こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中国の「反日教育」とは(中国人よりの質問)

 日本語を勉強中の中国人です。日本の皆様にお伺いします。中国の「反日教育」とはどのようなものなのか、教えていただけないでしょうか。率直な意見を歓迎いたします。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-03-19 11:39:05

QNo.8000896

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

かぎ括弧「」、と、小括弧=パーレン()

を読みとらねば、この質問に答えたことにはならない、

ということのようです。

中国には「反日教育」などというものはない。

そこにあるのは単に「教育」にすぎない、

それを「反日」だとか「親日」だとかに、分ける

何の根拠があろうかということでしょう。

ただ、中国には中国の教育(志し)があるだけで、それを「反日」

と言って騒いでいるのは愚かしさの極みだ、と。

たしかに、南京虐殺30万人、も別に「反日」などではないのかもしれない。

それが中国の「実感」なのでしょう。

それはそれでいいのかもしれません。

(皮肉でいうのですが、「日本は大変よい民主的な国家だ」など言われるほうが、かえって「反日」かもしれないです)

日本としては、もっと、根本的(現実的)に対処するしかないと、

逆に自覚すべきですね。(日本人はあまりにお人好しでした)。

――だいぶまえ、四国の高校生の修学旅行(中国)で鉄道事故があり、

相当数の日本人高校生が犠牲になりました。

あのとき、日本人ひとりの「損害賠償額」が同じ事故で亡くなった中国人と、

二桁額が違っていて、中国人が目をむいていたのを思い出します。

そこに「反日」の根のひとつ(ねたみ)があったという気もします。

(私たちがいかに「中国人の生活」をばかにしきっていたかは忘れて、いまさら「反日」もないですかね?)

たしかに、このままでは、両国の「善男善女」にとってろくな結果にはなりますまい。

あなたのような知性のある人がもっともっと発信力をもって、

この絶望的な状況を変換していってほしいです。

この問いに答えたのは、括弧の使い方が哲学カテにふさわしいと思ったからです。

投稿日時 - 2013-03-19 21:52:59

お礼

日本語が未熟なため、質問の意図が正しく伝わらない質問文になっていました。一旦、締め切って新しく質問し直します。回答してくださった皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、新しい質問のほうにもご回答いただければ幸いです。

投稿日時 - 2013-03-19 22:21:10

ANo.11

こんばんは。

私は中国人の知り合いがいないので、かなり急所をつついていると感じる

「これが日本人だ!」王志強 著 basilico

を読み、芸術文化の視点からこの本を日本人として論評し反日教育について述べてみたいと思います。

この本を読んで知りましたが、中国人は「中華思想」など中国では聞いたことがないとありますが、本当ですか?

この本で、日本は中国文明をコンプレックスを感じているとありますが、私は、そんなことはないと思います。

私は陶磁器に興味があり、美術館に通って観て、感じたことには、中国の北宋の白磁や南宋の青磁に「完璧」を感じます。

一方、朝鮮の焼き物には、「庶民性」という暖かさを感じます。

日本はというと、現在にも連綿と続く茶の湯文化の中で、言われるものですが、十五夜の満月より、やや「欠けた」十三夜の晩秋の名月に「美」を見出し、日本独自の侘び、さびの文化が生まれました。

これは16世紀の安土桃山時代であり、いいとこどりの模倣ばかりとこの本の著者は言ってますが、日本には日本の、独自の文化を創造する力がある。

日本は集団主義と揶揄してますが、これは、私は、日本という島国における地震や台風や飢饉という自然災害を何回も経ても協調し皆が助け合い生き延びたという農耕文化から生まれた、チームワーク力と私は肯定します。

