こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デートは計算尽くし?

わたし自身,これまで恋愛の経験が一度もありません。

そのため,男女関係,社会事情,セクシュアリティ,さらには,人間の性行動にかんする書物を積極的に読むようにしています。

「デート」,について質問したいのですが。

わたし自身,デートというものは,男性が何かしらの「企画」をして,さらには,パートナー(わたし自身の場合は,女性になります)の「意見」を聞き,臨機応変に「アレンジ」するものだと考えています。

たとえば,わたしなりに,ベタなものではありますが,ドライブに行くことを想定します。

・時間はどれくらいあるのかを把握している
・ドライブに使う車は,どのような車両なのかを把握している
・どの地域を訪れるのかを把握している,そして,その地域の基本的な情報を把握している
・どのような道路を通るのかを把握している
・交通量はどれだけか(渋滞のときを考えて,いわゆる裏道を把握しておく)を把握している
・ガスを入れることのできる場所,コンビニエンスストア,道の駅の場所を把握している
・観光スポットを把握している(たとえば,景色の綺麗なところ,美味しいレストラン,お土産を買うことガできる場所,など)
・ガソリン代,その他のコストがどれくらいなのかの「概算」をしている
・万が一,車が故障したとき,事故にあったときに,どのような「対応」をすればよいのかを把握する

これくらいのことは,最低限,把握すべきだと思います。オール巨人氏の,彼の師である岡八朗氏との「関係」ほどではありませんが,「準備・事前の知識」は大切だと思います。

デートについて,たとえば,どこかに出かけることを想定したものであれば、ボーイスカウトのモットーではありませんが,「そなえよつねに」が重要であると思います。

そして,もしも,お相手してくださる女性の方がいたら,上に書いたことは「徹底したい」です。

少々の「ボロ(ポカ,あるいは,想定外の事態)」があったほうが…,と思われるかもしれません。ところが,「ボロ(ポカ)」が原因で,それも,ささいなことが原因で,お互いの関係が「終わってしまう」場合が考えられるので,「“ボロ”(ポカをしない)のないデート」が好ましいと,わたしは思います。

しかしながら,わたし自身の考えではありますが,パートナーとの交際においては,ある種の「完璧主義」,「完全主義」が存在していると思います。(たとえば,ディズニーランドにデートに行くのであれば,何時何分にどこのアトラクションのファストパスを入手して,自分たちの番がくるまで,どこのレストランにいって飲み食いをするのか,あるいは,別の待ち時間の少ないアトラクションに行くのか,いわゆる「タイムマネジメント」は非常に重要であると思います。)

いわゆる,「デートが上手な人々」とは,こういった「計算」が得意な人々なのだと思います。わたし自身は,こういった,いわゆる男女関係については,非常に不器用なので,近い将来,デートに行くときも来ると思いますので,そのための「アドバイス」をしてくだされば幸いです。

また,このような質問文を出すと,「あなたはデートをしたいのではなくて,デートそのものにあこがれている,デートとデートをしようとしている」と言われてしまうのかもしれません。

投稿日時 - 2013-02-23 00:50:26

QNo.7959596

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あくまで私個人の考え方、ということで聞いてくださいね。

「備えよ、常に」がachievecharityさんの元々の性格ならば良いと思います。それが苦にならないのであれば、確かに備えはあった方がいい。女性は、私のために色々下調べしてくれたんだなあと感じるかもしれない。どこに行くかいつまでも決まらない状態って、確かに嫌ですもんね。

ただ、もし私だったらなんですが…完璧なプランを組んでくれて、サプライズ的に連れまわしてもらうのは、一年に一回くらいなら楽しそうですが、日頃のデートにおいて、時間通り、言われた通りに行動しなくちゃいけないのってちょっとしんどいなあ、と感じてしまいます。もちろんある程度、方向性を決めてくれるのはありがたいです。でも、何をどこで食べるか、二人で考える時間そのものが「デート」だという考え方もありますよね。出来れば事前の予定にはない、一見どうでもいいような小さな出来事も楽しみたいところです。今、目の前にある状況、景色、雰囲気を一緒に楽しみたい。

