こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

迷っています。

転職活動中の30代後半、独身女です。

先日、内定をいただいたのですが、6度目の転職、年齢的にも、ということもあって、これで最後に!!と思って正社員を希望したのですが、契約社員としての採用でした。

待遇面でも、現職(臨時職員)とほぼ変わらず、給料は減ってしまい、せっかく転職するのに・・・という気持ちになってしまいました。
現職は3月いっぱいで退職すると言ってしまったので、残ることは難しいです。

年齢・職歴を考えると、正規採用は難しいと思って、契約社員として働くか、4月から無職になるのを覚悟で納得いくまで転職活動を続けるか迷っています。

皆さんのご意見やアドバイスをお聞かせくださればと思います。

投稿日時 - 2013-02-24 13:07:44

QNo.7961916

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ご質問者様は、転職回数が5度あり、6度目の転職も契約社員とは言え、働き場をゲット出来ていることから、その職種においてはある程度のスキルを持たれているのでは? と勝手に推測します。

個人的には、そのスキルをもっと伸ばすことに集中され、スキルで稼げるエキスパートを目指された方が、これからの長い人生において、仕事の世界が広がると思います。


と言うのは、正社員=安泰という構図も長続きしないと思います。
先日(2月22日)、産経新聞に、「雇用の流動化の阻害要因である正社員の解雇の規制緩和」に関する記事がありました。
この記事では、会社側が会社が将来のために不要人員を整理したくても、制度上出来ない問題(→結果的に、雇用の流動化の阻害要因となっている)を生み出しており、その問題の解決策として、金銭補償で雇用契約を終了させる(→解雇可能とする)ことの明文化を、取り上げています。
参照URL: http://news.goo.ne.jp/article/businessi/business/fbi20130222500.html

個人的には、欧米の契約社会的な文化は嫌いですが、日本的なグレーななぁなぁ的文化も嫌いですが、この流れは止めようもないと思うので。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2013-02-24 17:23:52

お礼

アドバイスありがとうございました。
正社員が安泰ということも言い切れないのですね。
臨時職員歴が長かったので、正社員に憧れていた面もあるのかもしれません。
契約社員の方を前向きに考えたいと思います。

投稿日時 - 2013-02-24 18:16:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

売れる能力、技能があるのなら
契約社員でもとにかく職について
その勤務している間に
有料でも転職エージェントに依頼して
コーディネートしてもらえばいいのでは。

投稿日時 - 2013-02-24 16:56:08

お礼

アドバイスありがとうございました。
そのような方法もあるのですね。
いろいろ考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2013-02-24 18:15:48

あなたにオススメの質問