では、中国人は皆、個性を出し合ったら、あれほどの人口と国土を誇る領土はまとまりますかと、この著者に言いたいです。

私は反日教育とは、そんな、集団主義の日本人に対する日本と中国国内における危機感ではと考えます。

とにかく日本は大震災を乗り越えないといけない試練があり、ゆとりがないかもしれませんが、一服の茶の湯くらいのゆとりはあればと感じます。

中国は、急須を大事にするお茶文化があるようですね。

急速に変化する世界情勢に対応するために、急ぎすぎず、このような日本と中国のお茶文化の中で、日中は話し合えればいいのではと考えます。

投稿日時 - 2013-03-19 19:42:49

ANo.10

”中国の「反日教育」とはどのようなものなのか”
       ↑
1,学校教育
教科書は読んだことありませんか?
例えば、日中戦争の死者の数ですが
1991年までの教科書では2100万人
になっていたのですが、
1995年になって、突如3500万に
増加しています。
なぜ増加したのかの説明は一切ありません。

ちなみに・・こういう経緯があります。
終戦時 132万 GHQ調査・発表 国民革命軍のみ
終戦時 132万 国民党政府調査・発表 国民革命軍のみ
1948年 438万 国民党政府報告書
1950年代 1000万 共産党政権発表
1970年 1800万 共産党政権発表
1985年 2100万 共産党政権発表(抗日勝利40周年)
1998年 3500万 江沢民発表 江沢民氏の演説で発言後、南京大虐殺記念館での公式数字となる
2005年 5000万 卞修躍博士発表(抗日勝利60周年)

2,TVや新聞でしょっちゅうやっていますね。
悪い日本人というドラマばかりです。

3,特にひどくなったのは、江沢民政権の時からです。
江沢民の父親が日本軍協力者だ、ということで江沢民は
反日政策をとらざるを得なかったのです。

投稿日時 - 2013-03-19 17:40:36

こんにちは。
反日⇒反感+日本。
反感⇒日本は、とても嫌な国、嫌いな気持ち。
とても凶悪、中国を乗っ取ろうとした。
   歴史的事実はあるが、小ヨロッパとは言わない。
   またいつの日か中国に攻め込んでくる。
   隣で栄える日本が目障り。
   様々な嫌がらせに動じない。
教育⇒国が率先して国民に刷り込む生き方。

でも、以下を教育には盛り込まない。
   小日本が、米国やヨーロッパに戦いを挑んだ。
   戦いに負けたにもかかわらず、国民性で経済復興。
   憲法で、戦争で交際紛争の解決をしない。
   自衛はする。
   ODAを今だに中国に行っている。
   日本が中国の経済を後押しして、今や互恵関系。

文明が進んで行かざるを得ない事は否応なし、実存に生きて
世界の笑い者になっている事に一日も早く気付いて欲しいものです。
70年前の日本がそうでした。
台湾の方々は70年前に気付いていましたよ。

投稿日時 - 2013-03-19 16:24:48

ANo.8

awayuki さんの質問を正確に表現するなら、中国の「反日教育」を日本の皆さんはどう捉えていますか、とするのが良いと思います。

投稿日時 - 2013-03-19 15:26:25

ANo.7

「定義」ですね。でしたら「反日」に限らず、「A国の反B国教育」とは、
B国内で常識とされている事を隠ぺいして、A国内でB国を貶める
ような事がらを「正しいもの」として教育することを言います。

例えば、北朝鮮などで、「悪の帝国=米国」と教科書に書いてある
とすれば、それは「反米教育」になります。

もっとも、歴史的な事がらは、評価する人で内容が変わってくるのが
当然でして(ですので、中国古代の史書は、権力から独立して記述
することが保証されていました)、「反B国教育」は、B国から見れば
おかしな事であっても、必ずしも「事実と反する」とは限りません。

ま、事実であろうがなかろうが、「A国民がB国民を下等国家と蔑む
ことになる」ことには変わりないですけどね。

ということで、"中国の「反日教育」"は、「日本を下等、中国を上等、
または日本を悪、中国を善と記述してある教育内容全て」を指し、
これは歴史的事実とは全く関係なくそう判断される、と考えていい
です。だいたい、「反B国教育」とは「B国から見た言葉」ですからね。
A国の事情は一切斟酌されません。

ただ、中国の教育内容が、「世界の大勢から見るとかなり特殊」で
あることも確かです。この辺は「中国の反日教科書を見る」などで
検索してみると、結構「冷静な評価」もヒットしますよ。