だって、デートって「接待」じゃないですもん。
achievecharityさんの考え方はなんだか接待みたい。
そんなご機嫌取りみたいな、株を上げるために完璧でいる必要はないと思うんです。

>ところが,「ボロ(ポカ)」が原因で,それも,ささいなことが原因で,お互いの関係が「終わってしまう」場合が考えられるので,「“ボロ”(ポカをしない)のないデート」が好ましいと,わたしは思います。

まあ、今日が勝負!みたいな日のデート(交際を申し込む日、プロポーズをする日等)でしたら、そのくらいの意気込みはあってもいいかもしれません。もちろん初デートも、気合いが入るのは自然なことですし。

しかし、デートでの「ボロ(ポカ)」って思わぬ副産物をもたらしたりします。
例えば、盛り上がったドライブデートの帰り道。本当はまだ帰るのが惜しい気分。あと少し一緒に居たい。でも明日はお互いに仕事で彼も朝早いし、無理して引き留めるのも悪いし、わがままみたいで言い出せない。そんな時の渋滞って、実は「超ラッキー」。まだ一緒にいられる♪ってことになるんです。
でももし「空いてる道を調べてあるんだ。早く帰れるから、そっちで帰ろう。」なんて言われてしまったら、ああ、彼はやっぱり早く帰りたいんだ…ってちょっとガッカリしてしまいます。

まあ、時と場合によりますけどね。そこは臨機応変に。

非常事態こそ、相手の事をよく知れたりするものだと思いますよ。
想定外の事が起きた時こそ、その人の対応力、人間性って出ますよね。

私が思う、デートが上手な人って、スマートな立ち振る舞いだとか、いろんなプランのバリエーションがもともと頭の中にあるのでしょうけど、「どんな状況でも楽しもう、楽しませよう」という「姿勢」がある人だと思うんです。想定外の事態さえも、1つの思い出にしてしまうような。もし渋滞にひっかかっても「君ともう少し一緒にいたかったから、わざとこの道選んだんだ。ごめんね。」くらいの冗談を言ってくれれば、笑ってしまいますし悪い気はしません。渋滞で機嫌悪くなって黙ったりしなければ、それでいいんですよ。
そして、自分の事でいっぱいいっぱいにならないこと。相手の意見を取り入れつつ、常に相手の事を配慮する余裕がある。疲れていないかな?喉は乾いていないかな?楽しんでいるかな?
でも余裕がない人って、自分の気持ちにばかり焦点をあてていて、相手の事がよく見えていないから、彼女が本当に楽しんでるのかどうか分からなくて、デート中に不安でいっぱいになってしまう。

「余裕」って、やっぱり「経験」と「慣れ」なんだと思うんです。こればかりは、事前準備とお勉強をしてもそう簡単には手に入らない。人との関わりは、知識だけでは対抗できない例外で一杯なのです。

でも最初は誰でもそう。バッドの持ち方や振り方のコツを教科書でお勉強し、バッターボックスに初めて立った時、いきなりホームランを打てなくてもそれは当たり前。
ただね、例えば他のスポーツ経験が豊富な人は、野球が初めてでも、なんとなくできたりすることはあるんです。体の動かし方の感覚は、他のスポーツ経験からでも応用がきく場合があるのです。
それって、実はachievecharityさんにだって言えることじゃない?デートの経験がないとは言っても、achievecharityさんだって今までの人生の中で、それなりに人とは関わってきたはず。人間同士、どんなことが嫌がられるか、どんな時に楽しいと相手が感じるか、まったく知らない異星人ではないでしょう?

