こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交流電源の出力をオシロスコープで測定

是非とも教えて頂きたい事がございます。

先日、アース付3極電源ケーブルをコンセントにつなげて単相交流電源を動かし、
その電源出力にケーブルをぐるぐる巻きつけたコイル状にしたものを
つなげることによって磁界を発生させる回路を作りました。
出力の電圧波形をオシロスコープで見たいと思い、u相とv相をプローブの
先端とそれについているグランドワニ口ではさんだところ、ブレーカーが
飛びました。 アース付3極電源ケーブルを2極に変換すると普通に測定でき、
3極電源ケーブル時での交流電源出力側アースとu相(又はv相)をオシロで観測するときと
同じ波形が測定出来ました。(入力側アースと出力側アースは共通になっていました)

参考情報)
入力電圧:商用電源(U相、V相、アース)
出力電圧:交流5V(50Hz),0.2A (u相、v相、アース共通)

ブレーカが落ちた理由をおしえていただけますでしょうか?

私的には、フローティング測定が原因だと思っており、
5V+商用電源電圧の電圧がオシロスコープにかかったのかと
思いましたが、出力側アースとu相(又はv相)を測定した時に、
交流5Vしか出ていなかったので原因がよくわかりません。
教えてください。

投稿日時 - 2013-04-10 23:30:50

QNo.8037397

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ちなみにいうと、フローティングは完全なる絶縁?GNDはオシロの電源コンセントとプローブのGNDは直通?
いろいろ調べてみると勉強になるよ。

予想では、
電力系統のu相(またはv相)→交流電源のu相(またはv相)→プローブGND→OSCのGND→電力系統のGND
でショートしていると見ている。

投稿日時 - 2013-04-11 02:14:20

お礼

確かに、オシロのワニグチは筺体アースにつながっているので
よくよく考えればショートしますね。
勉強になりました。ありがとうございます

投稿日時 - 2013-04-11 22:50:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

アース付3極電源ケーブルを2極に変換して使用する事は、死亡感電事故の原因になります。
絶対にやってはいけません。
あなたが電源プラグを2極に変換したオシロスコープに誰かが触って死んだら責任を取れますか。

>ブレーカが落ちた理由をおしえていただけますでしょうか?
その電源は一時と二次が絶縁されていないのでしょうね。
商用電源のアースと、オシロスコープのアースは3極電源ケーブルのアース端子とつながっています。
オシロのグランドワニ口はオシロのアースとつながっていますから、ワニ口をu相(又はv相)につなぐと言う事は3極電源ケーブルのアースを介してショートする事になるのでブレーカが落ちます。

それにしても、一時と二次が絶縁されていない「交流5V(50Hz),0.2A電源」ってなんなのよ!!!
ぜひ、電源の型名をお知らせください。

投稿日時 - 2013-04-11 11:12:57

お礼

参考になりました。ありがとうございます。
電源の型名はわかりませんが、CVCFなので電圧は可変出来ます。

投稿日時 - 2013-04-11 22:53:50

ANo.1

電源とオシロのアースは、線路抵抗程度の抵抗でつながっているからね。
オシロスコープのアースと、電源のアース以外の電極をつなげると、還流してオシロもろともぶっ壊れる可能性がある。

あなた・・・電気系じゃないね?

投稿日時 - 2013-04-11 01:32:12

お礼

そうなんです。なんちゃってなんで、交流がよくわからなくて。。。
ありがとうございました

投稿日時 - 2013-04-11 22:48:50

あなたにオススメの質問