こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳していただけませんか。よろしくお願いします。

   In this case we have a positive bf (see Fig. 5(b)). This shows clearly the reason why there exists the discontinuity in bf in spite of the bit difference in bi. Secondly, it is found that as long as we are concerned with the values such as <⊿b>_bi and <⊿e>_bi, averaged over the range of bi between 1.8 and 2.6, contributions from the fine spikes to the averages can be neglected within the error of about 1% when the division of bi is smaller than 10^-3, even if there exists an infinite hierarchy in the fine structure.
   In the range -1.5≦bi≦1.5, a particle turns back simply to the opposite side of the y-axis along the hair-pin curve, as seen from Fig. 2. Especially, in this case, we have remarkable features; that is, the relations
bf=-bi and ef=0, (3.5)
or, in other words,
⊿b=-2bi and ⊿e=0, (3.6)
hold in a good accuracy.

投稿日時 - 2013-04-21 20:40:42

QNo.8053596

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

この場合我々は正数 bf(図5(b)を参照のこと)を得た。これはbiのわずかな差にもかかわらずbf の不連続が存在する訳を示している。次に<⊿b>_bi や <⊿e>_biの値に関する限り、biの範囲における平均は1.8から2.6の間であり、これ以上小さくならない値から平均値までの寄与率は、仮に微小構造において無限階層が存在しても、biの割り算が10^-3より小さい場合、約1%のエラー内であれば無視して差し支えないものであると認められる。
-1.5≦bi≦1.5の範囲において、図2で示すように、粒子はヘアピンカーブに沿ってY軸の反対側へとただ逆戻りする(※1)。特にこの場合においては顕著な特徴が現れる、すなわちbf=-bi とef=0, (3.5)の関係、言い換えれば⊿b=-2bi と⊿e=0, (3.6)の関係が高い正確性を保つということである。

※1:下記の図のような形ではないかと想像いたしました。違っていたらご容赦願います。
http://image.tutorvista.com/cms/images/38/quadratic-functions-graph-examples.JPG

投稿日時 - 2013-04-22 11:01:57

お礼

このような図になるのですね。
わかりやすくて大変参考になりました。

投稿日時 - 2013-04-22 22:01:59

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)