こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

哲学とは何か?

こんにちは。
哲学とは何か知りたいのです。哲学を人生に生かすことの重要性が再確認できました。
暴走族とか最近見直してます。巨大日の丸、漢字によるアンチソフトパワーによるアメリカへの反抗、集団で団結をする。特攻隊を忘れるなとはそのとおり。
降伏国の義務教育の危険性への警鐘を鳴らしてきた事実上の日本ゲリラではないのかという結論。白と黒の逆転。

投稿日時 - 2013-04-19 23:44:41

QNo.8050850

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

中世以前、宗教が哲学(世界観)であり科学(存在論)
でした。
人々の環境に対する認識の深まりにおいて、科学が
独立した知的作業分野となり、次いでその科学の発達
において得られる世界像の深まりにおいて、宗教は
日常の即物的実感から遊離した、独自の世界観となり、
独立したものになったのです。
その意味では、「哲学をしよう」とことさらに構えなくても、
何か1つの事について深く&広く考察すれば、哲学的に
なると言えます。

つまり哲学とは、総体的な世界全般について日常実感
の奥に向かって洞察する事であり、そこの中から特定の
対象についての「洞察」が、たとえば生物は生物学、
化合物は化学、星は天文学といった具合に独立した、
残りが哲学なのです。
(このサイトにもそれぞれの分野に対応したスレッドが
ありますので、それに該当する質問をここで行うのは
違反です)
この世界を構成する情報は、生物学・化学・物理学と
いった具合に分断して存在する訳ではなく、そうして
独立した分野になるのは、それを扱う我々の側の
処理能力の限界によるのです。

投稿日時 - 2013-04-20 17:42:06

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

この様に価値観の多様な時代 色んな人が色んな考えで仕事をし生活 活動していますよ。

だから今はバラバラですね どっちが正しいか分からない様な所がある

しかし哲学と言うのは元々は「知を愛する事」でしたが

哲学からいろんな学問が分派して行き 今は「己を知る(人生観)」ことと「世界を知る(世界観)」が主に

哲学の守備範囲です。それも形而上が主であり 形而下は参考です。

己を知り世界を知る事は人間が生きて行く上でとても大切な事です 本当は。

投稿日時 - 2013-04-21 13:43:35

あなたにオススメの質問