こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

調剤薬局とドラッグストアの薬剤師の違い

ただ今就職活動中の薬学部生です。ちなみに女です。
質問なのですが、駅前などに出店が多い調剤併設型ドラッグストアの調剤薬剤師と、大手の調剤薬局の調剤薬剤師では、何が違いますか?

給料面のことは理解 しているのですが、門前薬局、クリニックモールと、駅前薬局の薬剤師のやりがいや、仕事の違いなどを教えていただけると嬉しいです。

調剤併設型ドラッグストアでは、OTCはやらず、調剤専門の薬剤師ということで考えてください。

私は、できれば症例を多くこなして勉強できるほうに進みたいと考えています。
しかし、都内で一人暮らしの予定なのでドラッグストアのほうがやや給料が高く、生活のことを考えると迷ってしまいます。
そして、できれば長く働きたいという気持ちが強いです。
これを踏まえて回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-04-13 21:04:12

QNo.8041574

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

調剤薬局は、患者に薬を渡すときに説明を必ず判る様に説明の義務が有ります。
(薬の調薬にスピードが必要、忙しい)
(1人に対応する時間がかかる)
特に年寄りの場合には判るように説明の時間が掛かります。


ドラックストアーの調剤薬剤師は、雑用も仕事の内になります。
調薬以外にも一般客の相手と商品を棚に設置するなど・・・・・・。
市販薬の知識もある程度必要。
(直接メーカーの営業はあまり説明には来ないので、会社から書類での説明で、疑問点は自分からメーカー。会社に訪ねることもある。)

薬の説明は、調剤薬局の方が丁寧。


今後高齢社会になり、求人を求める所が多くなり、条件はいいはずです。

投稿日時 - 2013-04-13 22:24:45

あなたにオススメの質問