こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

青色申告/不動産共有名義での帳簿のつけ方

父と母、共有名義(50対50)の老人ホームで質問です。
毎月の収支は返済金、賃料、エレベータ保守費のみで、あとは税金の支払いがあ

るだけです。前回までは白色申告だったのですが今回から青色申告に切替申請をだしています。入出金もほとんどないのでソフトを買ってくればすぐにできると思っていたらあまかったです。以下について教えていただけるとありがたいです。

銀行とも共同債務で契約していますが、通帳上のやり取りは父名義の通帳で一括でということだったので、外とのお金の出入りはすべて父の通帳からです。また、土地は父の名義ということもあって建物も含めて固定資産税は父の通帳から引落しです。
母の口座には、毎月の支払いで残った分の50%を振り込んでいます。

父口座
・入金  +1,000,000
・返済   -500,000
・エレベータ保守   -50,000
----------------------------
計 45,0000

50%分を母の口座へ -225,000

残金        225,000


母口座
・入金    225,000

(質問1)
今までは、白色申告だったので結果の金額合計だけを申告していましたが、青色申告で帳簿をつける場合、実際のお金の流れとは違って、按分した形で双方に以下のようにつければいいのでしょうか?
建物の登記も半々なので、資産と負債も半々で帳簿につけることになり、以下のように思うのですが、実際の流れや通帳の記帳とは異なってしまうので本当にいいか分からなくなりました。

・入金   +500,000
・返済   -250,000
・エレベータ保守   -25,000
----------------------------
           225,000

(質問2)
土地は父名義で支払いは父のみになっていますが、老人ホーム経営に必要な租税公課として、按分して両者の申告に入れてもいいのでしょうか?
それとも父の申告のみにしなければならないのでしょうか?

投稿日時 - 2013-03-01 05:49:59

QNo.7970145

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)
一番簡単と思われる方法は、
(1)父親側で全ての収入と全ての費用を記入する。
(2)期中に母親へお金を渡したら、「共有者引出勘定」で処理する。
(3)決算時に、収益、費用を2分の1にして「共有者引出勘定」に振替える。
(4)これで「共有者引出勘定」が0(ゼロ)になれば正しく、清算されたことになる。
借方残になれば引出金がおおすぎたのであり、貸方残になれば引出金が少ないことになる。

同じ元帳を両者の共通の元帳として問題ないと考えます。

(2)
土地の固定資産税は本来は父親だけの費用ですが、所得税法56条により両者の必要経費として按分することが認められます。

投稿日時 - 2013-03-02 21:11:19

お礼

ご回答ありがとうございました。
決算時に収益、費用共案分する方法があるのですね。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2013-03-03 22:37:06

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>・入金   +500,000…

毎月の締め日に、
【売掛金 500,000円/売上 500,000円】
入金された日に、
【現金 (or 普通預金) 500,000 円/売掛金 500,000円】

>・返済   -500,000…

元本分と利息・手数料分に分ける。
例えば 45万と 5万なら、
【借入金 45万円/普通預金 45万円】
【利子割引料 5万円/普通預金 5万円】

>50%分を母の口座へ -225,000…

【預り金 ()ほか適宜科目 225,000円/普通預金 225,000円】
母側は
【普通預金 225,000円/売上 225,000円】

>土地は父名義で支払いは父のみになっていますが、老人ホーム経営に必要な租税公課…

「生計を一」にする家族の持ち物を事業にしようしたばあい、そのまま経費にできますからそのようにしてもかまいませんが、そうするなら“エレベータ保守”だって半分ずつ経費にしないと整合性がとれません。

すべて父の経費にしておき、母は粗利の半分を受取、母の申告に当たっては入金額の全額が売上、経費はゼロとするのがもっとも簡便だと思います。

投稿日時 - 2013-03-01 08:14:50

補足

早速のご回答ありがとうございます。
たしかに、ご提案の形が一番簡便ですね。ただ、心配点もあります。

この方法で、租税公課、借入金の利子分、建物の減価償却すべてを父方の経費として計算すると赤字になってしまいます。また、確認ですが経費を全部父方で負担するとこいうことは資産や負債もすべて父方の帳簿にのせるということですよね。
なんだか、父方は赤字になって、母方は大きな利益がでてとバランスが悪いのですがそのあたりは気にしなくてもいいのでしょうか?

父方と母方で税率が大きく変わってしまうのも気になります。

多少面倒でも、経費分もすべて按分する方法もあるのでしょうか?具体的に教えていただけると助かります。

投稿日時 - 2013-03-01 22:05:48

お礼

分かりやすいご回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-03 22:43:21

あなたにオススメの質問