こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国、北朝鮮が核ミサイルなら、日本も持つべきでは

 中国、北朝鮮が核ミサイルなら、日本も持つべきではないでしょうか?

 日中国境の尖閣諸島問題も、米国は、米国の利益の確保を第一にして、その次に、日本の安全を問題にしました。
日本は、一国の安全を確保できてない。このことは、十分議論されなければなりません。
まず、日本の安全を他国、米国に任せることは、隷属することになりませんか。
また、世界を核のない平和な世界にすると主張して、日本の非核三原則を言う人達が、国会議員選挙で、その主張をして、選挙で多数を得て、日本政府の政策として、強く世界に働きかける行動、政策を真摯にしているようには見れません。
 このようないい加減な状況では、やはり、日本も核を持たざるを得ないと思いますが、みなさんのお考えを聞かせて下さい。

投稿日時 - 2013-02-15 07:39:10

QNo.7945982

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本人の核アレルギーは強いですから、こういう質問には拒絶反応を示す人が多いですね。北朝鮮はともかく、日本中に工作員をおいて、国の隅々まで常に世論を監視している中国などは安心してみていますよ。日本が核をもこつことなど金輪際あり得ないと。安心して軍拡膨張を続けるでしょう。中国の軍拡の究極の目標は、日本を含めた周辺国を日清戦争以前の冊封国に戻すことです。最も手強い相手の日本が、憲法9条で自縄自縛になり、いつまでたっても核アレルギーが消えないのはもっけの幸いです。沖縄米軍がグアム以東の第二列島線まで退き始めている今がチャンスと思っています。尖閣はその前哨戦です。このまま行くとやがて日本は中国に飲み込まれるでしょう。

フランスなどヨーロッパの国々は、日本が核を持たないと極東アジアにおける安全保障の均衡が保てない、持つべきだと内心思っています。日本が核を持っても、イランなどと違ってしっかりコントロールできるので、核拡散のおそれがないことを知っているからです。アメリカもNPTの手前、核拡散に反対の態度を取りますが、日本の核保有と北朝鮮、イランのそれとは区別して考えるはずです。つまり、日本がその気になって、安全保障面での建設的な交渉をすれば、核保有を認めると言うことです。財政悪化のアメリカは、極東の安全保障にまで手を回せなくなっています。一部を日本に肩代わりしてもらいたいはずです。日米同盟を進化させれば日本の核保有は十分可能です。

最大かつ唯一のネックは日本人の核アレルギーですね。この回答にも、問答無用で拒絶される人が多いですね。おそらく日本人の半分近くがそうなのでしょう。こういう人たちは議論することすらとんでもない非道徳、悪事と考えています。核と聞くと、ほかのことはどうでもよくなります。日本の国家安全保障などどうでもよくなります。困ったものですね。核に対抗できるのは核しかないのです。ほかの軍事力は無力なのです。北朝鮮はそのことをよく知っています。
核保有は日本の取りうる選択肢であり、権利でもあります。議論もしないで、ほおかむりするのは、子供と同じですね。目をつむっていれば、嫌なもの、怖いものを見ないで済む。あれと同じです。そうしているうちに危機が近づくでしょう。核は伝家の宝刀なのです。持っていても抜かない。そこに存在価値があり、抑止力になる。技術力の高い日本は、核保有の議論をしただけで、対中国北朝鮮に対する抑止力になります。その気になりさえすればあっという間に作れることを彼らは知っているので。議論だけでも大いにしましょう。究極の抑止力兵器、核の議論を。

投稿日時 - 2013-02-15 11:48:25

補足

 ご回答ありがとうございました。

私も、あなたのご意見と同じです。

中国に、技術の低開発国に、核とミサイルの技術を渡したのは、米国のクリントンでした。
その意味で、核抑止力は過去のもの、もっとそれに代わるそれ以上の兵器が開発されているのかも、しれません。

投稿日時 - 2013-02-16 08:42:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(21)