余計な事をツラツラと書いてしまいましたが、お相手がいないままプランばかり練っていても、それはとらぬ狸の皮算用。今、achievecharityさんに私から贈る言葉は「そろそろ行動せよ」ですね。
「百聞は一見にしかず」ですよ。

投稿日時 - 2013-02-23 10:52:39

お礼

いつも丁寧に回答してくださり,どうもありがとうございます。

わたし自身,恋愛にかんしては,どうしても「負の部分」に注目してしまう,「悪い癖」なのだと思いますが,それがあります。

たとえば,「デートしてくれませんか?」と頼んだとき,おそらくは,堅物で,体重の重い人とデートなんかしたくない!と思われて,やんわりと「すみません,忙しいので・・・」,などと思われるのがオチだと,そのように思ってしまいます。さらには,相手の方は,おそらくは,「なんであんなヤツにデートに誘われるの?」などと,思ってしまうことでしょう。そうであるのならば,相手の方の記憶なり,知識のなかに,「わたし」がいないほうが,後々のために良いのかな,などと,そのように思うときがあります。これは,決して,「自分に自信がない」からではありません。わたし自身のことではありますが,親が外国出身ということや,よく知っている話題が勉強の話題ばっかり,音楽だって,JPOPやらKPOPのようなものはほとんど知らない,いわゆる「皆が知っているもの」を,わたしが知らないというケースが多々あるので,どうしても,「避けたい」と思ってしまうことがあります。自分自身の長所はしっかりと把握していますが,それ以上に,短所がもたらす「影響」の,その「恐ろしさ」を知っているために,「アクション」に進めない,というわけです。

また,これはほかの回答者さんのコメントにも書いたのですが,過去には,女性と一緒に行動をしたことがありました。当時は,わたしはアメリカに住んでいたので,車を借りてLAからラスヴェガスまで,およそ6時間車を運転して,そこでしばらく滞在したことがあります。ほかにも,別の女性と食事に行ったり,買い物に行ったり,そういうこともありましたが,それは,いわゆる「デート」ではないと,そのように考えています。そして,そういった機会をとおしてお会いする女性の方々のなかには,わたしのことを「お兄ちゃん」的,あるいは,「優しい人」的なイメージを持つ人がいました。わたし自身にとって,「お兄ちゃん」とか,「優しい人」というのは,「恋愛関係はNGだけど,なんだか一緒にいると“役に立つ”し,なにかと“便利”だから」というイメージであり,それを知ったとき,わたしには「恋愛は無理だ」などと考えてしまうときがあります。そういった「経緯」があったので,「アクション」をやったところで,「確実に玉砕」してしまうと,そのように考えてしまうのです。

すみません,いつも長文で,いろいろな「反論」をしていますが,同じようなことばかり書いてしまって,すみません。ネガティヴに物事を考えないようには心がけていますが,「過去」のことがいまでも気になります。

投稿日時 - 2013-02-23 23:37:58

ANo.10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

こんにちわ。ふと気になって他の質問も拝見致しました。私の感じた所、日本人離れした考え方ですね。どちらかと言えばアメリカ的?(笑)

失礼ですが年齢は30代でしょうか?

いくつくらいの方なのか気になってお聞きしたくなりました。

宜しければ教えて下さい

投稿日時 - 2013-02-25 14:14:13

補足

回答ありがとうございます。

詳細なことにつきましては,過去の質疑応答などを参考にしてくださると幸いです。

投稿日時 - 2013-02-25 23:34:48

ANo.12

NO10の者です。再び失礼します。
いえいえ、反論だなんて思っていません。achievecharityさんにはachievecharityさんの経緯があって行き着く考えというものがあると思うので。私も、きっと的外れな発言も多々あるでしょう。その点はお許し下さい。

>「皆が知っているもの」を,わたしが知らないというケースが多々あるので

一番楽なのは、ご自身と趣味や方向性の似てる方と仲良くすることですよね。achievecharityさんがどういった女性に惹かれる傾向があるのかは分かりませんが、もし「そんな女性(achievecharitさんと趣味趣向が似ている)がいたら苦労しませんよ」ということであれば、やはり多少の「共通言語」は覚えるしかないかと。興味のない事をあれこれ覚えなくてはいけないのは気が進まない話ですが、自分が好意を寄せる女性が興味を持つものなら、共有したい、そしてそのための努力だったらしてもいいかなと思いませんか?どうでしょう。

