こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

これの和訳を教えてください。

It should be noticed that the collision probability is, of course, a function of the radius of the planet, which depends on the distance between the Sun and the planet in the system of units adopted here ( see Eq.(2・12)). Hence, using the results of our orbital calculations, we can evaluate Pc(bi~) individually for the various regions from the Sun.
Now, the differential cross section (or, more exactly, cross length in our two-dimensional case), dσc(bi~), is defined such that the number of particles which collide with the planet per unit time is given by Fdσc(bi~). Here, F is a flux( per unit time and per unit length) of particles which come near the planet with an impact parameter, bi~.

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-04-22 22:58:09

QNo.8055294

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

勿論衝突確率は、ここで採用した単位系(※1)における太陽と地球との距離に依存する惑星の半径の関数であるであることに留意する必要がある(Eq.(2・12)を参照のこと)。故に我々の軌道計算結果を用いながら、太陽からの様々な領域について個別にPc(bi~) の値をもとめることができるのである。
さて、微分断面(もっと正確には二次元時における交差の長さ)dσc(bi~)は、単位時間あたり惑星に衝突する粒子の数をFdσc(bi~)によって導き出すという方法で明らかにされる。故にFは衝突係数 bi~で惑星に近づく粒子の流束(単位時間あたりと単位長さあたり)(※2)である。

※1:物理や計測学などの実験においては再現性が大変重要であり(再現性がないものは科学的根拠が薄いとみなされる)、その為の測定基準を便利にする為のものを単位系と呼びます。
※2:流れの大きさを表すベクトル量

投稿日時 - 2013-04-23 11:27:42

お礼

いつもご丁寧な回答をしていただき、ありがとうございます。
とても助かっています。

投稿日時 - 2013-04-24 01:57:10

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

衝突見込みがもちろん惑星(それはここで(同等物(2・12)を参照)採用されたユニットのシステムで太陽と惑星の間の距離に依存する)の半径の機能であることが気づかれるに違いありません。
従って、軌道計算の結果を使用すると、私たちは、日曜から様々な地方のためにpc(bi~)を個々に評価することができます。
さて、単位当りの惑星で時間を衝突させる粒子の数が、Fdσc(bi~)から与えられるように、微分断面積(あるいは、より正確に、私たちの二次元のケースでの長さと交差してください)(dσc(bi~))は定義されます。
ここで、Fは、衝突パラメーター、bi~を備えた惑星の近くで来る粒子の流出(単位当りの時間および単位当りの長さ)です。

投稿日時 - 2013-04-23 19:34:32

お礼

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2013-05-12 01:53:04

和訳は英訳サイトで出来ますやってみてはどうですか?
今日は出来ませんが明日5時頃からなら出来ます
和訳の質問があったら回答します

投稿日時 - 2013-04-22 23:07:15