ANo.21

 今の日本、自動車社会が隆盛で、それで人を運んだり燃料を運んだり、食糧、生活道具を運んだりするわけですが、放射能漏れ事故ですべて無に返る、負債は残る、身に滲みる注意点なのではないでしょうか。
核による汚染は、将来必ず足を引っぱる、やるならば世界のための放射能除去装置(開発)ではないでしょうか。
それが、核による汚染とそれによる滅亡を緩和するような気がします。
ウランを濃縮しても、その使い道が無く、その管理は単なるサボりでは?    No.13@5

投稿日時 - 2013-02-24 18:00:09

補足

 ご回答ありがとうございます。

「世界のための放射能除去装置(開発)ではないでしょうか。」ですか。良いお考えです。
大賛成です。出来ない出来ないと言っているより、ずっと、進化しています。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-27 08:46:01

ANo.20

僕は核武装は超えてはならない一線のような気がしてなりません。

現在の日本の科学力を持ってすれば、核武装は比較的容易だとされています。本気になれば2週間足らずで核武装可能との見方もあります。それでも核武装をしないのは、もちろんアメリカの核の傘に守られているというのもありますが、世界唯一の被爆国として核武装の権利を主張するのではなく、自らの経験を元に今後このような国が生まれないようにと核兵器そのものについて反対するという平和への願いがあるからだと思います。そして、日本国民がそれを願っているからだと。被曝を体験していない今の僕らが核武装を議論するのはとても簡単なことですが、それを体験した人達からすれば、あの悪魔のような兵器を自国に配備するのですから、大変心苦しいものがあるととも居ます。彼ら抜きに議論を進めてよいものなのか…
核の恐ろしさは体感した人たちにしかわかりません。僕らは映像でしか体験できない。映像では苦しみや痛みまでは伝わって来ません。ですが、少なくとも大量殺戮に繋がりかねない核兵器を日本は持つべきではないと僕は思っています。もし、核戦争なんかが起きたら日本どころか地球がTHE ENDです。

しかし、昨今の雰囲気を見る限り安全保障上このままでは良くないのはわかります。なので、自衛隊を国軍化し再武装し、通常兵器の開発を全面的に解禁し、防衛のみならず敵地攻撃能力などを充実させ、自国を自分たちで守れるようになってほしいとは思います。もちろん、過去の経験から軍事暴走を起こさないように慎重な仕組みづくりが重要になりますが…
それに加えて、アメリカとの同盟により世界1位の軍事力を誇るアメリカ軍と末永く共にあるようにして欲しいと思います。質問者様のおっしゃるように現在の日本はアメリカの犬です。アメリカが喜ぶように国民に負担を強いているところもあります。故に、同盟と言うよりは隷属です。なので、真の意味で同盟といえるような関係になれるようあらゆるシステムを考えなおして欲しいと思います。そのための憲法改正などをできるかぎり急いで欲しいと思います。

核兵器より通常兵器の強化、核の無力化に向けた新兵器の開発(強固な迎撃システム)などを推進して欲しいと思います。日本はハイテク技術には恵まれているはずなので、とても高性能ないい通常兵器を作ることができると思います。そして、それらは、経済にもいい影響を与えるのではないかと思います。

投稿日時 - 2013-02-24 12:22:31

補足

 ご回答ありがとうございます。
核の悲惨さは、よく解ります。

あなたのお考えが、現在の常識になっていますが、昨近の米の外交を見ていると、核抑止力を超えた兵器があるように思えます。
Mrクリントン大統領の時、米政府は、中国と北朝鮮に核兵器とロケット技術をわたしました。
この二国は、貧乏国で、技術も貧困でした。
また、中国には、人工衛星にするロケットの姿勢制御技術もわたしました。この度、中国が、北朝鮮に姿勢制御技術をわたしたので、米は怒ってしまいました。

わたしは、クリントン大統領が、核抑止力を超える技術が無くして、中国にその技術を渡すとは思えません。
そして、現在、中国と戦争も辞さない外交が出来るわけがありません。
また、中国もそのことを疑って、インターネットで、中国軍も含めたハッカーで、米に侵入しているようです。

