こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

テロの次の標的はイタリア??旅行会社がキャンセルする確立は

4/2から、イタリアのツアー旅行に行く予定です。
スペインの列車爆発のニュースの報道の中で、
アルカイダの声明によると、次の標的はイタリアと声明文のっていた、という報道がありました。
今の状況では、アルカイダがテロをおこしたか、ETAか判明していないと、ニュースで見ました。
ETAの犯行と報道をしていたときは、旅行のキャンセルを考えていませんでしたが、アルカイダの犯行の疑いがあるとわかり、躊躇していましたが、その上、次の標的はイタリアという声明文の報道を見てから旅行を辞めようかと真剣に考えています。
そこで質問なのですが、こういった場合(ニュースで次の標的はイタリアと報道していた場合)旅行会社自体がツアーをキャンセルする事は、あるのでしょうか?
旅行会社に問い合わせたところ、旅行会社ツアーを中止しない限り、キャンセルをするとなると今の時点では、キャンセル料が発生すると言われました。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-03-13 21:15:58

QNo.804972

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

旅行会社自体が不測の事態でツアーをキャンセルする事はありますね。2001年のアメリカ同時多発テロでもそういったことはありましたし,今後の動向次第では充分ありえます。しかしいくらスペインでテロが起こったからといってすぐにキャンセルでは早計としか思えません。キャンセル料もいまからだとかなりかかるのでお奨めしません。

ただ個人的に今回のテロはETAとはちょっと思えませんね。今までの規模から考えてあまりにひどすぎですしETAはあくまでバスク独立を画策しているので,テロの内容がひどすぎると国中を敵に回す可能性があるからです。朝の通勤電車をねらってしかも199人も葬るやり方はETAがやるにしては残酷すぎますね。こういった独立過激派は政府高官など標的を確実に狙って行う傾向があり,今回のような無差別なむごいやり方はセオリーに反するものと思います。

イタリアに行くから確実にそこが狙われるとは限りませんし他にもアルカイダ(?)と思われる犯行声明文で名指しされた国は他にも多々あります。今回もしアルカイダのテロであったなら第3者の経済活動を阻害する事も視野に入れているので相手の思う壺です。goruchieさんもせっかく予定していたものをわけのわからないテロで頓挫させるのはもったいないですね。私は行くべきだと思います。

それではよりよい旅行環境をm(._.)m。

投稿日時 - 2004-03-13 21:49:42

お礼

早速の回答ありがとうございました。
スペインのでの電車爆発は本当に無残で残酷だとかんじました。
アルカイダの声明文の中に、日本も注意するようにとのっていたようで、確かに今はどこも危険といえば危険のような気もします。
でも、やはり、次はイタリアと名指ししているだけに、凡人の私は正直こわいです。
jixyojiさんは、強い考えをお持ちなのですね。
まだ、4/2まで猶予があるので、もう少し考えてみたいと思います。(旅行会社によると、出発日3日前まではキャンセル料が同じようです。)

投稿日時 - 2004-03-13 22:16:47

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私の友人は11月のトルコのテロで危険度が増したためトルコツアーが中止になったと言っていました。二月一杯ツアーは中止になったと聞きました。(今は再開されたようです)
トルコのツアーは大手のJTBが撤退したのを期に、他の旅行会社も追従して中止を決めたそうです。

その私もスペインのテロが起きる4日前までマドリードにいました。どんなときにテロが起きるか本当に分かりませんね。イタリアは情報が出ていませんが、フランスは鉄道に爆弾を仕掛ける予告(外務省HP)が出ているそうなのでフランスの方が危険度が高いかもしれません。

投稿日時 - 2004-03-16 01:00:15

お礼

回答ありがとうございました。
そしてidononakaさん無事に帰ってこれてよかったです。
フランスは、イラクに派兵してないのに(たぶんそうですよね・・・自信がありませんが)爆弾の予告がでるなんて。
飛行機もヨーロッパ乗り継ぎで、まだどのエアラインを使用するかわかっていません。
外務省のHPこまめにチェックしてみます。

投稿日時 - 2004-03-16 11:16:11

ANo.3

無責任かもしれませんが、問題ないでしょう。
テロ以外でも何が起こるか誰もわかりません。

多少の事を恐れていたら何もできませんね。
本人が突然病気になることもあるわけです。
飛行機が墜落する事も皆無ではないですよね。

それ程神経質になる必要はないと思います。

日本の外務省の情報はあてになりません。

投稿日時 - 2004-03-14 01:32:35

ANo.2

外務省が危険度情報を1~5に分けています。
危険度1「注意喚起」
危険度2「観光旅行延期勧告」
危険度3「渡航延期勧告」
危険度4「家族等退避勧告」
危険度5「退避勧告」の5段階
危険度2になると、パッケージツアーは中止になります。
今現在、危険情報が出ていないので、流言蜚語だけでいきなり危険度2にはならないと思います。
テロにあわなくても、いろいろな危険があると思います。日本にいても同様です。
気をつけて行ってらっしゃい。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

投稿日時 - 2004-03-13 21:52:02

お礼

危険度情報によって、ツアーの中止がきまるのですね。
そして、危険度流言蜚語だけでいきなりあがらないのですね。
いろいろネットで、テロ等の事について情報は集めていたのですが、旅行のシステムなどはまったくうとく、危険度等によって旅行の中止になることもしりませんでした。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-03-13 22:22:30

あなたにオススメの質問