>「恋愛関係はNGだけど,なんだか一緒にいると“役に立つ”し,なにかと“便利”だから」というイメージであり,

そうですねぇ。だってそこまで完璧に、車について、行先について、道のりについて、時間について、値段について、事前に調べてくれちゃうから…。それって、正直に言うなら「頼もしい」というより「便利」「役に立つ」って発想が先に来てしまうのも分かるような気がします。

「頼もしさ」は不測の事態にこそ発揮されるものだと思います。そして「頼もしさ」は男性的魅力につながりやすい気がします。個人的な感覚ですが。

投稿日時 - 2013-02-24 08:24:17

お礼

いつも丁寧な回答,どうもありがとうございます。

回答者さんのコメントを拝見して,わたし自身の,いわゆる「好み」について,色々と考えてみました。

基本的に,外見にはこだわりは,ありません。極端なものではありますが,「ヘルター・スケルター」という漫画作品(もしかしたら,「沢尻ファン向け」,なのかもしれませんが)がありますが,あれをご覧になればわかりますが,外見,姿かたち,顔,簿でしイメージなんてものは,基本的に「どうにもなるもの」だと,わたしは考えます。また,バラエティ番組「学校へ行こう」のなかにあった企画のように,クラスのなかであまり目立っていない,メガネをかけているあの子にイメチェンをさせたところ,「可愛い!」という反応が男子生徒から出るものもありました。つまり,外見は,第一にわたしが「基準」として考えているものではない,ということです。

ただし,いわゆる「ヤマンバ」,「ガングロ」,「ゴングロ」,「ぶりの照り焼き」のような姿かたちはNGです。前に挙げた理屈とは反対のことにはなってしまいますが,「ヤマンバ」みたいなのは,「嫌」です。なぜならば,当事者にとっては,「美」なのかもしれませんが,日焼けサロンに通いつめるなど,ある種の「身体破壊」がみられるからです。

では,わたしの好む「タイプ」とは,何か,正直なところ,このたぐいの質問は,わたしは嫌いです。なぜならば,わたしが答えられないからです。

「話の合う人」,「話の方向性が会う人」ということを,回答者さんはアドバイスされましたが,そういった「方向性」がどのようなものなのか,わたしにはわかりません。わたし自身は,歴史の勉強をしたこともあって,いろいろな話題に触れてきました。ですから,どんな話題でも,どんな方向性でも,いろいろと話すことができると思います。それは,まるで山寺宏一さんや中尾隆聖さんのような人々にたいして,「“ほんとうの声”でしゃべってください。」というお願いをしているようなものです。(あるインタビュー記事のなかで,山寺さんはみずからの「ほんとうの声」がどんなものなのかを「知らない」と答えていました。)

あとは,いわゆる「お兄ちゃん」的という「キャラ」についてですが,わたし自身だって,「欠点」はいろいろあると思います。用意周到なところが少しだけあるという,「表面的な部分」だけでわたし自身の人格などが評価されて,「お兄ちゃん」扱いされてしまうことは,わたしにとっては,理解に苦しむことです。

いわゆる男女交際,ロマンチックな交際というものは,お互いの欠けているところを補充しあうような,武田鉄矢が使ったことで有名になったこじつけ(「人という字は人と人とが支えあっている」)ではありませんが,「支えあっている」というイメージがしっくりくるものと思います。

いわゆる「ひとりでできるもん」的な「キャラ」は,もしかしたら,「恋愛には不向き」とされてしまうのかもしれません。でも,「ひとりでできるもん」であっても,パートナー(彼女)がいることを強くのぞむものです。

