こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この和訳をおしえて下さい。

In order to see qualitatively the collision frequency, we will define the collision probability, Pc(bi~) as follows. For a fixed value of bi~, orbital calculations are made with N's different value of δ, which are chosen so as to devide 2π(from -πto π) by equal intervals. Let n_c be the number of collision orbits, then P(bi~, N)=n_c/N gives the probability of collision in the limit N→∞. In practice, however, we can evaluate the value of Pc(bi~) approximately, but in sufficient accuracy in use, by the following procedures; i.e., at first for N=N1(e.g., N1=1000), P(bi~,N1) is found and, next, for N=2N1, P(bi~,N) is reevaluated.

よくわからないのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-04-14 21:04:32

QNo.8043132

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問者は承知と思いますが、天体分野での衝突確率の話です。
http://ptp.oxfordjournals.org/content/70/1/93.full.pdfで前後が解ります。
★文1
In order to see qualitatively the collision frequency,
定性的に衝突の頻度を調べる目的で、
we will define the collision probability, Pc(bi~) as follows.
以下に述べる方法で、 Pc(bi~)という衝突確率を定義します。
★文2
For a fixed value of bi~,
固定値 bi~が与えられると、
orbital calculations are made with N's different value of δ,
N個ある(天体物質の)それぞれのδを使って軌道計算をします。
which are chosen so as to devide 2π(from -πto π) by equal intervals.
但しδは-πto πの間で等間隔に選ばれます。
★文3
Let n_c be the number of collision orbits,
n_cを衝突する天体物質の個数とします。
then P(bi~, N)=n_c/N gives the probability of collision in the limit N→∞.
そうすると、N個場合の衝突確率 P(bi~, N)はP(bi~, N)=n_c/N と書けます。
Nを無限大にした時のその式の値が目的とする衝突確率 Pc(bi~)になります。
In practice, however, we can evaluate the value of Pc(bi~) approximately,
(N→∞ではないが)Nに具体的な価を入れて計算すると、およその価は計算できます。
but in sufficient accuracy in use, by the following procedures;
しかしながら、使用に耐える精度は、次の手順で求めます。
★文4
i.e., at first for N=N1(e.g., N1=1000), P(bi~,N1) is found and,
例えば、まずNを1000として P(bi~)を求めます。
next, for N=2N1, P(bi~,N) is reevaluated.
次にNを2倍の2000としてP(bi~)を求めます。
(Nを2倍してもP(bi~)がさほど変わらなければN→∞の極限値が収束したと見る)

投稿日時 - 2013-04-15 06:15:08

お礼

意味を取ることができたので、大変感謝しております。

投稿日時 - 2013-04-17 23:55:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

 うーん、何の分野か分からなかったので、かなりあてずっぽうになります。すみません。摂動法のような気もしますが、よく分かりません。

>In order to see qualitatively the collision frequency, we will define the collision probability, Pc(bi~) as follows.

「定性的に衝突回数を見てみるため、衝突確率Pc(bi~)を次のように定義してみよう。」

>For a fixed value of bi~, orbital calculations are made with N's different value of δ, which are chosen so as to devide 2π(from -πto π) by equal intervals.

「bi~が固定値とできるよう、軌道計算はNの差分δにより行う。それらは、等間隔で2π(from -πto π)を分割するように選ぶ。」

>Let n_c be the number of collision orbits, then P(bi~, N)=n_c/N gives the probability of collision in the limit N→∞.

「n_cを衝突軌道の数とすれば、P(bi~, N)=n_c/NがN→∞の極限での衝突の確率を与える。」

>In practice, however, we can evaluate the value of Pc(bi~) approximately, but in sufficient accuracy in use, by the following procedures;

「しかしながら実際問題として、Pc(bi~)の値をおおよそは評価できるが、以下の処理において実使用上の精度不足が生じる。」

>i.e., at first for N=N1(e.g., N1=1000), P(bi~,N1) is found and, next, for N=2N1, P(bi~,N) is reevaluated.

「すなわち、最初にN=N1(たとえばN1=1000)としてP(bi~,N1)を求め、次いでN=2N1としてP(bi~,N)を求めることになる。」

投稿日時 - 2013-04-14 23:12:41