核抑止力は、ケネディ大統領のキューバ危機の時です、あれから、もう、50年も経ちます。世界中の優秀な頭脳を米に集めて、軍需兵器を開発すれば、不可能ではないと思います。

停滞していたら、遅れてしまいます。科学技術は、そういうものではないですか。
人類が月に行けるとは考えもしなかった昔を思えば、怠慢だったかも。

そのように、考えると、軍需兵器を開発怠るべきではないと、思いますが。

投稿日時 - 2013-02-24 13:36:25

ANo.19

 (仮に)出前の注文を間違えないことではないでしょうか。
ミサイルなど注文しても、そのいらぬメンテナンスと事故等あったら膨大な除染負債が世界を覆うことは目に見える。冗談はターミネーターとかの人気映画だけにした方が有意義では? それには、コーラとかポップコーンとかの平和な至福サービスも確立されているし、更なる平和その発展も協議出来るのでは。    No.13@4

投稿日時 - 2013-02-20 11:52:15

補足

 ご回答ありがとうございます。
あなたのお考えが、現在の常識になっていますが、昨近の米の外交を見ていると、核抑止力を超えた兵器があるように思えます。
Mrクリントン大統領の時、米政府は、中国と北朝鮮に核兵器とロケット技術をわたしました。
この二国は、貧乏国で、技術も貧困でした。
また、中国には、人工衛星にするロケットの姿勢制御技術もわたしました。この度、中国が、北朝鮮に姿勢制御技術をわたしたので、米は怒ってしまいました。

わたしは、クリントン大統領が、核抑止力を超える技術が無くして、中国にその技術を渡すとは思えません。
そして、現在、中国と戦争も辞さない外交が出来るわけがありません。
また、中国もそのことを疑って、インターネットで、中国軍も含めたハッカーで、米に侵入しているようです。

核抑止力は、ケネディ大統領のキューバ危機の時です、あれから、もう、50年も経ちます。世界中の優秀な頭脳を米に集めて、軍需兵器を開発すれば、不可能ではないと思います。

停滞したいたら、遅れてしまいます。科学技術は、そういうものではないですか。
人類が月に行けるとは考えもしなかった昔を思えば、怠慢だったかも。

投稿日時 - 2013-02-24 13:29:38

ANo.18

ミッドウェー海戦_誘爆をくりかえし、4隻の空母を失い日本海軍の信じられないような大敗北であった、となっていますが、核ミサイルは 重荷となり 、環境の重大汚染源となる。核兵器プロパガンダにて民衆_民意_兵力を煽っても 重荷は重荷 、日本の動きが良くなるとは見えないのでは?
 ~核兵器を無能にしてしまう兵器の開発ができない~ 、この種の先進国、アメリカを追えば、開発出来るのでは?  戦国時代、農繁期は休戦のようでしたが、放射能汚染、フルシーズン全休である。    No.13@3

投稿日時 - 2013-02-17 18:16:34

補足

 この種の先進国、アメリカを追えば、開発出来るのでは? 

このまま、ずっと、アメリカに隷従ですか。 

投稿日時 - 2013-02-19 11:34:17

ANo.17

その前に、外務省を何とかしないと駄目ですね。

国会での、決議案も、数時間後には、韓国・中国に流れていますからね。

省内に「大鳳会(おおとりかい)」と称する寄生組織を抱える外務省である。構成員が数百人にもおよぶとの指摘は絶えないが、その正体は創価学会しないと信者であり、いわゆる「外務省OB」や同省に浅からず通じている「知識人」や「メディア関係者」の中にも隠れ“同志”の存在は少なくないとの、その指摘もまた絶えない。

 外務省周辺にうろつく隠れ“信者”については、積年の間、旧信者(脱会者)諸氏への地道な聴き取りやそれに対する証言などにより、且つ、地味ながら民間防衛隊がなして来た調査にもより、もとより未だ「全て」では決してないものと思われるが、その一部を特定(認定)作業を進めて来た次第である。