投稿日時 - 2013-02-25 00:27:54

ANo.11

すごいですね。最初とイベント時くらいはこうしたら感激されると思います。
また、他の女性とデートする際に、同じプランを使いまわして改善していけば楽だし質も上がっていくと思います。
ちなみに道路関係はカーナビ使えばいいと思うよ。コンビニとかガソリンスタンドなんか予め調べるのは無駄です。

ただ質問者様のことは知りませんが文章から、計算通りにいかないと不機嫌になるような印象を受けますので、そこは要注意です。違ってたらごめんなさい。

投稿日時 - 2013-02-23 11:32:53

お礼

回答ありがとうございます。

回答者さんは,わたし自身には「パーフェクショニスト」のようなところがあるとお考えですが,その通りだと思います。そして,それは「諸刃の剣」であることも,わたしは理解をしているのですが,まるで,いわゆる「男の性」のように,わたしの心にまとわりついてしまっています。

「計画通り」にいかないと,もしかしたら,キレてしまうかもしれません。ですから,「余裕を持つこと」をモットーにしたいと思います。

カーナビについても,活用方法は知っているのですが,わたし自身は「デジタルな部分」もあるのですが,基本的には「アナログタイプ」なので,ついつい,地図に頼ってしまうことがあります。もしかしたら,わたしは,わたし自身が考えるいじょうに,「ガンコ」なのかもしれません。

「プラン」どおりにデートをするのも楽しいと思います。そして,それと同時に,「第三のプラン(オルタナティヴなプラン,その場で考えついたプラン)」を楽しむことも面白いものであると,そのように思います。

投稿日時 - 2013-02-23 23:05:59

息が詰まりそうなデートプランね

投稿日時 - 2013-02-23 07:50:25

補足

回答をしてくださったことはありがたいのですが,「息がつまりそう」とのコメントについて,どういった点が「息が詰まるようなもの」なのか,具体的に提示してくださると幸いです。

投稿日時 - 2013-02-23 22:52:01

ANo.8

付き合って半年になりますが、デートは毎回私が決めますよ
ここ行きたいからって。

運転とデート代は相手持ちです
たまには出しますけど。

私は色々考えるのが好きですし、若い頃みたいに
エスコートしてほしいって、思わなくなりました。

行き当たりばったりでも楽しいですよ
あまり詳しいと、誰と行ったのかなって気になります

投稿日時 - 2013-02-23 06:37:32

お礼

回答ありがとうございます。

もちろん,パートナー(彼女)の方からの「リクエスト」で,デートの行き先なりを決めることも,わたしは大いに歓迎したいです。そういった経験から,わたし自身も,色々なことを学べるのだと思います。それに,「印象深い」ものにもなりそうだと,そのように思います。

あとは,費用の面についてですが,わたし自身は,デートの費用については,わたしが負担することが「筋」であると考えます。もちろん,相手の方から,「お気持ち」をいただくことは,とてもありがたいことですが。

わたしがそのようなことを考える理由は,日本社会においても,アメリカ社会においても,経済の構造上,「女性にお金を使わせる」社会だからです。(たとえば,被服の小売店を例にするのであれば,店舗の面積のおよそ8割は婦人服専門売り場で,残りの2割,申し訳なさそうな程度に,紳士服売り場があります。)女性の方々は,さまざまなところにお金を費やします。わたし自身,女性は「すっぴん」でも魅力的だと思うのですが,現実はとても異なります。メイク,ネール,エステなどの美容から,女子会などの,いわゆる「ノミニケーション」など,女性の目の前には「出費という罠」がたくさんあると,わたしは考えます。

投稿日時 - 2013-02-23 22:57:52

ANo.7

計算ということも、計画をしてきてくれているという面ではうれしいけど

ガチガチでも緊張しちゃうので、おおらかさも欲しいかもです。

気楽に楽しく、というのも計算以上に親密になれる要素かも知れません。

素敵な恋愛をなさってくださいね^^

投稿日時 - 2013-02-23 03:43:19

お礼

回答ありがとうございます。

わたし自身,これは何度も書いたことで,同じようなコメントの繰り返しになって申し訳ないのですが,「未経験」なうえに,「恋に恋している」状態なものですから,いろいろな「仮想」なり「仮定」が思いついてしまうものです。

