こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

青色申告者の株取引口座について

今年、個人事業主として仕事を始め、
青色申告の手続きを行っているものです。
※帳簿管理・申告はソフトを利用して行う予定です。
(2月以降に開始のため、はじめての申告は来年となります)

これから、証券会社の口座を開設し、
株取引を行う予定なのですが、
すべての取引に関する記録を自分で管理する自信はないので、
特定口座にしたいと考えております。

1.「特定口座・源泉あり」
2.「特定口座・源泉なし」

上記1は自己での確定申告は不要、
2は証券会社からの報告書をもとに確定申告が必要、
と理解しているのですが、
どちらを選択するのが適しているのでしょうか?

なお、現在は1つの証券会社での口座を予定しており、
今後複数の口座を持つかどうかは未定です。

初心者の質問で申し訳ございませんが、
ご回答(または経験談)をお待ちいたしております。

投稿日時 - 2013-03-02 16:11:05

QNo.7972565

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

個人事業者として、青色申告を選択されているとのことですが、
株式譲渡については分離課税であり、青色申告 or 白色申告
であるかは関係しません。

証券会社の口座選択については、断然「特定口座・源泉あり」
とすべきです。

「特定口座・源泉なし」とした場合、確定申告時に事業所得と
併せて申告が必要となります。
また、納税についても、事業所得とダブルで一括納付すること
となり、納税の負担が大きく感じられます。

証券会社での口座作成については、1証券会社につき1口座しか
作成できません。

複数の証券会社で口座を作成するよりも、1証券会社の1口座で
取引する方が良いと思います。

その理由は次のとおりです。

1 複数口座で取引したとしても、結局取引内容は税務署に把握
 されていること。

2 株式譲渡において損失が生じた場合、同一口座であれば配当
 と損益通算され、配当に係る源泉徴収税額は自動的に還付され
 ます。
  したがって、特に確定申告をする必要はありません。
  (損失額の繰越しを申告する場合を除く。)

  他口座の配当と株式譲渡の損失を損益通算んする場合には、
 確定申告が必要となり、通算することによって配当に係る源泉
 徴収税額は還付されますが、申告した配当所得は所得に加算さ
 れ、結局、住民税や健康保険料等が高くなることとなります。

  
 

投稿日時 - 2013-03-02 17:17:43

お礼

とても勉強になりました。
源泉ありで、作ろうと思います。
また、ご教授いただいた事を元に、
自分でも少しずつ勉強しながら
進めていきたいと思っております。

詳しいご説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-03-03 20:41:11

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問