参考URL:http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-1585.html

投稿日時 - 2013-02-17 10:09:05

補足

 ありがとうございました。
財務省ですか、よく出てくる悪代官ですね。

投稿日時 - 2013-02-19 11:32:12

ANo.16

 古い話ではありますが、ミッドウェー海戦_( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E6%B5%B7%E6%88%A6 )。
 飛ぶ前に、すべて自爆、そう記されていますが、何かしらの努力もすべて無駄_海の藻屑、それが核となると更に被害その深刻度は甚大ではないでしょうか。無いほうが被害を防げるかつ無難と見える。
 気象庁の地震観測網とか、全国全域にての全世界放射能テロの警戒と防止、その辺りが安全対策ではないでしょうか。ウラン235の濃縮など汚染以外の用途は無い。核に核では、汚染の二重増しと見えはしないでしょうか?      No.13@2

投稿日時 - 2013-02-16 15:50:58

補足

 ご回答ありがとうございました。

あなたの仰るとおりです。核兵器が良くないことは解ります。
 しかし、次の2つの事に、ちゃんとした解決策がなければ、絶滅の思想となります。

第1.核保有国とそうでない国に、軍事力で大きな格差が生じます。それによって、核保有してない国は、隷従していかなければならなくなる。資本主義経済の基本である自由市場機能が損なわれる。絶滅する方が良いという悲惨な境遇に落ち込む。

第2.核兵器の開発に躊躇していたら、兵器の開発を怠ることになり、核兵器を無能にしてしまう兵器の開発ができない。
兵器の開発は、絶え間なく進んでいて、進化に遅れた絶滅種になる。歴史を見ても、新兵器に対応できてない集団は、絶滅します。織田信長に滅ぼされた武田のように。

 今のままでは、あなたは、武田勝頼と同じではないですか。
違うと言われるのでしたら、どういう対策をお持ちですか。

投稿日時 - 2013-02-17 08:13:35

ANo.15

日本は対外純資産額世界一の座を21年間も維持している世界で一番裕福な国です。
しかし、日本政府は年間税収の何倍もの負債(=国債)を抱えている貧乏組織なのです。

この貧乏組織である日本政府に核兵器を買う金などありません。
核兵器を買うとなれば、日本人からの税を値上げし、その税収を、東日本大地震復興予算の流用とおなじように、公務員住宅のリフォームなど、他の目的に使うに決まっています。

そこで、日本政府に増税の言い訳を与えずに、かつ日本国が核抑止力をもつ方法をお教えしましょう。

それは日本国憲法を改正して、核攻撃報復条項を入れて、日本政府に核報復の法的義務を負わせることです。

日本国憲法第n条:核攻撃報復条項:
日本政府は、日本国が核攻撃を受けた際には、一年以内に核兵器を開発して核攻撃国への報復攻撃をするものとし、一年以内の核兵器開発に必要な基礎技術開発および必要な資材・部材の開発・備蓄の準備を怠ってはならい法的義務を負うものとする。

憲法改正によって、上記のような核攻撃報復条項で日本政府に義務を負わすことで、特別の増税をしなくても、核抑止力を持つことになります。

投稿日時 - 2013-02-16 00:21:19

補足

 ご回答ありがとうございました。

なるほど、いいお考えですね。

投稿日時 - 2013-02-16 08:27:09

ANo.14

”日本の安全を他国、米国に任せることは、隷属することになりませんか”
    ↑
なりますし、事実、隷属しています。
対日年次要求などその最たるモノです。
フランスが核武装したときに、ドゴールがいいました。
「これでやっと米国のクビキから逃れることができる」