「おおらかさ」という言葉を使われましたが,それこそ,わたしに必要なものなのだと思います。

あせるのではなく,冷静に,おおらかに。実際にパートナー(彼女)の人ができないと,その通りにはならないのかもしれないと,そのように考えてしまうことがあります。「女房がへそくりを隠しているところ」ではありませんが,1日もはやく,パートナー(彼女)に出会い,彼女の顔を見てみたいものです。

投稿日時 - 2013-02-23 23:00:42

ANo.6

貴方様の考え方は素晴らしいと思います。

実際、ディズニーランド&シーを知り尽くした方のエスコートは、それはそれは見事としか言い様がなく、空き時間も楽しめパレードは前列、とにかく凄いの一言でした。
しかし、それは年間パスポートを持ち、毎日のように通い、(仕事帰りでも行く人でした)努力した結果知り得た情報でもあります。

色々と調べても、時間の変更、いきなりの休みなど予測出来ない事があるのも事実。

さぁ、その時に貴方様がどのようになさるか?そこが重要だと思います。
人生、予想外の事がある。計画するのは素晴らしい事ですが、それプラス、計画通りに行かなくなった時に臨機応変、対応出来れば、完璧です。

そして、計画通りに進めようとするあまり、彼女の気持ちを見逃しては、本末転倒になります。

是非、成功する事を祈っています。頑張って下さい。

投稿日時 - 2013-02-23 03:39:20

お礼

コメントありがとうございます。

「臨機応変な対応」という点については,色々と深く考えさせられました。

質問文のなかには,「これは絶対に出来る」と,まるで「豪語」したように,自分なりの「プラン」を書いてみたのですが,その「真価」とは,「不測の事態」があったときに,どのような「態度」をとることができるか,どのような「決断」を下すことができるかだと思います。その点は,回答者さんは正論をついていると思います。

実際に,デートを経験してから,そのあとに,もう一度,この質問文や,回答者さんとのやりとりを読みかえしてみます。

投稿日時 - 2013-02-23 22:38:22

ANo.5

あまり、手際よくデートされると慣れてるようで不安になります。選べるような選択肢をいくつか用意してくれて、行く場所も相談してくれた方が助かります。当日に行く場所やデートプランを言われても、着ていきたい服や靴もありますし。

投稿日時 - 2013-02-23 02:40:39

お礼

コメントありがとうございます。

質問文のなかには十分に示されていなかった点があったことをお詫びします。

基本的には,このような「プラン」は,事前にパートナーの方に連絡をすることを前提としています。

回答者さんのなかには,このような「プラン」そのものに「疑問」をいだかれた方々もいました。わたし自身が,デート「未経験」なものですから,頭のなかで描いた,理屈づくめの「プラン」なので,色々と「問題点」が出てくるものと思われます。そんなときには,「臨機応変」に対応できるようにしたいと思います。

わたし自身,わたし自身の知識と理解のなかにおいては,デートとは,男性が「綿密なプラン」をつくり,それを実践することが「筋」ではないかと,そのように思います。そして,いわゆるモテる男性というのは,それを「普通に」実践できる人々なのだと,そのようにも思います。

投稿日時 - 2013-02-23 22:41:59

ANo.4

計算しすぎでしょ。でもやらないよりはいいでしょう。

ただ行動パターンの計画よりも、もっと考えておかなければならないことがあります。

それは、話のネタです。

どんな場所に行っても、初期のデートは会話が弾んでれば、車がパンクしようと、道に迷おうと、関係なく、彼女を楽しませることができますし、彼女を気持ちよくさせることができます。

話のネタといっても、なんでもいいわけではありません。彼女が乗ってくるような話でなければなりません。うんちく垂れたって、「つまんねぇ親父だな」と思われてしまいます。

