こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語ができない.....(高校)

こんばんわ
27日現在高1で4月から高2になるものなのですが、どうしても英語だけ成績が上がりません
進研模試などでも数学と国語は65はあるのですが、英語だけは50と悲惨な状況です(偏差値)
元々中学までサボっていて基礎ができてないんだと思い
今キクタンベーシックと速読英単語をやり始めたのですが、これで大丈夫なのかという不安もあります
文法はネクステージ(NEXT STAGE)でいいんでしょうか?
学校でフォレストの六年版というのを配られたのですがそっちのほうがよいでしょうか?

自分も英語不得意だったけどこうやって成功したよ!って方が是非やりかたやお勧めの参考書を教えていただけませんでしょうか?
最後に学校の先生に質問したら英語は数学とかと違ってすぐに効果が出ないって本当でしょうか?

投稿日時 - 2013-03-27 20:33:57

QNo.8014635

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

文法をやって、単語を覚えて、それで英語ができると勘違いする人が大勢います。
もちろん、文法も単語も大事ですが、何のための文法、何のための単語かということを見失うと間違えます。
英語は、勉強法によっては、飛躍的に力をつけることができますが、それなりの年月が必要です。

1.まず、文章にふれることです。文章を読み、あるいは聞くこと。しかも、ただ読む、聞くだけでなく、内容をしっかり把握することです。まず読むのは、基本からすべきです。中1レベルからやります。少しずつれべるをあげます。中3レベルのがすらすら読めるようになることが基礎です。
読むと言っても、日本語に訳して読むのではありません。日本語なしで、英語で読むのです。それができないうちは半人前です。だからこそ中1レベルからはじめます。
図書館とかにPenguin Readersの本などをないでしょうか。なければ自分で買うか入れてもらうかします。200語レベルからはじめます。読んで、内容を英語で言ってみるあるいは書いてみます。
300語、600語とレベルをあげていきますが、できればレベルをあげても、易しいレベルの本も混ぜて読むと効果的です。速く英語のままで読む習慣を維持できるからです。
聞くもおなじこと。English Aya Podでもなんでもいいので、日本語の文法解説のない、英語だけを聞きます。もちろん、とても易しい教材でスタートします。

2.単語はまとめて覚えていく。
 キクタンベーシックや速読英単語はましな本ですが、できれば、自分の読んだ本などの表現を覚えていくのがいいのです。英語で読んでいて、意味を発見することがあります。そうした単語は確実にノートに書くなどして覚えるべきです。自分の単語集を作るのがいいのです。そして、1語1語覚えるのでなく、動詞と名詞、形容詞と名詞というように、つなげて覚えるのが大事です。そうすることにより、文の読み方がかわってくるのです。
強いて単語集を使うというのなら、おすすめは、コロケーションを重視した、南雲堂のベストセラー、英単語ピーナッツシリーズや、難関大学向けの英単語レボリューションです。こうした本で単語を覚えていくと、逆に単語の覚え方も〈文章を読んだりして覚えるときの覚え方)身に付きます。それが大事です。
ネイティブスピーカーの頭の中にはたくさんのコロケーション(語と語の組み和せ)が入っています。それが日本の英語学者にはほとんどないというのが、英語教育の欠陥なのです。単語集でカバーできるものは知れていると言う人たちもいますが、そういう人に限って、コロケーションが頭に入っていない、英語の実力のない人だったりするのです。

3.英語で考える
日本語を使わず、英語のままで理解するようにするには、頭の中に英語の世界を築く必要があります。英語脳を作るのです。簡単に言えば、英語で考えるということです。これこそ、英語の究極の勉強法なのです。
普段考え事をします。OKWaveでどんな回答があるかなとか、今日はもう春休み、勉強しなくちゃとか、夜遅くなっておなかがすいたとか、プロ野球の開幕戦はいつだっけとか、いろいろ日本語で考えます。それを英語でやるレベルにすること、それが英語で考えるです。
最初は大変です。しかし、英語学習時間に革命が起こります。考え事は四六時中しますよね。それがみな英語学習になるのです。もしかすると1日2時間以上、英語で考え事ができるかもしれません。
しかし、いざこれを始めようとすると、多くの人が挫折します。それは、くだらない中1程度の文しかできないからです。
同士がいて、互いに英語で話し合うとかができても、レベルの低い英語になりかねません。ある程度のレベルの人でないとできない方法と思うかもしれません。しかし、そこを何とか乗り越える必要があります。
まず、ズバリ「英語で考える本」(松本亨著)という本を手に入れましょう。パッとみると、大した事のない本に思えるかもしれませんが、この本には英語で考えるためのヒントがつまっています。何しろ、日本語と英語で書かれていて(しかも対訳とかでなく、日本語でコメントを入れ、実際に英語で読むという方式で、英語で考えるということを教えてくれる本)読んでみて、なるほどという本です。
次に、本から学んだやり方で、英語で考えてみます。最初は易しいところから、自分の身の回りのモノが英語ですぐに言えるように。できてきたら、動きのあるもの、何でも表現できるものを増やしていきます。何でも言えるようにすることが目標です。

4.英英辞典
英語で考えるには、英和辞典は引くのをやめます。これが英語で考えることを妨げる原因になることもあるやっかいな代物です。代りに英英辞典を引きます。引くのが慣れるのに3ヶ月ぐらいかかりますが、慣れてきたら、あなたの英語力はレベルがはっきりと上がったと言えます。
難しい語よりも易しい語をこまめに引きます。自分でどういう説明ができるか、考えながら引きます。できてくると、いろいろなモノを英語で説明し、そして辞書で確かめるという勉強方法が力をつける1つのやり方であることに気づきます。
英英辞典も、難しいものがありますので、ロングマン現代英英辞典、Longman Dictionary of American Englishなどがおすすめです。電子辞書でもロングマンを入れたいところです。英英辞典はぼろぼろになるぐらい引きまくりましょう。

5.シャドーイング
英語が本当にできる究極の勉強法といえば、シャドーイングです。これは、文字なしで、聞こえてきた英語とほぼ同時にまねて言うという練習法です。意味を考えながら言えるようになるのが目標です。
教科書のCDでも、インターネット放送の英語でも何でも、英語をシャドーイングしまくります。意味がわかってくると、英語のままでわかりだし、飛躍的に英語力がつきます。

何か、雲の上の話をしているように感じるかもしれませんが、文法の参考書をやって、単語の日本語訳を覚えて、それで英語はできるようにはなりません。むしろ、考え事をする時間などにも気を配り、リーディング40分、シャドーイング15分ぐらいを毎日やりつづけると、あなたは、驚くべき英語感覚の持ち主になります。学校では、英英辞典を引きながら、意味をしっかり把握したり、翻訳のテクニックを学んだりしましょう。

文法は、フォレストで学校の教科書と一緒にテスト勉強をかねて勉強する程度でとどめて、以上の方法でやってみましょう。

がんばって下さい。かなり英語の勉強の正攻法を書きました。こういう勉強をすると、将来も必ず役立ちます。

投稿日時 - 2013-03-27 23:37:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

センター試験、大学入試向けだと
文法参考書はNext stage、
単語集はターゲットがお勧めです

英語は結果が出るのが遅いですが、
上達していることに気づかない教科だとも言われています。

すぐに結果が出なくても、
諦めないことが大切!

ガンバレ!

投稿日時 - 2013-03-27 20:55:24

あなたにオススメの質問