”日本も核を持たざるを得ないと思いますが”
    ↑
その通りです。
1,日本は唯一の被爆国です。
 あのとき、日本が核武装していたら、広島、長崎は
 なかったでしょう。
 日本は唯一の被爆国ですから、核武装する権利があり
 義務があります。
2,核は、使う必要はありません。
 持っているだけで役に立つのです。
3,米国は役に立ちません。
 北方領土や竹島が侵略されても、米国は何もしませんでした。
 中国と手を組んで、国連から台湾を追い出しています。
4,習近平が言っていました。
「日本など、核で脅せば一発だ」

投稿日時 - 2013-02-15 17:02:37

補足

 ご回答ありがとうございました。

私もあなたのお考えに、同感です。

投稿日時 - 2013-02-16 08:28:52

ANo.13

 猛毒を以て猛毒(軍事搾取)を制する調の核配備は、無益ではないでしょうか。
毒牙毒蛇が蔓延る社会は、危険なジャングルであり、今の日本なら動物園からコブラかマムシが大量に逃げ出した、そう言う騒ぎ世相となるに違いない。絶えず放射能が漏れたとかミサイル緊急予報の繰り返される社会となるに違いない。
 地球にぶつかりそうな隕石小惑星があり、それに未然に対応するとかならば、まだしもでしょうか。

投稿日時 - 2013-02-15 14:45:52

補足

 ご回答ありがとうございました。

ダウインは、進化論を唱えました。
世界環境に順化しないと、絶滅すると。

中国、北朝鮮から、核攻撃されたら、どうします。
明確な、当事者としての準備が必要でしょう。

投稿日時 - 2013-02-16 08:34:38

ANo.12

持つ必要はありません。
現状でやろうと思えば数時間あれば組立できるからです。
(長距離ミサイルと原発があるから)
つまり日本を敵とみなしてる国からすればすでに核ミサイルを持ってると同じです。
日本人が最終的に持つ気も使う気もなくてもね。
この事実現実があれば敵対国は勝手にビビってくれます。
その意味でも原発0は反対なんですがね。

投稿日時 - 2013-02-15 12:11:58

補足

 ご回答ありがとうございました。

残念ながら、中国、北朝鮮は、日本が核兵器を使えるとは思っていません。
だから、脅しをかけてくるのです。

投稿日時 - 2013-02-16 08:37:02

ANo.10

国民が核を持てるならいいのですけどね。石原とか橋下とか独裁者が持ってしまうと第2の北朝鮮になってしまいます。自民党政権下でも、被選挙権は制限(供託金)され続けていますし、マスコミも記者クラブなどで報道を制限しており、自由の無いこの国が核を持つことは危険です。

投稿日時 - 2013-02-15 11:35:20

補足

 ご回答ありがとうございました。

それは、米国の隷属になっているからではありませんか。
少しづつ、力を得ていく必要があると思います。

投稿日時 - 2013-02-16 08:01:15

その昔、インドは英国に支配されていた。ガンジーは、力に頼る抵抗ではなく無抵抗で抵抗する事を選択した。
が、インドは核保有国になった。
明治維新以降の歴史は、白人が中東・極東東アジア・アフリカを侵略して来た。支配される弱者が国力・軍事力を備えていなかったからであり、日本は、開港し交易を通じて白人の支配を回避してきた。日清・日露戦争で、世界は、日本が敗退すると捉えていたが、ロシアのバルチック艦隊を破ったことから、世界の日本への見方・警戒心が強くなった。日露戦争で勝利したものの、日本は、英国の銀行家から莫大な借金をしていて、ロシアに勝利したが、財政は疲弊していた。それにも拘わらず、ロシアが支配していた満州と進出したかった朝鮮半島を日本は代行支配し、中国に戦争を仕向けるべく工作をし、北京・南京・上海・重慶、そし白人たちが支配していたベトナム・ビルマ・マレーシア。インドネシア・インド迄も侵攻し、白人たちを駆逐した。これが大東亜戦争であり、もう一方、米国の石油輸出禁止を解くべく3か月間の対峙においては、中国国民党の蒋介石と米国ハル・ノートが石油輸出禁止を維持すべく申しいれで、ルーズベルトは、日本への回答を長引かせた。日本は、これに耐えられず、1941年真珠湾を攻撃した。その結果、米国民はこの奇襲攻撃に反発し、参戦に傾き、軍需産業力を総動員し、太平洋戦争が展開。
山本五十六は、現場には出ず、海軍の指揮を執ったと言われるが、後は、俺の責任ではないと籠っていたそうだ。
欧州の列国はヒットラーの侵略に精一杯で、極東アジアへの防戦には手が回らなかった。

