こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デジイチの購入を考えています

デジイチの購入を考えているのですが、
ソニーα77ボディとキャノンEOS60D(レンズ別途購入)を考えています。
ソニーならレンズがあるので、予算的には一緒ぐらいです。
基本的に家電はソニーが好きなのですが、カメラ
となると、キャノンかニコンの方が後々後悔しないのかと
迷っています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-03-10 23:09:43

QNo.7987110

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

Canonの60Dというのは中途半端な機種でしてね。
60Dにするなら、KissX6iの方が良いんじゃないかと。
http://kakaku.com/item/K0000388422/

KissX6iは性能的に60Dを凌駕している部分が多い
です。60Dが勝てるのはハッキリ言ってファインダー
だけですが、SONYのα77が選択肢、ということは、
ファインダーに拘りはなさそうなので・・・。

ちなみにα77、元ミノルタ使いの友人にもあまり
評判は良くないですねぇ。今SONYの一眼を買うなら
NEXの方がいい「絵」を作るんだそうです。

投稿日時 - 2013-03-11 10:48:29

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

こんな噂も
http://digicame-info.com/2013/03/322eos-70d.html

投稿日時 - 2013-03-13 17:02:40

ANo.7

>やはりα99のあのファインダー私には駄目です。

同感。
一眼レフには、ミラーボックス造りとペンタプリズム研磨のノウハウが欠かせない。
ミノルタの技術者が去って、安易かつ低コストで、電気屋でも作れるカメラになり下がったと思います。

投稿日時 - 2013-03-12 07:37:42

ミノルタユーザーだったので、レンズに互換性のあるSONYでのデジタル化を考えていました。
やはり、フルサイズがほしかったので、α99とα900を念頭に店に行ってきました。

結果、やはりα99のあのファインダー私には駄目です。
やはり、光学ファインダーのそれとは明らかに違い、ピントを合わせるときも、画像が荒く見えてピントの山をつかみにくいファインダーでした。なんか、ザラザラしててピントわかりにくいです。ファインダーの向こうで何かが動くとチラチラして、長く覗いていると疲れるんですよ。

ということで、結局、旧モデルのα900を購入しました。

α77も、α99と同じEVFファインダーなので、私はあまり好きにはなれそうもありません。←個人的な意見なので、好きな人は好きかも・・・

もともと、α-9や、CONTAX RTSIII、オリンパス OMシリーズ(フィルム:OM-Dでは有りません)の光学ファインダーになれていると、あのEVFは、どうもなじめません。・・・個人的意見ですが、SONY!!!、なんでα900後継機(光学ファインダー)やめちゃったの???

結局、電気屋さんって言うことなんでしょうね・・・トランスルーセントミラーも動画を重視した場合有利と言う事だし・・・

せっかくミノルタ買ったのにミノルタの財産(世界一の光学ファインダー)使わないなんてもったいない・・・

遅ればせながら、質問の回答ですが、光学ファインダーのD60が良いのでは・・・ペンタミラーのKissよりはペンタプリズムのD60が良いでしょう。でも、APS-Cのファインダーって結局ピントをマニュアルで追うには小さくて私には使いにくいですが・・・
予算が許せは、ホントは、7Dに行った方が良いんですけどね。

投稿日時 - 2013-03-11 22:27:32

ANo.5

>基本的に家電はソニーが好きなのですが、カメラとなると、キャノンかニコンの方が後々後悔しないのかと 迷っています。

そうです。ソニーの一眼レフ3桁機時代は、良きミノルタ時代の香りも残していましたが、ノンフレックスEVF2桁機となると、もう電子機器の色合いが濃く感じます。
実際、ニコン・キヤノン・ペンタにシェアーを奪われ、少数派。主力は、NEXですから、システムとしては、何時終結しても不思議じゃない状態。一抹の不安要素が残ります。

その点、ニコン・キヤノンなら、事業の継続性・システムの充実度から、無難な選択肢でしょう。
まぁ、押しなべて言えば、キヤノンのJPEG撮って出しの絵は、万人好み。

EOS60DとKiss X6i について、意見が割れていますが、これは、何を重視するかで、評価が変わります。と言うか、Kiss X6i は、このクラスでは出来過ぎクンだからでしょう。
個人的は、No2氏と同じく、EOS60Dは中途半端。Kissの上位機狙いなら、後継機を待つのも選択肢としては、アリかなと思います。

投稿日時 - 2013-03-11 18:58:22

ANo.4

EOS60DとEOSX6を比べた場合は60Dの方が良いです。
X6は初心者をターゲットとしていて60Dは中級機です。
カタログで比べればはっきり分かります。
何でも最新型が良いかと思われがちですが、そんな事は無いです。
60DがX6より優れています。

投稿日時 - 2013-03-11 17:32:05

ANo.3

Canonの60Dは、価格の割に 良いと評価されていますねー
KissX6iは、最新機種なので 進化の度合いで 良いらしいです。
どちらを選んでも Canon機の性能確認は、できるかと思います。
価格的にも あまり大差ないかな?

ソニーは、基本ミノルタの光学で ソニーのエンジン搭載かな?ミノルタレンズの模写(味)は、あります。
キヤノンを試し 手放すなら 6Xiが優位かな!

将来性・システム発展性の面でも ニコンかキヤノンを試してみてはと思います。

投稿日時 - 2013-03-11 13:54:32

ANo.1

この2機種の大きな違いは、光学ファインダがあるかないか、それに尽きます。

ソニーのα77は、TMLという固定式ハーフミラーを採用し、イメージセンサとAFセンサに像を導いています。
ファインダは電子ビューファインダ(EVF)を採用しています。つまり、ファインダを覗いても、そこにあるのは液晶画面です。
キヤノンEOS 60Dは、通常の一眼レフカメラで、光学ファインダを備えています。

EVFのメリットは、露出やWB、設定画面などがファインダで確認できること。
MFも像を拡大表示できるので、やりやすいです。
デメリットは、イメージセンサで受光した像をデジタル変換などの処理をしてから液晶画面に映し出すため、タイムラグが有ること。
タイムラグもありますし、カメラをパンすると像がカクカクと見えてしまうのが欠点です。

一眼レフは光学ファインダなので、像がリアルタイムで確認できるので、動き物の撮影で有利。
極端に明るい場所や暗い場所での撮影にも強い。
デメリットは、光学ファインダでは設定や撮影データの確認ができない(背面の液晶を見て確認)。

システムとしては、アクセサリはキヤノンやニコンのほうが豊富で拡張性は高いです。
レンズも、サードパティ製はキヤノンが一番早く出て、ソニー用は遅いかです。
レンズの選択肢自体、キヤノンのほうが多いです。

今後どのようにシステムを構築していくかですが、拡張性を考えるとキヤノンに軍配です。
そうでないなら、大差ないですが。

投稿日時 - 2013-03-10 23:48:08

あなたにオススメの質問