こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

厚生労働省はなぜイギリス式の綴りのLabourか

厚生労働省のホームページを読むと、Ministry of Health, Labour and Welfare で、イギリス式のlabourの綴りを使っていますが、この理由は何なのでしょうか。

他でも役所の英語は、米語ではなくて、英語の綴りなのでしょうか。もし英語の綴りだったら、それを選択するきっかけになったのは、何なのでしょうか。明治時代から、そうなのでしょうか。

http://www.mhlw.go.jp/

どなたか歴史に詳しいかたに教えていただきたいと思いますので、よろしく御願いします。

投稿日時 - 2013-02-27 18:46:39

QNo.7967587

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 経緯には調べが行き届きませんか、厚労省の前身である労働省(1947~2001)はLaborと綴っています。いうまでもなく、厚生省の前身は内務省で、1938年に厚生省が分離、戦後に労働省ができました。

 英語圏では、アメリカとオーストラリアがLabor、この両国以外の多くははLabourを用い、国際機関であるILOも多数派です。
 
 なお、政府機関ではセンターという名称がよくありますが、さすがにCentreは見当たらないようです。たとえば大学入試センター、国民生活センターなど。国立劇場もTheaterです。

投稿日時 - 2013-03-01 00:48:04

お礼

ああ、なるほど。ILOのホームページをみても、たしかにlabourですね。

http://www.ilo.org/global/lang--en/index.htm

アメリカ式、イギリス式綴りとは別に、インターナショナルな方式と、そうではない方式があるようですね。Centreの指摘は、とても興味深く思いました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-03-01 14:27:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

英語を採用しているからでは?

>それを選択するきっかけになったのは、何なのでしょうか。

大英帝国時代からの慣習では?

投稿日時 - 2013-02-28 01:25:23

お礼

ありがとうございます。日英同盟の結果、ということでしょうか。アメリカは日本の憲法までつくってしまったのですが、それに対する反発?? いろいろ考えられますけど。。。

投稿日時 - 2013-02-28 07:54:17

あなたにオススメの質問