投稿日時 - 2013-03-19 13:16:59

中国政府が香港政庁に対して
愛国教育を元にした歴史観を育成するべく
香港での就学児童に対して教育内容の変更を強く求めたことがありましたが
香港では就学児童の年齢が低いとの理由から
強い反対運動が起きた事実があります
この内容が
中国は世界一の国
強い中国は世界の中心
中国は超大国である
中華文明の多様性に対しての優位性の不動性
等が考えられていましたが
これらから連想される事柄が自国優位・他国排斥
と言う概念が連想されると言うものです
香港の方々は長く英国領としての生活から西洋風の感覚や概念が深く根付いています
このような中央政府の押し付けは
多くは今の中国から消えうせた中華思想にその端を求めることが出来ます
中華思想は今でも日本人の心の中にも深くそして強く根付く考え方です
これが端的に表面化した事件が御座いました

中国の県の副知事が中央政府の許可の下 戦時中に中国で残留してその後命を落とした残留日本人や
残留旧日本兵士の魂を祀るために建立した記念碑がネットでの猛烈な反対運動によって
未だ序幕の日を迎えることが出来ないというものでした
※時間軸はその当時のものです

そのときの県の副知事の言葉が
「私たちが広く大きな中華思想によって異国の人間の魂の鎮魂を願っただけなのに」
というものでした

日本が軍国主義で中国を壊滅略奪せんともくろんだこと
中国が中華思想の名の下に日本の排斥を実行しようとしている

どちらも幻想であり又事実でもあります
このような国家国民の姿勢が半日教育と呼ばれてしまったと考えることが妥当性のある
貴方への回答だと私は考えるのです

※勿論これだけではないでしょう
※日本の最も不幸な事は国の場所が中国の余りにも近くだったことだとする意見があります
※中国も韓国も日本をある意味対極面におくことにより成長したことへの反発
※愛国精神はナショナリズムであるとする考え方(日本も中国も韓国も)
※ナショナリズムへの解釈と概念の利用方法の違い
※日本がドイツとは違い戦後の思想的整理は実行していても対外的な戦後処理にばらつきがあった
とする事実
※期せずして中国と台湾と言う制度上の分割を余儀なくされたが為に日本への感情的な側面が多様である
※中国文明や朝鮮半島の文化を吸収しておきながら 日本人は両国を蔑み忌み嫌った事実
※中国人や韓国人の大思想的中華思想から来る日本人への侮蔑感


広くこれが私の認識 私の理解です お役に立てばこの身の幸せです

投稿日時 - 2013-03-19 13:01:43

ANo.5

プロフィールとブログを少し、拝見いたしました。
東京以外の西日本に、ずっと住む、50代の男性です。

20年、30年前を思い出せば、かつてないほど、東シナ海をめぐる
国々の緊張が、高まっていることは、古い世代として実感しております。

国際情勢と、たとえば6カ国協議のような枠組みが出来て、
お互いの利害と理解を確認し合うようになったのは、米国に次いで
日本が経済的に、頭が抜き出ていた時代とは、遥かに国際競争力だけを
取れば、状況が変わって来たことの証しです。

しかし日本人の大勢は、昔のような優越感と、明治時代以降の日本で習う
歴史観点から、座標軸を動かすことに、抵抗があるのではないかと思います。

それから1990年代後半より、広くインターネットが、世界中の人々の間で
利用されるようになりました。

「違和感」という感覚が時間が経つと、いろんな感情に変化することも覚えました。
日本では「反中教育」はありませんが、ネットの空間を温床にして、いろいろな
世論が生まれて来ました。雑誌等の紙媒体でも、高らかに中国人嫌いを標榜する
人も見掛ける。昔は珍しかったのですが、そうでなくなりました。

中国国内で一部的に起きていることが、大きく伝えられる(報じられると)
「生意気な」と思う日本人は、昔から居てると思います。
これがインターネットの時代は、ミラーが反射するような相乗性が生まれて
増幅して行く。ひとつの事実、現象なのだと思います。

さて、一般人は何を考えるかということでしょう。肝心なこととしてです。
東シナ海の緊張が高まると、変な言い方ですが、得をする人も居てると
考えてみてはどうでしょうか。
これは、中国、日本の双方にです。

