こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

看護師さんの将来性について。。。

以下の記事は薬剤師さんについてです。

「医薬分業の進展により薬局等での需要が増えているが、医薬分業率は70から80%で頭打ちになると予想されること、2009年の登録販売者制度の導入により第二類および第三類一般用医薬品を販売するには登録販売者がいれば薬剤師の常駐が不要となること、等から薬剤師の需要は頭打ちになるのではないかとの意見がある。もともと、人口1000人あたりの薬剤師数は1.21と、先進国中では最も高い。厚生労働省は「薬剤師問題検討会」を組織し2002年に「薬剤師需給の予測について」の報告書をとりまとめた。その後の「粗い試算」によれば、2027年には薬剤師は40万人となるが、需要は29万人として11万人の余剰が出ると予測されている。

一方、2003年就実大学と九州保健福祉大学が約20年ぶりに薬学部を開設、その後も学生数を確保するため薬学部を新設する大学が相次ぎ、2007年までに新たに26大学・学部が新設された。その結果、2007年の薬学科の入学定員は12010人となり、5年間で5000人以上増加した 。薬学部の新設はその後も続いている(ただし、2009年度は薬学部を設置した大学はない)。厚生労働省では「薬剤師需給の将来動向に関する検討会」を組織しているが、こうした現状に関係者から懸念が表明されている。」





と、このようにありますが、


看護師さんの将来性はどうなんでしょうか。
詳しく教えてください。


よろしくお願いします!!!!!

投稿日時 - 2013-03-12 22:45:07

QNo.7990448

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あくまでも私の予想です。
ちなみに私は看護師、看護師行政に詳しいわけではありませんので、
新聞等で耳にはさんだ情報を元に予想してますので
現状とは違う箇所、思い違いもあるかと思います。
その点は考慮ください。

薬剤師と同じように
資格取得で活躍の場が他業種に比べて得られやすいという点が、
不況により就職が難しくなっている中、
就職に有利な看護師も志望者は今後も増えると思われます。
志望者が増えれば看護学部の増設、新設やその定員も増える事は予想できますが、
薬剤師と違って(販売店での登録販売者のような)競合者がいないので
仮に将来的に余剰が出るにしてもかなりペースは遅いと思います。
その根拠としては他に、
看護業務は看護師の独占業務に近い。
むしろ、MEなど他職種の仕事も看護師はできる。
医師の業務負担軽減のため、経験年数、更に特別な資格の取得など条件がありますが、
それまで医師の仕事も一部、看護師ができる方向性に向かっている。
などがあげられますし、
まだまだ女性の多い職場ですので、
結婚、出産、旦那さんの転勤等で離職率、転職率が他職種よりも高いと思われるため、
人員の安定した確保は各病院必要だと思われます。

個人的に大きいと思えるのは、
薬剤師と同じように学部の定員の増加があり看護師が将来的に増えても
業務範囲も同じように増える方向に向かっている点です。
特に医師の業務が一部解禁される点は、
経験を積んだベテラン看護師の需要や重要性が増す事であり、
医療業務における看護師の重要性は今でも大きいですが、
更に大きくなる事を意味すると思われます。

投稿日時 - 2013-03-19 18:04:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

資格が取れるなら、一生、役立つお仕事です、将来性も、安定していますよ。

投稿日時 - 2013-03-13 04:09:59

あなたにオススメの質問