つまり、あなたがデート前に、用意しなければいけないのは、彼女自身や彼女の趣味にまつわる情報です。それを調べておき、質問したいことなどを頭で考えておくのです。

そうすることで、会話がとまった時にはすぐ切り出せるし、彼女も気軽に話せるようになります。基本、女性はベシャリが好きです。喋りだしたら、あとは、適当に頷いていれば、彼女は気持ちよくなります。

たくさん喋ることで気持ちよくなれば、彼女は日頃のストレスが発散され、リラックス状態になり、「楽しい時間を過ごせた、彼といると、落ち着くな~」という様に思うようになります。さらに次のデートに持っていけるようになります。


話のネタについてですが、自分との共通点について話をすると、盛り上がる気がします。話のネタは10個くらい用意しておくといいでしょう。実際は、その全部を話すことはないし、思いもしてなかった話で盛り上がったりしますがw


ドライブなら、彼女の好きな音楽を聞いといて、それを用意するのもありだと思います。好きな曲が流れていると、落ち着きますからね。

投稿日時 - 2013-02-23 02:05:48

お礼

コメントありがとうございます。

そして,アドバイスありがとうございます。

わたし自身,日本社会にいる多くの女性が目をとおしているものには,積極的に目をとおすようにしています。フリー・ペーパー,ファッション雑誌,女性週刊誌,など。ですから,女性の方々が興味を示される「話題」については,それらに関心を持っていますので,なんとかコミュニケーションは成立するだろうと,わたしはそのように考えています。

ただし,わたし自身,言葉で人を笑わせることは,基本的にはできません。ピアノを弾くことはできても,1週間あれば幻想即興曲を,なんとか人前で弾くことができるようにすることは,可能であっても,「話のネタ」とか,「笑ってくれそうなネタ」については,それが十分にあるのかは,正直なところ,「未知数」です。

お笑いといえば,アメリカ社会のエスニック事情をネタにしたものなどであれば,そのネタをふることができるのですが,そういった話題は日本にはないので,ちょっと困っています。ネタの「幅」を広げるために,頑張っていますので,その点は,パートナーの方々には,ぎこちない思いをさせてしまうかもしれませんが,なんとか頑張って,「面白いネタ」をたくさんできるようにしたいものです。

投稿日時 - 2013-02-23 22:48:54

ANo.3

20代女性です。
過去に何人かの方とお出掛け(デート)した経験をふまえると…
女性の性格にもよりますので、あくまで私の場合で回答させて頂きます。

そこまで、きっちり綿密な計画は必要ないと思いますよ。
ある程度の大まかな予定だけで、あとはその場の気分でどうにでもなります。

もし、あなたが計画したタイムスケジュール通りにいかなかった場合、あなたは失敗と感じますよね。
しかし、計画通りにいって、あなたが成功と思っても、相手は一方的な計画を押しつけられただけになります。

つまり肝心な「デートを2人でつくり、楽しむ」というところを忘れた、独りよがりなデートになってしまう気がします。

まぁ、人それぞれだと思うので、参考までにですが…。

投稿日時 - 2013-02-23 01:27:26

お礼

回答ありがとうございます。

わたし自身,恋愛の経験がこれまでなかったので,ついつい,「理屈」とか,「戦略」のことばかりに目がいってしまいます。しかしながら,大切なことは,「ふたりの時間を大切にする」ことであると,それは理解しているつもりです。

回答者さんが指摘してくださった内容を拝見して,いろいろと考えました。やはり,「自分勝手さ」,「押しつけがましい」というイメージがあるのだと,そのように思います。わたし自身は,そういうことがないように注意はしていますが,どこかしらで,態度のデカい人物だと思われているのでしょう。

あとは,実際に「経験」してみないと,よく理解できないのかもしれません。誰か,丸1日だけでいいので,デートしてくれる人がいれば…,などと思ってしまうことがよくあります。

