こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どなたかご存知の方 教えてください。

東武東上線で 坂戸から志木間を利用しているユーザーです。3月16日に 東上線とみなとみらい線の元町中華街駅まで直通運転が始まりました。


ですが 東武の職員に聞いても明確な答えがもらえなかった疑問があります。

何で みなとみらい線から乗り入れてきた電車は 全て東上線内は各駅なんでしょうか?

副都心線や 有楽町線からの乗り入れ電車もそうなんですけど 東急線内は特急だったり 急行だったりしてるし 副都心線内は急行だったり

西武線の方に乗り入れしているのは 快速とか準急とか…

何で東上線内だけ 各駅なんでしょうか?

東上線の快速は 夜は運転していないので せめて直通運転の電車だけでも 急行とかにしてほしいのですが どうしても無理なのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-03-24 21:00:33

QNo.8009833

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ダイヤ設定の考え方によるものですので現場の職員に聞いてもなかなか難しいかもしれませんが、考え方の問題ですから絶対無理ということはありません。

考え方として、東武東上線における大きな旅客のニーズは2つあるのではないかと思います。1つは都心に早く到達したいという速達列車のニーズ。もう1つは、乗換なしで都心に到達したいという直通列車のニーズです。ですので、一番いいのは速達列車がそのまま地下鉄に直通していくことです。

しかし東武東上線の場合、和光市から地上線と地下鉄に分岐していくという特徴があります。地下鉄線内(有楽町線・副都心線)は東京メトロの意向もあって停車駅が年々増える傾向にあり、もともと高速運転にも向きませんのでどうしても時間がかかります。たとえば夕ラッシュ時の場合、池袋~和光市間では毎時2本しかない通急でも18分、各停では20分以上かかります。地上線なら準急・急行だけで毎時8本あり13~15分程度で着きます。

和光市以北の輸送力を今と同等としたとき、地下鉄直通を速達列車にするということは、東武池袋発着列車を準急以下に格下げするということです。つまり「和光市以南は早いが和光市以北は遅い電車」と「和光市以南は遅いが和光市以北は早い電車」が入り乱れることになります。仮に和光市で双方の電車がうまく接続できたとしても、利用者からみて非常に利用しづらい形態になることは間違いないでしょう。

そこで現在は、速達列車のニーズ=東武池袋発着、直通列車のニーズ=各停で地下鉄へ、という役割分担を明確にしているわけです。

また広域にわたる直通運転の問題として近年挙げられているのが、どこかで発生したダイヤ乱れの影響が遠くにまで及ぶという点です。こういう場合でも、東武池袋発着列車に軸をおいて基幹種別が設定されていれば、直通先で何かあっても(直通列車は遅延や運休になるかもしれないが)路線全体としては影響を最小限に抑えることができます。

他線の場合ですが・・・

東急東横線・みなとみらい線の場合、東武東上線のように途中で分岐するということがなく地下鉄線(副都心線)と一体になった運転をしています。したがって、東急線内の種別に関係なく地下鉄へ直通せざるをえないというのが実際の形態です。なお東急線内の各停のみの停車駅は8両までしか止まれませんので、地下鉄線内から10両編成が来た場合、東急線内は嫌でも必ず急行以上の種別で走るという制約もあります。

かつて東急東横線が日比谷線と直通運転をしていたときは、中目黒から分岐する日比谷線直通は必ず各停、急行以上は渋谷へ向かうという運転形態でした。これは現在の東武東上線の考え方にも近いものではないかと思います。

副都心線内の場合、そもそも当初の計画で「池袋~渋谷間を速達し山手線・埼京線のバイパス機能を果たす」という目的がありましたし、途中駅もこんなにたくさん作る予定ではありませんでした。開業後は、所期の目的を果たすべく急行や通急が設定されたものの先述のとおり速達性は失われる傾向にあり、準急はすでに消滅しました。今後もどうなるかはわかりません。

一番困ったことになっているのは西武線で、東武東上線とは逆に地下鉄直通列車が西武線内を速達運転しています。するとたとえば西武池袋日中毎時10分発の準急飯能行に乗って小手指以遠まで行く場合、石神井公園で地下鉄からの快急に追いつかれて乗り換え、小手指で先行の飯能行に追いついて乗り換え、というふうに2回も乗り換えないと最速で目的地に行けないというかなり珍しい状態になっています。では地下鉄直通なら早いのかというと必ずしもそうではなく、石神井公園やひばりヶ丘まで速達列車と接続がない各停もあったり、各停保谷行で保谷まで接続なし、保谷で8分も待って各停に接続し小手指まで先行、という列車もあります。この場合、地下鉄池袋から所沢まで45分もかかって速達列車は一切利用できずという実に不便なことになってしまいます。地上線が早いのか地下鉄が早いのか、乗る時にならないと運次第でわかりませんというのが本当に旅客のニーズに応えたものなのか、微妙なところです。昔から二兎を追うものは何とやらといいますし、今の東武東上線の運転形態がわかりやすさという点ではニーズに応えているのではないかと思いますがいかがでしょうか。

投稿日時 - 2013-04-21 22:40:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

並行している池袋~和光市間の東武の客を取られたくないだけかも。

投稿日時 - 2013-03-26 20:07:27

あなたにオススメの質問