こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダイエット目的の有酸素運動20分

ダイエット目的で有酸素運動をやっています。
3か月前に有酸素運動を始めました。

筋トレをやっているためそんなに時間はとれないんですが

長くて30分(筋トレをしない日)、短くて15分(激しい筋トレをした日)です。
最近は平均して20分できるように心がけています

しかし、20分からが脂肪燃焼すると聞きました。
ということは、やはり、有酸素運動20分では足りないのでしょうか?

筋トレ後に有酸素運動を20分やったとしても脂肪燃焼まではいたらないのでしょうか?

あるトレーナーは、20分と言いますが
他の方は、20分以上
またある人は、筋トレをしているから10分という方もいます。

実際に科学的に証明されている時間は何分なんでしょうか?

なかなか専門の方と接する機会がないですし
調べても、絶対にこうじゃないといけないと書いてあるわけではないので

この場でアドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2013-04-14 04:59:18

QNo.8041999

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ダイエットは、使うエネルギーよりも補給するエネルギーが上回るか下回るか、それ以外は影響しないです。

資質の代謝の実験では、運動後10~20分後ぐらいに血中の遊離脂肪酸が急増する(つまり贅肉が分解される)とのですが、タイムラグがあるというだけです。これを昔のメディアや専門家が、「運動を続けていなければ」脂肪が燃えないのだと変な解釈して広めたんです。
脂肪が分解されるタイミングが運動開始と同時ではないというだけで、たとえ1分や2分で運動を終えてもその後に必ず消費されます。脂肪燃焼が何分後だろうと、ダイエットする人にはなんの関係も無い話だったんです。

ちなみに心拍数が高すぎる運動は脂肪が燃焼できないというのも迷信です。運動直後や、無酸素運動などの激しい運動では、エネルギーの供給が脂肪では追い付かないので、すぐに燃やせる糖質が使われます。そうすると運動後は脂肪を多めに消費して埋め合わせなければならなくなります。運動中の代謝の状態などはダイエット結果には関係ない話で、どうやっても贅肉が落ちるのです。

4kmを20分で走るのと3kmを30分で走るのを比べた場合、早く痩せるのは前者です。後者は運動時間が長いだけで、運動量も使うエネルギーも少ない。同じ強度なら時間が長ければもちろんカロリー消費量は上がりますが、激しく運動したり早く走ったりすれば、より短い時間で済みます。

ちなみに脂肪の話だけしましたが、運動でも食事制限でも、痩せれば脂肪も筋肉も両方とも失います。ところが同じエネルギー消費量の場合、激しいくて短時間の運動ほど皮下脂肪のほうがより多く落ち、筋肉は減りにくくなります。長時間の軽い運動ほど、皮下脂肪は落ちにくく、代わりに筋肉が減ります。
つまり、実は20分以上だとか、あまり激しく運動しないほうが良いというのは全くの逆で、決めた時間運動できる範囲で激しければ激しいほどいいんですよ。あえて運動強度をセーブして運動時間を延ばすのは、何のメリットもありません。スタイルよく痩せたい場合、有酸素運動は1時間以内に抑えるようにというのが通説です。筋肉ばかり落として脂肪が減らないからです。

よくマラソン選手がダイエットの手本にされますが、マラソン選手のスピードは女子で時速18km以上で走り続けるんですよ。決して軽い強度ではないうえに、運動時間も比較にならないので、参考にはならないんです。
そのうえ、その強度でもアスリートの中で一番体脂肪率が高い。強い筋力を使わないため筋肉は落ちていて、逆に長時間運動できるように脂肪は無駄遣いしない省エネな体になるためです。一見細いけれど、男性も女性も短距離や体操の選手ほどくびれやメリハリがなく、決して良い体型だとは言えないのがわかると思います。

投稿日時 - 2013-04-14 23:11:29

お礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

僕は、軽い運動が苦手でダラダラとしても時間が過ぎないですし
また、気持ちの面でもエクササイズをやったのか?という気持ち、不発感がいやです。

この何日間か割と息切れすれすれまで走り、限界が近づいたら軽くするというような
方法をとっておりました。

「心拍数が高すぎる運動は脂肪が燃焼できないというのも迷信」
「決めた時間運動できる範囲で激しければ激しいほどいいんですよ」と聞くと今やっていることが
間違いではないことがわかりトレーニングに集中できる気がします。

また、仕事があるため、筋トレをして、ランニングを何十分もしないといけないなんて
そんな時間もとれませんので短時間集中なんてとてもいいですよね。

それにしても女子のランナーが時速18キロとはすごいです。
僕が大体10キロ前後、早くて12キロほどです。
彼女たちはそれを2時間も走る。
とても強靭な肉体ですね。

それにしても、長距離ランナーがなぜ、やせているのか
筋肉がないのかがすごく筋が通っており、わかりました。

投稿日時 - 2013-04-15 05:23:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

20分自体 おかしなはなしですから。

>実際に科学的に証明されている時間は何分なんでしょうか?
「0分」
寝ているときも起きているときも脂肪の分解、合成は常にあります。

国民健康・栄養調査(厚生労働省)では
「1回30分以上、週に2回以上、1年以上」運動を継続している人を
「運動習慣あり」と分類して調査しているようです。

このくらいの運動は しているようです。
http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b2.html

ダイエットをどう考えるかですね

投稿日時 - 2013-04-14 11:56:04

お礼

アドバイスありがとうございます。
まず、運動習慣ありの部類でよかったです。

健康志向はないのですが、かといってドМではないのですが
過酷が好きみたいです

ところで20分と言わる根拠はなんなのでしょうか?

投稿日時 - 2013-04-14 17:38:20

ANo.1

脂肪燃焼は運動開始20分後?
ノウ、イッツ都市伝説!

脂肪は睡眠中も含め24H燃焼しています。
消費量<摂取量であれば、脂肪燃焼<脂肪蓄積となり太ります。
20分後とか、連続して行うか、分けて行うかよりも、痩せたければ消費量>摂取量とするように傾注してください。

“3分間エクササイズを30分の休憩挟んで10回反復”、“15分間エクササイズを2回反復”、“30分間連続”、これら三つに明確な差異はなかったことが、Journal of the American College of Nutritionに報告されています。

米国ピツバーグ薬科大学の研究では、A群(20~40分連続)とA群(10分を複数回)に別けて20週間のエクササイズをやらせた結果、何と体重減少はA群で20ポンド(約9kg)B群で14ポンド(約6kg)だった。その理由は単純で、分割でやった方が結果的には運動量が増えたからとしています。

英語が苦手でないなら、こちらにもっと詳しく書いているので読んでください。
http://www.thefactsaboutfitness.com/research/split.htm

投稿日時 - 2013-04-14 07:48:33

お礼

回答ありがとうございます。
「都市伝説」とは少し驚きです。

脂肪は安静時も燃焼することは知っていました。
つまり、基礎代謝ですよね。

筋肉量によって大きくなる。

しかし、分割でやったほうが良いとは確かに言えているかもしれませんね。
運動量は増えます。

私は筋トレをやっているせいか
だらだらとした運動が苦手です
ですから、ランニングも呼吸が荒くなるまで走ります
そうすると10分しかもたない。
しかし、休んでさらにやると10分走ることは可能です。
仮に、無理をした持続したとしても13分くらいだと思います。

要はこのようなことですね。

非常に興味深いです

投稿日時 - 2013-04-14 17:33:23

あなたにオススメの質問