしよう…)
ちなみに自分の教派では、結婚がキリスト教徒同志じゃないとダメってことはありません。
(でないと結婚できないよ、日本人でクリスチャンって少ないから…(^^ゞ)

あと、一般的にキリスト教では差別はダメですが(人は神のもとにみんな平等)、キリスト教の母体がユダヤ教でして、ユダヤには選民思想(神がユダヤ人を選んだ、という優越思想)があったので、教派によってはそれが色濃く出て、非キリスト教徒が差別されることがあるかも知れません。

プロテスタントって、ホントに色んな教派がありまして、聖書を拡大解釈してコーヒーやコーラも飲めない教派があったり、酒もたばこもOKな教派があったり(ウチです、聖公会)色々です。
かなり前ですが聖書に書いてあるからって両親が輸血を拒否して小学生の男の子が亡くなったことがありました。
ご両親は後悔されてないのかもですが、男の子の気持ちはどうだったのか、自分としては疑問に思っています。
聖書が書かれた当時、輸血なんて医療技術はありませんでしたから、輸血がダメとはどこにも書いてないはずで、要は拡大解釈ですね。
聖書はやろうと思えばどこまでも極端な解釈が出来てしまうところが怖い本です。

キリスト教はどういうものか…?
教派によります!
基本、イエス・キリストを救世主(神)としていればいいんだけど、教派によって、新約聖書(イエス・キリストのことや使徒たちの活躍が書いてあるいわゆる「聖書」)だけでなく旧約聖書(ユダヤ教の聖典。ユダヤ教はキリスト教の母体)も重要視してるところがあって、それが混乱のもと。
旧約聖書には、いわゆる「律法」と言うのがたくさん書いてあって…それを「イエスの教え」として組み入れるかどうかで違って来ちゃうのかなぁ?
ウチ(聖公会)はホントにユルイです。
なので厳しいプロテスタント系からしょっちゅう批判されます。
とにかく一度、礼拝に出てみるのもいいかも。自分にとって許容できる範囲か、判断できると思うので。
自分も成人してから洗礼受けたクチなので感覚が分かるのですが、初めはどうしても胡散臭く感じてしまうだろうと思います。
何度か行ってみて、他の信者さんとも交流してみて下さい。
変な人ばっかりだと思うなら仕方ないけど、一人でも尊敬できる人がいれば、また違った見方も出来るかも知れないので。

で、あなたが彼女におっしゃった意見については、非常に日本人的だなという感じです。
宗教(信仰)って好みで選ぶ問題じゃないし、「意見」や「考え方」とも違うんです。自分自身のバックグラウンド(依って立つ大地)なので、それを全て捨ててあなたを選ぶ決断をするには、彼女はまだ若すぎるのかも。
付き合ってまだ1年ってコトで、お互いにもう少し時間をかけてもいいかな?

最後に…彼女が香港出身ということで…香港と言う場所柄の問題もあると思う。
今はまだ、経済特区だから一国二制度を認めてもらってるけど、この先どうなるのか、政情不安が根底にあるから、みんな熱心な信者になるんだと思う。他にすがるものがないから。
実は1996年から1997年の中国返還当時香港に留学していました。
その時は地下鉄に乗ると、座ってる人の3割以上が聖書を読んでいて怖いと思った。
それだけ人心が不安だったんだな~。

もう少し時間が経ってからでもいいから、その辺も彼女と話し合ってみた方がいいかもしれません。
なぜ宗教が必要なのか。

投稿日時 - 2013-02-11 01:55:19

ANo.2

こんにちは
私はキリスト教(とは言ってもカトリック)です。
私も今お付き合いしている男性と
結婚を考えているのですが
彼は宗教に関しては特にといったかんじで、
彼曰く、無宗教だそうで

私自身宗教に関して熱心でもないし、
親が家系的にキリスト教だから
自動的に私もーみたいな所があるので
質問者様の彼女さんと一緒にしては
いけないのかもしれないですけど
参考程度に....


そもそもキリスト教にも
プロテスタントやカトリックなど
宗派が様々で考え方や教えも
違った部分があります。
まぁ仏教でいう浄土信宗や日蓮宗などがあるように
と言えばわかりやすいですかね

なのでキリスト教が一概にそうとは
言い切れないのですが
少なくともカトリックでは
異なる宗教の人と結婚できない
なんてことはありません。
私の母方の家系が代々キリスト教で
わりと熱心な方なのですが
父の方は全くの無宗教www
(何かしらの宗教に所属していたとしても聞いたことない。)
ですが、普通に結婚してますし、
母は6人兄弟なのですが
結婚相手はほぼ異なった宗教です。


私も熱心じゃないため
あまり詳しい方ではないから
もしかしたら聖書には
「違う宗教の人との結婚は
認められません!」なんてことが
書いてあるのかもしれません。
しかし、今どきそれを守るような人は
そうそういないと思います。

ですので、宗教が違うから
結婚できないなんてことは
まずないでしょう。


しかし、彼女さんのお父様が
牧師さんであることは大きいですね。
やはり一般の信者とは違うわけですからね
お坊さんみたいな者でしょう。
そう考えると一筋縄ではいかないですね
相手方からすればやはり宗派が同じ
キリスト教である人との結婚を望むでしょう。


彼女さんと今後結婚を考えるのなら
個人の自由なので
改宗する必要はないと思いますが
質問者様のおっしゃるように
キリスト教に対する理解を深め
少しでも知ろうとすることで
それに関しては相手方とよく話し合い
お父様に納得させることが必要でしょうね。


あ、キリスト教徒が非キリスト教徒に対して
差別なんてことはありませんよ
人によりけりでしょうが、
少なくとも私のところでは
そんな考えはないです。


まぁとにかく、
交際する上では宗教どうのと考えず
お付き合いされていいと思います。
結婚する事になればまた
悩むこともあるでしょうが
その時は上に書いた通りです。


拙い文章ですが、
まとめ方がわからないので
終わりとさせていただきます



彼女さんと仲良くお幸せに^^★

投稿日時 - 2013-02-11 01:08:24

2つ
○キリスト教の中のなんという宗派か確認する
中にはキリスト教といいつつエホバとかモルモンみたいに
人生(進学の禁止、輸血の禁止)や日常生活(珈琲ダメ、コーラダメ)まで
決まってくる宗派もあるので(香港だと中華系キリスト教なんかも)

○日本とあなたの居る国と香港の法律の違いを知ること
アメリカみたいに離婚した時に片方の親が片方の親に無断で引っ越したり
子供を旅行に連れてったりすると「誘拐」扱いで逮捕される国もある
国が違うということは法律が違うということそれで大きなトラブルになってる
今度日本の法律も海外(アメリカ)に合わせて変わるので
指名手配→逮捕されたくなかったら、よく勉強すること

ハーグ条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%A5%AA%E5%8F%96%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%BA%8B%E9%9D%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

投稿日時 - 2013-02-11 00:28:27

あなたにオススメの質問