ところで、戦争をすると莫大な利益を得るのが、銀行家です。米国には6~7、英国に2、和蘭と仏蘭西に各々1ある。
政治も彼らから借金して軍事力を増強する。

だが、核戦争では、どの様な事態になるのか、想定できない。
現在は、侵略・攻撃の開始の情報を、いかに最初に収集し・分析し、侵略・攻撃の開始を判断するかである。
米国・ソ連は、巡航偵察衛星と巡航ミサイルを宇宙に備えている。
米国・イタリアは、無人偵察機を備え、近隣諸国から監視している。

戦争とは、勝てば官軍、負ければ賊軍である。
かければ、正論等とおらない。
勝てば銀行家に借金を戦争戦利金で返済できる。
しかし、負ければ、もはや亡国と化するしかない。

国民が多数で侵略に対抗しようとも、世界少数の銀行家は勝利する側に金を貸す。
民主党は、嘘つき政党であったし、不良官僚(霞が関)に嘘のしっぺ返しをされ、嘘つきの財務省にコントロールされ、早稲田の文科系出身の嘘つき集団に国民は愚弄され、今、北朝鮮のミサイルと核開発とか韓国の竹島領土問題や2~3年間の就労で一族が生涯生活ができる大金を稼いだ少数の韓国製慰問衆等、歴史の真実をねつ造する朝鮮半島人の感性・慣習等、
先ずは、日本は、朝鮮半島問題は、朝鮮半島人が自力で問題の帰結をすべきで、不干渉・等距離外交で良い。
恐ろしいのは、中国の無知なる国民である。不満が各地で鬱積しているし、インドも同様である。

すべて、人種・宗教・慣習の問題と経済格差が、核戦争のボタンを押下するきわどい状態にある。

世界の少数の銀行家の動向を、誰がウオッチしているか?

日本は、今、若い世代の就労・賃金が最悪な状態になっている。
義務教育・給食・学校の教師・暴力・教育委員会・大人社会における『いじめ』、OKWaveに意思は薄弱な質問が多数投稿される、理不尽な世情にある。

さて、日本は核開発技術力はある。
敢えて、核を所有しない事が、世界に誇れる唯一の技術立国日本である。
原発事故も、津波か耐震不足だったかの事故調査も満足に行えない現状。
いつから朝鮮半島の過去の因習を、日本人も踏襲するようになったのか?

山本五十六と同族の感性・意志薄弱になったのか?
個々人が、日本が亡国とならぬ様に、相互互恵・共存共栄・等距離交流の意思・志を再構築せねばならない。
マインドコントロールに惑わされてはならない。
TVニュースで見るマスコミの取材光景を見て、おかしな情報しか取材できないことがお判りでしょう。
論説・解説の活字を読みましょう。

私は、ガンジー派です。

投稿日時 - 2013-02-15 11:14:50

補足

 ご回答ありがとうございました。

あなたの卓見、感服しました。
ただ、核抑止力は、50年前の話、今はどれだけ、兵器が進化しているか、分かりません。
私たちは、時代遅れかもしれません。

投稿日時 - 2013-02-16 08:08:26

面倒くさいから要らない。
あったところで、何にも使えないし。
攻めてきたら?、とか言うけど、あり得ないし関係ない。

投稿日時 - 2013-02-15 10:38:57

補足

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-16 08:08:52

 日本の周囲状況を考えると、阻止力として核保有をする、あるいはその用意がある、という
覚悟でいた方が良いと思います。EUの中の一国と違って、日本は北朝鮮や中国など危なそう
な国で囲まれています。