反日教育という文字や言葉を聞いただけで、感情的に反応しやすい。
そんな言葉特性が有ると思うのです。
中国内部で起きていることが、どのくらい日本に正しく伝わっているか。
また、対中ビジネスの場面等に於いて軋轢があり、中国が嫌いになる人が
たまにおられます。そう言う方が何人か集まられると決まって悪口大会に(笑)
なりますね。

日本のことしか分らないのですが、これが日本の実態で、昨年のような
大きな暴動が中国国内で起きれば、いっぺんに憎悪の炎が燃え上がる。
彼らは「反日教育」を受けているから、あんなことをするのだ、と。

私はこのように理解するのですが、決して正しい結論ばかりでは無いと思います。
さまざまな、日本人の意見や、観点を聞いてみて、中国人の貴方自身の中で
整理されてみて、今後の国際間協調と、東アジアの平和に付いて考えてみられる
ことが、大切だと思います。

中国自身が1989年の天安門事件を、超克できているかというと、その辺りも
難しいかと思いますが、それでもノーベル文学賞をとる作家が出て来るまでに
社会は成長したと思います。
ぜひ、今後もアジア全体のことを、国家間利益の追求以上のことを
考えていただきたいと思います。
一人の日本人として、回答させていただきました。
失礼いたします。

投稿日時 - 2013-03-19 12:56:59

ANo.4

中国の反日教育を中国人の方が
日本人に質問しているのでしょうか・・・?

ほとんどの日本人は
中国語が、わからないと思います。
なので、どんな内容をどんな手法で
中国当局が中国人民に、「反日」を
すり込ませているのか?、なんて、わからないと思います。

中国人の方のようなので
まず、あなたが中国当局からすり込まれた「反日教育」を
教えて下さい。質問の答えは、そこから始まると思います・・・。

投稿日時 - 2013-03-19 12:22:56

ANo.3

事実をねじ曲げ、あるいは、無かったこともあったことになり、その責任はすべて日本にある、悪いことをしたのはみんな日本だ、という教育だろう。

そんなことをする中国政府の目的、そんなことをしなければならない中国政府の立場は、中国人であるあなたの方がお解りかと思います。

中国国民も韓国国民も、そして日本国民も、「政府はウソつきだ」と非難しているのに、領土問題や歴史については政府の言うことを盲目的に信用しています。
特に、中国ではマスコミは政府批判をできない。中国の一番の問題はここです。

投稿日時 - 2013-03-19 12:22:43

ANo.2

あなたは中国人ではないのですか?
中国で行われている反日教育の内容について、日本人は知りません。
ただ、南京大虐殺の人数が最初の数万から年々増えて、今や
当時の南京城市の全人口(30万人)に及んでいるとか、その虐殺
(第三国人の証言によれば実際は数千人)の原因となった中国兵
の国際法違反(日本軍が城内に進駐したら中国兵は誰もおらず脱ぎ
捨てられた軍服が無数に散乱していた=降伏せず市民に紛れ込んだ)
を隠して単なる一般市民を殺したと主張し、通常の薬物試験の域を
出るものではなかった731部隊の臨床試験を、何の証拠もなく人体
実験だと騒ぎ、あるいは基本的に軍需目標を爆撃しようとしたが情報
不足と誤爆で市民を巻き込んだ重慶爆撃をまるで日本を焼け野原に
したアメリカのじゅうたん爆撃と同列に非難するといった、中国政府の
発表の針小棒大ぶりから推察する事はできます。

(まぁ、日本の教育自体が“臭いものには蓋”で、そうした事実を
教えないので、今の大人も言われ放題で反論もできない有様だが)

投稿日時 - 2013-03-19 12:02:27

ANo.1

>中国の「反日教育」とはどのようなものなのか
であればむしろ中国人のあなたにお伺いしたい文意です。


中国の「反日教育」をどう思うか・・なら
回答集まるでしょう

投稿日時 - 2013-03-19 11:51:24

お礼

 早速のご回答ありがとうございました。中国の「反日教育」の定義をお伺いする質問の主旨でございます。日本語は下手ですが、質問文は自分の表したい意味だと思います。

投稿日時 - 2013-03-19 12:05:00

あなたにオススメの質問