こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コピー機のパフォーマンスチャージの削減について

2人でやっている小さな会社ですが、コピー機(リコー製neo250RC、1年前に購入)の基本料金が2600円、674カウントで3909円で、平均すると合計約6000円から8000円位を支払っています。
ちなみにトナー代込です。

電話やネット料金に比べて、重要でない設備に割り高感があるように感じます。

それともこのくらいのランニングコストは仕方ないのでしょうか?

投稿日時 - 2013-03-19 10:03:49

QNo.8000781

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

その料金システムはメンテナンス料金込みですね

仮に5万円のドラムユニット等の部品を交換しても
毎月のメンテンス料金に含まれているので
追加請求がありません。

メーカーによってはプリンターのように
カウント料金方式でないものもありますが
エプソンのプリンタ複合機とか

ドラムユニットが1個4万円が交換時にはかかります。
トナーユニットも1個1万円とかすると思います。

どちらが良いかはコピー機導入時に検討すべきだったと思います。
コピー会社(ゼロックス、キヤノン、リコー)の場合
カウンター方式でプリンターにコピー機能付けたようなのは
個別にメンテナンス契約しない場合、メンテマンを呼ぶ都度に料金がかかります。

調子は悪くなって気軽に呼べるのは、カウンター方式だと思います。

ランニングコストが気になるなら
リコーの担当に相談してみては

ただし、企業ならコピーに8000円程度は必要経費とみなすべきかと思います。
NEO250RCも個人商店レベルなら高価だと思います。

月に674カウントですと20万円くらいのプリンタ複合機でもよいかと思いますが
コピー機の方がトラブルなく長持ちするとは思います

投稿日時 - 2013-03-19 10:44:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問