しかし、我々日本人はかなりノンキでして、「そのうち何とかなる」とか「話し合えば解決する」
とか言いながら重要な問題を先延ばしにして来ました。平和の大切さを語り合う、というような
集会もよく行われますが、その内容は極めて情緒的なもので、いま現実に日本の平和をどう確保
するかということについては何の議論もありません。というより 「話し合いで何とかしよう」 と
いうことで済ませて、難しい話は避けているのが実情でしょう。必要なことは、70年前の戦争
被害の語り合いではなく、いま現在の中国や北朝鮮からの干渉を防ぐ方法の検討です。

この私の回答をご覧になって、けしからんと非難される方々がいらっしゃるかもしれませんが、
その場合には、たとえば尖閣問題では中国にどう対処するのか、北朝鮮が日本を核ミサイルの
射程内に置いたことにどう対処するのか、についてのご自分の考えを述べて欲しいですね。
腹を割って話し合えば分かる、などという情緒的な話はお断りです。話し合いにするなら
「相手の要求に対して日本が出せるものはこれこれで、それならおそらく交渉がまとまる」
というビジネスライクな意見を提示すべきです。

「外交は持ち札をチラつかせながらの交渉であり、ただの話し合いで解決するほど世界は甘くない」
という海外では一般的な常識を我々も持つ必要があります。

投稿日時 - 2013-02-15 10:37:58

補足

 ご回答ありがとうございました。

私もあなたと同意見です。
全てのことは、科学的合理的に精算されます。
情緒的、伝統的では、先の敗戦と同じ、悲惨な目にあい、終戦と言いくるめるしかない、状態になります。
あの時の、天皇の三種の神器を信じた状態です。
敗戦による進歩がない。正面から議論すべきです。

投稿日時 - 2013-02-16 08:16:47

ANo.6

 国際政治への影響を考えてみましょう。世界初の被爆国となった日本が核開発を始め、核保有国になれるでしょうか。

 まず、米国が猛反対しますよね。日本が核武装なんか始めたら、世界中の国が核武装を始めて米国の核戦略は崩壊するわけですから。

 当然、物凄い外交圧力をかけられ、日本製品は輸出出来なくなり、経済も行き詰まり、最後は武力介入まで起こり得ます。安易に核開発が世界から容認されるなんていう甘い考えは通用しないでしょうね。

 日本の核開発に賛成する国があるでしょうか。これもほとんど皆無に近いでしょうね。特にアジア圏は戦時中の恨みがある国ばかりですから、核開発を始めたら、核施設を武力攻撃なんて事態も起こり得ます。

 国内にも核開発推進派なんてのは微々たる数しかおらず、超少数派ですよね。大多数は核武装反対派です。こんな四面楚歌の状況下で核開発を独善強行なんかしたら、何が起こるかは言うまでもないですね。

 何よりも、核攻撃を受けた国が、結果的には核武装するしかなかったという歴史が作られて、核武装が唯一の防衛手段という認識が世界中に広がり、核兵器で脅すのが当然という世界になって、外交関係が難しくなるでしょうね。

投稿日時 - 2013-02-15 09:59:08

補足

 ご回答ありがとうございました。

わたしは、核抑止力と言うものが、過去のもののような気がするのです。
核抑止力は、ケネディの時代50年前の話です。
最近の米国の外交を見ていると、そういう考えでは収まらない政策が見えています。
50年も経ち、世界の一流の科学者が研究を重ねれば、核抑止力を超えた兵器が開発できるはずです。
それが、科学的合理的な考えではないですか。
兵器の進歩についての、配慮が不足していませんか。

