こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

天気予報の素朴な疑問…

天気予報の降水確率ですが、降水確率ってことは、パラパラと少しでも雨が降るなら、降水確率は100%ですよね?

思うんですけど、天気予報の降水確率が10%ならパラパラ降る、50%予報の日は傘をささないと濡れる程度、90%予報ならザーザー降りというように、確率なのに、降水量になっている気がするのですが、皆さんどう思いますか?

投稿日時 - 2013-04-12 14:43:24

QNo.8039637

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>天気予報の降水確率ですが、降水確率ってことは、パラパラと少しでも雨が降るなら、降水確率は100%ですよね?

いいえ、違います。

降水確率は「特定の地域で、特定の時間内に降水がある確率」の事です。

「ある特定の3時間」、例えば「9時から12時」の3時間で、降ったのが10分間なら、降水確率は「10分/180分」なので、確率は「1/18」つまり「5.5%」です。

「降るなら100%」ではないのです。

例えば、特定の場所で、特定の1時間に「6分間だけ降る」と言う場合、確率は「6分/60分」なので「1/10」、つまり、「10%」です。

>天気予報の降水確率が10%ならパラパラ降る、50%予報の日は傘をささないと濡れる程度、90%予報ならザーザー降りというように、確率なのに、降水量になっている気がするのですが

そりゃそうです。10%なら「60分のうち、降るのは6分程度」ですし、50%なら「60分のうち、降るのは30分程度」ですし、90%なら「60分のうち、降るのは54分程度」なのですから、降水確率が的中した場合、降水確率は降水量に比例します。

降水確率は「雨の降りやすさ」と考えて下さい。

投稿日時 - 2013-04-12 16:00:36

お礼

降るなら100%だと勘違いをしていました。

大変参考になりました。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-04-15 10:57:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

前にね、30パーセントが一番出すのが難しいと言ってる予報士の方がいてね、

それは、30パーセントを出したときは、降ると思ってくださいと言う事と言ってたんですよ。

で、それからは、私は、実践してるのが、30%は降ると思う事。

実際、30が出たときは、まず降りますよ。

だから、それ以下は降らないと決めてますが、はずれないです。

投稿日時 - 2013-04-12 17:02:17

お礼

いい事を聞きました。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-04-15 10:55:10

ANo.7

 No.3の方のように、同じような気象条件の場合、雨が降るかどうかの確立です。

 これは時々テレビの天気のコーナーで豆知識的に出てくる話題の一つです。

投稿日時 - 2013-04-12 16:45:09

ANo.6

>降水確率ってことは、パラパラと少しでも雨が降るなら、降水確率は100%…

まるっきり違うという回答が出ていますが、おおむね当たっていますよ。
が、完全でもありません。

降水確率の定義は、その時間帯に 1mm 以上降る可能性です。
ぱらぱら雨ではなかなか 1mm にはならないので、0% です。
小雨がしとしとで 1mm 以上になりそうなら、100% です。

質問者さんはお分かりなのだとは思いますが、例えば「9時から12時」の3時間で、降ったのが10分間なら、降水確率は「10分/180分」なので、確率は「1/18」つまり「5.5%」ということではありません。

>10%ならパラパラ降る、50%予報の日は傘をささないと濡れる程度、90%予報ならザーザー…

たしかにそのような予報が出ればありがたいですが、技術的に難しいのでしょう。
当たるも八卦当たらぬも八卦では、非難ごうごうになりますのでね。

投稿日時 - 2013-04-12 16:37:43

お礼

わかりやすい回答ありがとうございます。

とても参考になりました。

投稿日時 - 2013-04-15 10:59:39

ANo.5

雨の降りやすい日に降水量が多くて、雨が振りにくい日に降水量が少ないのは当然だと思います。そうならないときもありますが稀でしょう。

天気予報のシステムはNO3の人が言ってるとおりです。降水確率0%でも実際に雨が降る確率は0%じゃないですよ。野球で打率0.00のバッターがヒットを打つ可能性があるのと一緒です。

投稿日時 - 2013-04-12 16:02:26

ANo.3

確かに天気予報の降水確率は分かりにくいですよね。

私自身は、当日と同じ天気図が100回発生した時に、何回雨が降る日があるかの判定に使っています。
すなわち、降水確率20%の場合、同じ天気図が100回発生した時は、20日は雨が降ると言う事です。

投稿日時 - 2013-04-12 15:41:31

お礼

大変参考になりました。

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-04-15 10:56:25

ANo.2

降水確率 = その時間に雨が降る確率(土砂降りでも少量でも関係ない)
降水量 = その時間にどれくらいの量が降るか(振らなければ0)

投稿日時 - 2013-04-12 15:01:58

ANo.1

あくまで確率です

50%予報の日は傘をささないと
濡れる程度っていうわけでもありません。

前線や夕立、台風によっても変わります

10%でも短期的な大雨かも。

あくまで目安です

傘持っていくか
濡れてもいい服装で行くか
行き先を変更するか

こうなったらこうする
前もって手段を決めておけば良いです

投稿日時 - 2013-04-12 15:00:37

あなたにオススメの質問