こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人生観が変わる体験

宇宙へ行って地球を見た人は、人生観が変わる聞きます。
そういった体験をした方、どんな体験でどう変わったかお教えください。

投稿日時 - 2013-02-26 17:12:37

QNo.7965678

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 宇宙飛行士なら秋山さんだなぁ。講演会楽しいし。やっぱり視点が変わることで変わったようですね。

 私自身、長期入院で長期間高熱が続き、原因不明。死を覚悟したし、職も辞めることにもなったし。でも、その後変化が訪れましたけどね。死ぬ事、生きることを考えていけたこと。そこで、生きているだけで丸儲けの感覚がよく分かった。まさにそうだから。
 

投稿日時 - 2013-02-26 17:19:57

お礼

>そこで、生きているだけで丸儲けの感覚がよく分かった。

私は自分がいつか死ぬということを、まだわかってません。
私もその境地に至りたいのですが、その体験はしようと思ってできるもんじゃないんですよね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-27 19:17:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

ヒマラヤの入り口、ネパールのポカラの町外れの高台で、ダウラギリに当たる朝日を見るため、極寒の早朝待機していたら、隣にせいぜい6歳位の男の子が素足にスカーフ一枚でしゃがみこみ、横から私の顔を覗き込んで、小さな声で2ドルちょうだい、2ドルあれば今月学校に行けるから・・・と言いました。

多分2ドルは彼の学費ではなく家族の食費になるんだと思いますし、だいたい2ドルなんて闇で変えても大した額じゃないのになぜドルなんだ??と思いましたが、現金を持って行って無かったのでポケットに突っこんであったミルキーをあげました。

都会にいる物乞いとは違って、綺麗な顔立ちに真剣な眼差しでなんだかずどーんと重いものを感じました。
基本施さない主義なのですけど、連れて帰りたかったくらいです。

それ以来、とりあえず仕事あるし食べれてるから大丈夫と余計な事に悩まなくなりました。

パリッと冷えた空気に焼けた巨大なダウラギリ、朝食の支度で薄煙の上がる粗末な民家、ダメもとで声を掛けてきたあの子、しっかりした防寒着を着て、チャイを飲みながら眺めた風景は今でも夢みたみたいです。

投稿日時 - 2013-02-26 22:42:28

お礼

なんだか画が浮かぶような壮大な雰囲気ですね。
少しでも何か感じ取れるか後でググってみます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-27 22:57:32

ANo.4

去年、いっときだけど老人みたいに寝たきり状態になったことと、そこからリハビリで回復する過程かな。

お年寄りに冷たいわけじゃないが、身体が思うように動かない大変さと、それによる怖さ、面倒くささを全く分からないで接している人多いよね。うちもそうだったかもしれないが、まざまざと実感したのでなんかとても年寄り寄りになったかも。(目線)

投稿日時 - 2013-02-26 19:25:46

お礼

最近太って体が重いですが、それどころじゃないですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-27 22:58:13

ANo.3

20歳の頃に交通事故で右足切断しました。

それまで楽しく呑気な健常者の人生だったのが、いきなり楽しく呑気な身体障害者の人生を送ることになり今振り返れば得した感満載です。

投稿日時 - 2013-02-26 19:24:02

お礼

>それまで楽しく呑気な健常者の人生だったのが、いきなり楽しく呑気な身体障害者の人生を送ることになり

変わんないじゃないですか!

以前ご回答いただいた、フライデーの人ですね。
足はくっつかなかったんですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-27 20:35:29

ANo.2

つい数日前に母親を亡くし、4ヶ月ほど前に父を亡くし、30年以上前に全ての兄弟を亡くしており、親の介護が直接の理由ではありませんが結婚する機会を潰されて独身。現在、有る意味『天涯孤独』(所謂6親等以内の親族はおりますが)。
家族が存在しなくなった今、生きている意味が見出せませんね!
喧嘩してでもいいから「家族が居る(存在する)事って最高!」

あと、父が脳梗塞で倒れで介護施設に入所した数年後に、母がホボ1年間に亙って第3次救急病院に緊急入院(1回3ヶ月×3回=実質9ヶ月程度)した時には、それまでは頭でしかわかっていなかった『両親は私より先に死ぬのが普通』と言う事実を突きつけられていると思い至り、ハッとしましたね。
その後は、両親に対して感謝する気持ちは変わりませんが、愛執からは離れるようになりました。その制なのか?友人からは『親に対して冷たくなった?』といわれてしまいましたが。

別に話しは作っておりませんが、こんな事で宜しいですか?

投稿日時 - 2013-02-26 19:12:33

お礼

私の祖母が103歳なのですが、叔父である息子80歳はパチンコ通い、その嫁はガンで亡くなっているため、イトコにあたる孫娘がめんどうをみています。

そのイトコが「なぜおばあちゃんの子供達が世話をしない」と私の父に不満をぶつけるのですが、私の父は「早く死んじまえばいいんだ」などと暴言を吐きビックリしました。自分の母親にはいつまでも元気でいてほしいと思うのが普通だと思うのですが・・・ただ介護など私自身やったことないので、きれい事言ってるだけですね。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-27 19:23:59

あなたにオススメの質問