投稿日時 - 2013-02-23 23:11:12

ANo.2

度々すみません…先ほどの者です。
一番大事なこと忘れてました。
モテるひとは、ひとを楽しませるのがうまいです。
褒め上手(がっつり褒めない)、笑わせ上手。
それがあればどこに行っても楽しいですよ。
緊張は禁物ですね。自分がリラックスしてれば相手も安心しますしね。
あんまり答えになってないようですが、すみません。

投稿日時 - 2013-02-23 01:24:16

お礼

再度の回答,どうもありがとうございます。

回答者さんが指摘してくださった,モテるということについては,「笑える話をすること」や,「周囲を和ませることの出来る力」が必要不可欠だと,そのように思います。たとえば,熱愛報道などでたびたび報道される,俳優のIさん(バラエティ番組に“素足に革靴”で出演された方です)は,周囲の空気を和ませることが,とても上手だとのことです。そういった「能力」があると,いわゆるモテる人になれるのだと,そのように思います。

わたし自身は,人と話すことは大好きなのですが,持っている話題が「特定のもの」ばかりなので,人と話をするときには,「話題」に注意するようにしています。

モテるためのスキルというものは,もしかしたら,天賦のものなのかもしれません。ネガティヴなコメントかもしれませんが,そのようなことを考えてしまうときがあります。

投稿日時 - 2013-02-23 23:17:09

ANo.1

30代独身の女です。
計画をしっかり立てて…楽しませて…そう考えてもらえるパートナーさんは幸せですね。
しかし、あなたが疲れませんか?
デートの旅に疲れていては、身体がもちません。
そして、パートナーもあなたに気を遣ってしまいますよ。
二人でスーパーやコンビニに行くことだって、デートですよ。
私は(この歳なので…笑)数々のデートをしてきましたが、不思議とプランをきっちりと立ててくれてデートらしきデートをした人とは長続きしませんでした。
どこかで「この人背伸びしてるな。普段こんなことしてないよね?」とか思ってたんだと思います。
プランをしっかり立てたデートでないといけないような女性は所詮そんな人です。
結婚しても疲れますよ。
自分の好きなこと、好きな場所で一緒に楽しむことができる人がきっといます。
そんなにプレッシャーを背負わないでくださいね(o^-^o)
もしデートが楽しくなかったのたら、相手にも責任があるんですから‼

投稿日時 - 2013-02-23 01:16:28

お礼

コメントありがとうございます。

たしかに,よくよく考えてみると,わたし自身の「負担」も,いくつかあると思います。

しかしながら,これくらいの「アクション」は,良い人間関係,とりわけ,パートナー同士の非常に親密,かつ,ロマンチックな関係を保つためには,「あたりまえのこと」であると,わたしはそのように考えています。

わたし自身が,これはほかの回答者さんにたいするコメントに書いたことですが、「デートにデートをしようとしている」,あるいは,「恋に恋をしてしまっている」状態にあるので,実際に,ほんとうに,「時が来て」,パートナー(彼女)ができたときには,おそらくは,事情はすこし異なるのかなと,そのように考えています。

ただ,デートをするカップルの話題などを聞いたり,インターネットで調べていたり,それにかんする書物を読んでいると,デートというものは,さまざまな「ハプニング」があるものではありますが,1から100まで「計算しつくされている」という印象がします。おそらくは,彼ら彼女らには「不思議な力」があるのだと,まるで子供のようではありますが,そのように思ってしまうときがあります。

また,「見栄」を張ってしまおうとする,そのような「気持ち」があることは,確かです。デートなんて,もしかしたら,わたしの一生のなかで、一度しかできない「大イベント」かもしれないので,そのように考えてしまっているものですから,相手の方から,「めっきで塗りかためたようなもの」であると思われることも考えられます。

「時が来た」ときには,相手の方を十分に話をして,そのあとに,色々な「プラン」を考えるようにします。

投稿日時 - 2013-02-23 22:34:49

あなたにオススメの質問