投稿日時 - 2013-02-16 08:25:44

ANo.5

「日本も核を持たざるを得ないと思います」と言いますが、持ってどうするのでしょう?具体的に考えてますか?
「戦争して核ミサイルを撃ち合う」ですか。そりゃ双方とも破滅です。
「核兵器が抑止力(相手に対する脅かし)になる。」ですか。核兵器にそんな効果があるならそれならイランでもイスラエルでも全ての国が数発ずつ持てばいい。沢山持っているアメリカやロシアが分けてやったらいいでしょう。
ですが、そんなんで世界が平和になるなどありえません。

結局、核兵器などというのは「使えない兵器」に過ぎないのです。

投稿日時 - 2013-02-15 09:57:30

補足

 ご回答ありがとうございました。

経済、国富は、政治に、軍事力に影響を受けることが多い。
例えば、優位な関税も決められるし、国家間の経済ブロックも軍事力で決められるから。いつまでも、隷属ではね。
核兵器は使わなくても、役に立つと、中国も北朝鮮も言っているのですよ。
日本お前はジリ貧だと。

それに、核抑止力とマスコミでは、言っていますが、それは、ケネディ大統領の時代の話、あれから、50年、兵器の進歩が、現在、どの位進んでいるか、国家秘密だから想像もつかない。
もしかしたら、核抑止力なんて、もう、過去の話かもしれない。
米国の軍事外交が自信を持つて行っているのを見て、つくづくそう思います。

投稿日時 - 2013-02-16 07:57:50

通常戦力の管理すらままならない日本が核を所持ですか。
北朝鮮異常に信頼できませんね。インフラも法整備も何も無いまま、
ハードウェアにのみ依存する姿は、先の大戦で活躍することなく
沈没した戦艦大和と同じではありませんか。

歴史から何も学ばないのが、いちばん度し難いですね。
外交はハードよりソフトウェアの方が重要なのです。

0点、落第です。

投稿日時 - 2013-02-15 09:06:00

補足

 ご回答ありがとうございました。

ソフトウエアですか。
日本の外交が、ソフトウェアで、効果を上げているとはとても見えません。
もしかして、あなたのソフトウェアとは、隷属することですか。

投稿日時 - 2013-02-16 07:42:15

いい加減な質問かどうかは置いといて、この手の議論はいくらでも知識人や政治家、軍事評論家などからだされています。

個人的には核武装をすぐに、とは思いませんが、せめて自衛のための法整備くらいは進めておくべきです。

いずれの主張、意見も結局受け取る側がどのように受け止め解釈するかです。

データとか資料とか、いくらでも捻じ曲げて解釈できますよ。意外と簡単なんです。

ただ現実として、10年前よりも日本が国防に対して意識が向いてきたことは確かですね。

これも領土問題からの副産物といいますか、恩恵といいますか。

アメリカに守ってもらう=確かに隷属ですが、隷属してきたからこその経済的繁栄もあったのですよ。

国防費ってハンパない支出ですからね。ただでさえ社会保障費が圧迫しているのに。

しかし日本も困った隣人ばかりでやっかいですよね。

個人的に、かつては反米だったのですが、それよりもやっかいな雑音が西から聞こえてきますので、なんか反米もゆるんできた今日この頃です。笑

投稿日時 - 2013-02-15 08:00:41

補足

ごかいとうありがとうございました。

見逃していて、返事が遅くなってすみません。

核抑止力を超える、軍需兵器の開発は必要でしょう。

投稿日時 - 2013-03-02 23:49:16

ANo.2

アメリカが、日米安保を遵守する行動に出るとすれば
間接的に、核を持っていると同じ状態だと思います。

日本が、日本が直接管理する核兵器は、必要ありません。
持った瞬間に、中韓が騒いで、収集がつかなくなるのでは。

投稿日時 - 2013-02-15 07:59:52

補足

 ご回答ありがとうございました。

この問題は、軍事力の問題ですから、持たなかったら、だんだんジリ貧になってしまう可能性が高いと思いませんか。

投稿日時 - 2013-02-16 07:30:23

ANo.1

いい加減な質問ですね^^

持つ必要はありません。

投稿日時 - 2013-02-15 07:53:38

補足

 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-16 07:25:49

あなたにオススメの質問